安達太良登山マラソン

2008年9月21日(雨、雨、雨のず〜〜っと雨、山頂強風雨)
 アットホームおおたま前〜表登山口前〜林道〜奥岳登山口〜奥岳自然遊歩道
 〜勢至平〜くろがね小屋〜峰の辻〜安達太良山頂〜表登山口〜遠藤ヶ滝〜
 県民の森〜折り返し〜県民の森〜アットホームおおたま前

●24Kmと42.195Kmコースがあり、42.195Kmコースに参加
  (50Kmコースもあったが雨で道が崩れて取止め))
●累積高低差 約1650m  ●距離 42.195Km
●制限時間 8時間  ●タイム 7時間21分09秒

 
夜中に降っていた雨が止み、大丈夫かと思っていたらスタート30分ぐらい前から
また降り出し、結局最後まで止むこたァなかった。コースの方も雨で危険な為、主
催者側から一部変更のお知らせがあったが、参加者側の要望で変更せずに予定
通りのコースで開催決定。ということで雨の中、カッパを着て午前7時に出発。走り
出すとすぐに暑くなってきたので、しばらくしてからカッパを脱ぐが雨が強いのでま
た着ることに。といった無駄なことをしながら舗装、未舗装を繰り返す緩やかな上り
の林道を10Km程進んでから第1エイドの奥岳登山口に到着。ここで昼食用の弁
当とバナナ2本、水500ml入のペットボトル等、まとめてたくさんいただく。お腹は
まだ減ってなかったが荷物が重くなるのでバナナ2本を無理やり食べてから出発。
おかげで荷物の代わりにハラが重くなってしまい、しばらくは鈍い動きでノロノロと。
まあここからは急な山道に変り、雨で滑って走ることはできないのでちょうど良かっ
たという感じだ。山頂までは2〜3人のグループで上るようになっているので近くに
いた人達と適当に一緒になって上って行く。沢筋にかかるあまり頑丈そうでない何
本もの橋を慎重に渡りながら15分ばかり進むと分岐点に出た。奥岳と安達太良山
への道標があり、ここはうっかりすると道なりに奥岳方向へ上って行ってしまうので
要注意地点だ。右に鋭角に曲がり、平坦な道を少し行くと馬車道と旧道と書かれた
分岐に出た。馬車道は広く比較的緩やかな道、旧道は急坂の山道で、ここで二手
に分かれ、自分は旧道の方へ向かう。急坂を20分ばかり上ると馬車道と合流する
なだらかな所に出、少し行くと勢至平の標識が立っていた。この辺から見る安達太
良山は一番特徴的ということで是非見たかったのだが、雨で全く見れず残念無念。
そのうちにくろがね小屋が見え出し、ここからは一変して頂上まで吹き曝しの急坂
となった。カッパを着ていたので寒さはあまり感じず、ゼ〜ゼ〜言いながらも順調
に上っていく。上のほうで参加者の一人が帽子を飛ばされていたが、うまい具合に
石に引っかかって取り戻していた。石混じりのザラザラでザクザクの急斜面を20分
ほど上ると頂上らしき所に出、スタッフも立っておられたので、ついに来たか!!と
喜んだがそうではなかった。峰の辻というひとつのピークだった。スタッフが頂上は
あっち、と指を指す方向を見ると霧の中に薄っすらともうひと山見えている。ここか
ら下ってまた上って行く状況が見えているのでガク〜ンときたが、気を取り直して出
発、強風の中をしばらく行って今度はほんまもんの安達太良山頂になんとか到着す
ることができた。と思ったら正真正銘の頂上はすぐ先にある大きな岩石の上だった。
ここにおられたスタッフによると、大会のコースはこの頂上へは行かず手前の標識
を回るだけでいいということだったが、いつものように頂上だけは行っておきたかっ
たので一人足を向ける。ところがこれがまた霧で道が全くわからない、下はザラザ
ラの滑りやすい急斜面、すぐ横はガケのように落ち込んでいるように見え、風もか
なり強く危険な為、たった5mほどの高さのところだったがどうすることもできず、止
む無く引き返すことにした。それに、このあたりで景色でも見ながら下で貰った弁当
をゆっくり食べるつもりだったのだが、汗が冷え、強風と雨で寒くてじっとしておれず、
これもかなわずおにぎりひとつだけを食べてから下山に向かう。ここから表登山口
までは高低差約1100mの下り。道はヌルヌル、靴もドロドロ、先行した参加者らの
滑った跡が至る所についていた。土の道を走って下る人がたくさんいるが、こういう
人達にはホント困ったモンだ。こういう荒れた状態で走っているとやがては道が掘
れて崩れていくので、山の破壊者とならないよう極力歩いて行ってほしいもんだナ。
先月の夏山歩きで再発した踵の痛みがまだ治っておらず下りになると痛くなり、強
く踏ん張れない足で滑ることばかり気にしながら1時間半程かかって第2エイドのあ
る表登山口にようやく到着。ここの20m程の最後の急坂は鎖が張ってあり、どうに
もこうにもヌルヌルズルズルグチャグチャのどでかい滑り台のようだった。下りてか
らスタッフの方が柄杓で参加者のドロドロになった手に水をかけて洗って下さってい
た。ほんの少し手を洗うだけでもさっぱりした気分になれるものだ。おにぎりやトマト
を頂いたりして少し休んでから出発、ここからしばらくは舗装道路の緩やかな上り、
雨は相変わらず強くなったり弱くなったり、寒さは全くなくなっていた。100m程上っ
て遠藤ヶ滝入口にある第3エイドに到着、この少し先の神社の分かれ道から再び山
道に変わる。途中少し迷って行ったり来たりしながら沢横を30分程上ってなんとか
滝に着き、滝の上をグルッと回って反対側の道を神社まで下って行った。ここで元
来た道と合流してから再び第3エイドに到着。ここからゴールまでは全部舗装道路
を行くことになるが、折り返し点までの約6Kmが250m程のダラダラの上り坂で、
こういう道はいつもながら走りにくく一向に進んでいるような気がしないから困った
ものだ。閉口しながらもそのうちに上りきり第4エイドに到着。ここが折り返し点かと
思ったら違うようで、横道に入ってあと2Km行った所とのこと。それを聞いて頂上
に続き2回目のガックリコンとなりやした。そういう訳でまたまた気を取り直し、セッ
セと折り返し点に向かって行くと行き止まりになってしまった。誰もいなかったので
初めはここが折り返し点とは気づかずウロウロしていると、後ろから参加者が一人
やって来て一緒にウロチョロしていると、端の方に小さな緑色のコーンが置いてあ
るのを見つけた。ここを回るように道路に矢印も引いてあったので、ここが折り返し
点とわかり、ここまで来たということで、お互いに写真を取り合ってから出発。ここか
ら残り6Kmはほぼ下りなので気分的にも体的にもだいぶ楽になった。制限時間に
も余裕があったので、再び戻ってきた第4エイドでトマトを頂きながらのんびり休憩
し、ゴールへと向かって行く。そして最後の上り坂をゆっくりと歩きながらゴールイン。


トップへ
かけのぼりへ
近況報告へ

6:55

スタート5分前