赤城山トレイルランニング・レース

 最高峰の黒桧山、それに駒ケ岳、地蔵岳、長七郎山、荒山、鍋割山などの総称
が赤城山と呼ばれており、レースではこのうちのうしろ4つの山を通って行く。自分
としては前ふたつの山も行きたかったという思いも少しあるが、地図を見るとコー
スの設定がかなり難しそうなので、別の日に個人的に行ったほうがよさそうだ。
この大会は開催第1回目で、前夜には宿泊場所で招待選手の鏑木さんと田中さん
によるトレイルランニングの講習会やオリエンテーリングの番場さんの3人とご一
緒にレセプションも開かれた。講習会は別々の部屋で同時に開催されたので鏑木
さんのほうに出席、お気に入りの大会のひとつに大阪府チャレンジ登山大会があ
ることなどを話されていた。またレセプションではいろんな大会の映像が流されたり
して和気あいあいと進行されていった。

2007年11月11日(パラパラ雨)
 国立赤城青少年交流の家〜鍋割山〜荒山高原〜荒山〜荒山下避難小屋〜
 軽井沢峠〜小沼〜長七郎山〜八丁峠〜地蔵岳〜大沼〜八丁峠〜軽井沢峠
 〜荒山下避難小屋〜森林公園駐車場〜赤芝集落〜国立赤城青少年交流の家

●ロングコースとミドルコースがあり、ロングコースに参加
●累積高低差 1740m  ●距離 26,7Km  ●制限時間 7時間
●タイム 5時間18分32秒

 
今にも降り出しそうな曇り空の下、招待選手3人のご挨拶のあと、8時半にスター
ト。とほとんど同時にわずかに雨がパラつきだした。初め3キロ程は緩やかな舗装
道路を上っていく。いつもながらこういう道はどうも走りにくい、気分的にも体力的
にもすぐにバテバテ状態になり、好みの山道に入ってもしばらくはその影響を引き
ずってしまうので難儀なところだ。この道路が終わると一転して急な勾配の山道に
入った。ここから最初の山鍋割山までは高低差で約600mほどで、ここの上りが
コース中では一番きつかった。岩場のような所も多々あってゴタゴタした所が続い
おり、自分としてはおもしろいコースだった。頂上に近付くと道はややなだらかにな
り最後は長い木の段々を上って到着。景色は全く見えずですぐに出発、ここから
荒山高原を通って荒山までは道もよくなり晴れていれば気持ちのいい所だろう。
荒山からは急な下りを少し下って避難小屋のある最初のCPに到着、ここで通過
確認のための印を手の甲にマジックで付けてもらう。水の他、清涼飲料やリンゴ、
バナナ等の飲食物が置いてあり、お茶とバナナを戴いてから出発。ここから軽井
沢峠までは道は細くなるが高低差もあまりなく進みやすい道が続く。峠を越えると
舗装道路に出くわしそれを横切って上流部で水の少ない三途の川とやらを渡って
からはまたなだらかな道が続く。しばらく進んでいると前から誰か走ってきた。見る
とトップの鏑木さんで、もう一人すぐ後ろにピッタリくっついて必死に競り合っていた。
こんな所でもうすれ違うとは、10時40分頃だった。それから少し間をおいて田中
さんもやってきて何か声をかけられ、自分も返事をしたが内容がどうも思い出せな
い。まあとにかくこの3人が結局順番どうりゴールに入っていた。ところでこの辺り
で予測しなかった事態が発生。急に動悸がしだしたので脈を診ると異常に早く打っ
ている、苦しくはないがこんなことは過去にはなかったことなので危険と思いすぐ
動くのをやめその場に座り込んだ。手首に指を当てながら今回は無理をせずここ
でやめたほうがいいと思っていたらしばらくしておさまってしまった。10分間ぐらい
だったろうか、とにかく良かった。こうなってくると進むか引き返すかに迷ったが、し
ばらくは様子を見ながらゆっくりと歩いて行くことにした。立ち上がってすぐ近くの
道のはずれに「血の池」と書かれた看板があり見に行くと今は水は全く無く、説明
によると紅色のミジンコが大発生して水の色が赤く染まるらしい。伝説もあるようだ。
ここから朝香嶺方面への道が少し急になり無事上れるだろうかと不安だったが、な
んとか何事もなくやり過ごせこれなら大丈夫そうだと判断しこのまま進むことにした。
ここを越えると小沼が見え出し、この沼を廻るようにして長七郎山に向かう。頂上
からはすぐそばに地蔵岳、遠くに黒桧山の上部などが見えていた。ここを下ると山
歩きの人達と会うようになり、挨拶をしながら次のCP八丁峠に到着。ここにも同じ
ような飲食物が置いてあり、バナナとお茶を戴いて出発。次の地蔵岳へは高低差
で約180mの上り、ここには木の段々がたくさんあるが比較的上りやすく惰性で
進めるような感じだ。しかし先ほどのこともありゆっくりゆっくり上っていく。そうした
ら途中で突如、下ってくる登山者の大集団と遭遇、しんどいので先に下ってもらお
うと思ったら向こうから全員立ち止まって道を開けてくれたので、ちょっと複雑な気
持ちでお礼を言いながらゼェゼェ言いながら通らせてもらった。下のほうにきれい
な小沼を見ながら頂上に近付くとその少し手前にスタッフの方が立ってコース案内
をされていた。どうやら頂上は通らずに手前で曲がって下りて行くようだ。自分の
場合、この地蔵岳のてっぺんを踏むのが一番の目的で、これをはずせば全くつま
らないものになってしまうのでスタッフに断ってから一人頂上に向かう。頂上からは
あいにくの曇り空で絶景は望めなかったが踏めたことで一応満足。写真等を撮っ
てからコースに戻り、大沼へと下って行くがこの下りが今回のコースでは一番の進
みにくい所だろう。急なうえに雨で湿った滑りやすい石がたくさんあり、慎重に下り
て行く。下り切ると今度は一転して歩きやすい道に変わり、舗装道路とスキー場を
上って先ほどのCP八丁峠に戻ってきた。もいちどバナナとお茶を戴いてから出発。
ここからしばらく下って往路の道と合流し、元来た道を荒山下避難小屋のCPまで
戻って行く。途中で足がつりかけて座っている参加者と出会い、大丈夫ということ
でお先に行かせてもらう。そしてなんとか最後のCPまで戻ってくることができた。
あとは下るだけだそうだ。またまたバナナとお茶を戴く。コースはどうでした?とか、
半袖で寒くはありませんか?とか色々聞かれて話しているうちに10分余り長居を
してしまった。まあ今回は各CPでもそれぐらいづつ休んできているので別にせくこ
ともなくお礼を言ってからのんびりと出発。ここからゴールまではおもしろいように
気持ちよく走って下ることができる道だ。調子よく走っていると昨日の宿で同部屋
の人に追いつき(この人には長七郎山の頂上で軽い足取りで追い越されていたの
でまさか追いつくとは思わなかった。)、そのままのペースでお先に行かせてもらっ
てゴールイン。少ししてからその人もゴール、と同時に握手をしにこられ、お互いに
祝福し合いながら、脈の異常の再発もなく雨の中無事終えることができた。

かけのぼりへ
トップへ
近況報告へ

コースの最高峰 地蔵岳頂上 天気がもうふたつみっつでした 黒桧山は雲の中

11:52