・朝日連峰(以東岳〜大朝日岳〜御影森山)

地図

ニッコウキスゲと大朝日岳(西朝日岳付近から)

 昨年、縦走をめざそうとしていたのだが、台風による暴風雨で以東岳から進めなく
 なり縦走を断念、今回のやり直しとなりやした。

2011年8月7日(曇り後霧時々雷)
 泡滝ダム登山口〜冷水沢の吊橋〜七ツ滝沢の吊橋〜タキタロウ山荘〜大鳥池〜
 三角峰(巻く)〜オツボ峰〜以東岳〜以東小屋(寄らず)〜中先峰〜狐穴小屋〜
 三方境〜北寒江山〜寒江山〜南寒江山〜竜門小屋

 
ということで、午前5時頃宿を出発。朝日屋旅館さんに泊まると登山口まで車で送っ
て頂けるので助かる。今回はもう一人単独の男性がおり、その人と一緒に送って頂く。
この人は今日は以東小屋泊まりだそうなのでゆっくりでもいいのだが、自分の時間に
合わせてくれた。20分少々で泡滝ダム登山口に到着、旅館の方にお礼を言って別れ
る。ここでまず朝食にし、宿で作って頂いたオニギリを食べる。もう一人の人も一緒に
オニギリ朝食。腹を満たして出発準備、自分は今日は竜門小屋まで行く予定なので
午前5時40分頃、お先に行かせてもらう。少し進むと、沢の近くを通るのでかなり寒
くなってきたので上着を着ようか迷っていたが、沢から少し離れ出し沢風も無くなって
逆に暑くなり出したのでそのまま進んで行く。15分くらい進むと最初の水場に出た。
ここのコースは大鳥池までは水場がたくさんあって水の心配は全くないことが昨年来
た時に分かっていたので、荷物を軽くする為持つ水は少なめにし、その場その場で一
口ずつ飲んで行くことにした。結局大鳥池までに11ヶ所の水場で11口飲んだことに
なり水腹で満腹状態。途中5〜6人の男女のグループや夫婦連れの人達とすれ違い
ながら登山口から2時間半くらいで大鳥池に到着。ここにはタキタロウ山荘があり、中
から管理人さんが話かけてきたので少し話をする。先ほどすれ違った2組は昨夜ここ
で泊まって今朝下山して行ったとのこと。また上るほうは、5人グループと夫婦連れが
ここに泊まり、それぞれ狐穴小屋と竜門小屋をめざして今朝早く出発して行ったとのこ
と。昨年来た時に会った管理人さんかどうか顔を覚えてないので、暴風雨で断念した
昨年のやり直しとだけ言ってから別れる。と、どこからともなく単独の男性が現れ話か
けてきた。この人は以東岳を直登コースで上り、オツボ峰コースで景色を眺めながら
往復してきたとのことで、少し話をしてからキャンプ場のほうへ下りていった。少し下る
と蛇口が沢山並んで水が流れ放題になっている広場に出た。ベンチもあってここでま
た少し休憩。昨年はここから以東岳は雲で隠れていたが、今日は綺麗に見えていて
少し右側にある以東小屋もはっきり見ることができた。水で顔や手を洗ってから、ここ
からは水場が殆ど無い為、持ってきた空の容器に水を入れ、ついでに腹にも飲みだ
めし、少し重くなった荷物を担いで出発。わずかで大鳥池に出た。伝説のタキタロウが
水面から飛び出してこないかと期待したが出てくるはずもなくトボトボ進む。その代わ
りその静まり返った水面に映る上下対称の山の景色は綺麗じゃったノォ〜。もうしばら
く行って直登コースとオツボ峰コースの分岐点に出た。直登コースは30分程早いらし
いが、昨年の悪天で景色が全く見れず、さっき会った人も直登コースは景色が見えな
いと言っていたので迷わずオツボ峰コースを行く。しかしこちらのコースも尾根に出る
までは1時間以上のかなりの急登が続くきついコースで、同じく景色も見えずただガマ
ンガマンで黙々と上るしかおまへんナ。ということで、途中で下山中のご夫婦連れとす
れ違いながら、やっとこさ見晴らしの良い緩やかになった所に出てきた。前方には三
角峰から以東岳へと続く稜線が大きく見え、振り返ると眼下には大鳥池が、その横に
タキタロウ山荘も小さく見えていた。目を一回りさせてから出発、10分程進むと単独の
男性が、さらに5分後ぐらいに単独の女性が下りてきた。以東小屋泊まりと思われる人
たちが続々と下りてこられる。また少し行くと水場と書かれた広い場所に出た。2分程
で行けるようだが水はたっぷり持っていたので寄らずに通過。この辺はいろんなお花
のお花畑が多く、写真を撮っていたら今度は5人の女性グループが「綺麗ですね〜」と
言いながら下りてきた。少し話をしてから入れ替わるように出発、少し上から振り返る
と皆さん休憩しながら写真を撮っておられた。それから20分余り上るとオツボ峰に到
着、ここは山名柱が無いので気がつかずに通り過ぎやすい所だ。山頂からは大鳥池
が半分だけ見えている。またこの辺からはトンボとブナハムシが増えてきた。トンボは
いいのだがブナハムシは体にくっついてくるので払いのけるのがめんどくさくてかなわ
んワ。そんなこんなでかなり上ってきたのか、近くで雪渓が見れるようになってきた。
鮮やかな黄色のニッコウキスゲもポツリポツリと姿を現す。この花は急斜面に咲いて
いるのが多い為、危なっかしくて写真が撮りにくい。大鳥池もようやく全体が見えるよ
うになってきた。この辺からの大鳥池はクマの毛皮を広げたような感じに見える。何回
かの上り下りを繰り返していると前の方に人が見えてきた。複数いるようで、止まった
り動いたりしてゆっくり上っている。一つのピークに上り着くとそこで男女の5人グルー
プが賑やかに喋べりながら休憩していた。どうやらこの人達が下の小屋で聞いた5人
組のようで、今日は狐穴小屋までらしいのでのんびりと進んでいるのだろう。「どうぞど
うぞ」と道を開けてくれたので、「どうもどうも」と言いながらお先に行かせてもらう。ひと
山ふた山越えて前を見ると、そのまたひと山向こう側に以東小屋が大きく見えてきた。
つまりあとはこのひと山を上り切れば山頂ちゅうこっちゃ。やっと来たかとホッと一安心、
ゆっくりと上って行った。ということで、なんとか予定通りに以東岳の山頂に到着。すぐ
傍に三角点があり、大鳥池方面はよく見えているが、肝心の大朝日岳方面は霧でなん
にも見えず。仕方なく10m程先にある山名柱の方へ移動、ここで大鳥池でも眺めなが
ら昼食とした。周りはトンボとブナハムシの大群が飛んでおり飯を横取りされそうになる
ので手で払いのけながら必死にパクつく。と、しばらくしてさっきの5人グループがやっ
てきた。姿は見えないが話声から三角点で止まって休憩しているようであちらもなかな
か動かないので同じく昼食にしているようだ。写真を撮ったりして30分余り休んでから
いよいよ縦走開始。昨年は暴風雨でここから先は進めずあきらめて引き返した為、よ
うやく今からその続きということになりやした。道は山名柱側から続いておりザラザラし
た滑りやすい所を鞍部まで下りて行き、上り道がはっきり見えているひと山目を上り始
る。最初この山が中先峰と思っていたが上まで行くと山名柱の無い無名峰だった。てっ
ぺんだけ岩石が寄り集まって北アルプスの燕岳を思わせるようなちょっと変わった感じ
のする所だった。前を見ると中先峰らしき山はまだだいぶ先で、仕方なく再び目指して
下って行く。と、ほんの少しでハクサンイチゲの沢山咲くお花畑に出た。それに混じって
タカネマツムシソウもそこそこ咲いていて、霧でよく見えない山の代わりにちょうどうまい
具合に目を楽しませてくれた。石と砂でザラザラガラガラの歩きにくい坂を10分程下る
とそれもなくなり、なだらかな快適な道に変わっていった。振り向くと霧が取れだし以東
岳も綺麗に見えるようになってきた。前へ進んでいると鮮やかなオレンジ色をした花が
ポツンと一輪だけ咲いているのが目についた。クルマユリで、周りは緑の葉っぱだらけ
なのでひときわ目立ってそれはそれは綺麗じゃったノォ〜。またしばらく行くと今度は水
溜まりのような小さな池があった。その横は草木のない砂場の空間、周りは草原、それ
に伊東岳の眺めは抜群で、ここでゆっくりのんびりしていたいところだが、まだ先がある
ので止むなく写真だけ撮って前へ進む。それから5分程で標柱のある所に出た。中先
峰と書いてあり案外あっけなく着いたという感じで、もっと傾斜のある山かと思っていた
ら平べったくてだだっ広い丘のような所だった。ここからは以東岳と寒江山方面がよく
見え、赤い屋根の狐穴小屋も小さいがはっきりと確認できる。小屋を見ながら進んでい
たら山が邪魔して隠れてしまい次に現れた時にはずいぶんと大きくなっていた。この辺
りから一旦取れかかっていた霧がまた増え出し、振り向くと以東岳もその中に消えてし
まっていて雲も少し黒くなってきた。間近に迫った小屋を見上げながら整備された道を
上っていると小屋のほうから上に向かって二人連れが上って行くのが見えた。どうやら
この人達が今朝大鳥小屋で聞いた夫婦連れのようだ。まもなくして狐穴小屋に到着。
外には人は誰もいない。すぐ傍でホースから流れ出る湧き水をバケツで受けてキュウリ
と缶ビールを冷し、横には「譲ります」と値段が書いてあった。中に入ると1階にはリュッ
クだけ二つ置いてあり、2階から数人の話声が聞こえていた。ここには泊まらないので
そのまま外に出て水場に行き、ニチャニチャになった手や顔を洗う。近くにベンチがあっ
たので座って水を飲んでいると2階の窓から男性が顔を出したあと外に出てきた。この
小屋の夏期間の管理人さんで少し話をする。目の前に「天狗角力取山」と書かれた道
標があったので、読み方を聞いたら「てんぐすもうとりやま」と読むらしい。時間の関係
で行かなかったが、しばらくするとその山の方角から男女のペアが下りてきた。管理人
さんがつい最近その山の近くに野天風呂を造ったそうで、そこへ行ってきた帰りらしい。
野天風呂といってももちろん湯ではなく冷たい山の水を引いているそうで、管理人さん
がその二人に「どうでしたか〜」と聞くと「すご〜くいい湯加減でした〜」と答えていたが
多分見るだけで入ってはいないだろうナ。あまり長くは居られないので男女が帰ってこ
ないうちに出発、寒江山を目指して上って行く。急坂を10分程行くと三方境に到着、こ
の頃になると霧がだいぶ多くなってきた。そして雷もゴロゴロと鳴り出してきた。さっき
管理人さんに雷雲が出来てきていると指差して教えてもらったが、それからほんの僅か
な時間で鳴り出したので大丈夫だろうかと心配になってきた。少し歩を早めながら5分
程進むと薄紫色の綺麗な花が寄り集まってたくさん咲いていた。タカネナデシコで今や
人気絶頂の名前になってしまった花ですナ。もうしばらく行くと北寒江山に到着。霧で殆
ど見えないが近くにある寒河山はなんとか見えている。雷が時々鳴る中を下っていると
下の方で小さな人影が二つ見える。さっきのご夫婦連れのようで、ゆっくりゆっくりと進
んでおられた。自分も坂を下り切り、再び上っているところでついに寒江山が霧で隠れ
てしまい、ほぼ同時に雨が顔にポツポツと当たり出した。降ってきたかと霧の中、ジワ
リジワリと上りながらなんとか寒江山山頂に到着、ご夫婦連れがリュックカバーを付け
てちょうど出発されるところだった。霧でなんにも見えないので自分もカバーを付けてか
らすぐに出発、カッパは暑くなるのでご夫婦連れと同じく本降りになってきたら着ること
にした。山頂から5分余り下ると小さな白い花のお花畑、またハクサンイチゲかと思っ
たがよく見ると少し違い、シラネニンジンのようだった。この辺からはまた上りで、少し
上って平坦になった辺りでご夫婦連れに追いつき、お先に行かせてもらう。霧で前が見
えにくく北寒江山らしき所に出たが、山名柱は無くそのまま通り過ぎ、もうひと山上って
前を見ると霧の中に薄っすらと小屋が見えた。今日泊まる竜門小屋だ。ちょうど午後4
時で、結局、雷はしつこくゴロゴロ鳴って少し怖かったが、雨のほうはポツリポツリだけ
でそれ以上にはならなかったので運がよかった。やっと着いたかと小屋に近づいて行
くと、狐穴小屋の時と同じようにホースで水を引き、キュウリと缶ビールをバケツで冷や
して売っていた。さっそく腕や顔を洗ってさっぱりし、空になった容器に水を補給してか
ら小屋に入ろうとすると中から女性が一人出てきた。話を聞くと今日はグループで以東
小屋から来たそうで、明日は大朝日岳から古寺鉱泉へ下るそうだ。中へ入ると下駄箱
には沢山の靴が並んでおり、今日は泊まり客が多そうで、1階はすでに満員、なら2階
へ行こうかと階段を上りかけようとしたら後ろから呼び止められた。小屋の夏季管理人
さんで、住所、氏名を書き、管理協力金1500円を払ってから2階に案内してもらった。
2階はかなり広々としていてすでに10人近くの人がくつろいでおられた。自分も寝る位
置が決まりやっと一安心、しばらくしてご夫婦連れもやって来た。少し落ち着いてから人
数を数えると2階には自分を含めて11人いるようだ。寝る用意をしていると、皆さん夕
食の準備をされ、そろそろ食べようとしているので、自分も食べることにした。ということ
であとは寝るだけ、と思ったが、皆さん外に出て行かれるので自分も連られて出て行く。
雲や霧で天気はあまり良くなかったが、管理人さんもおられ、皆さんに周囲の山の説明
や、熊が道に居座ってなかなか通れなかったことなど色々聞かせて頂いた。そのうちに
空も薄暗くなってきたことだし、皆さん中に入り始める。と、しばらくしてものすごい大雨
が降り出した。断続的に1時間くらい続いて静かになったが、この反動で明日は快晴に
なってくれればいいのだがと願いながら寝ることにした。と、その前にトイレに行ってお
くことに。ここのトイレは狐穴小屋もそうだが、水洗トイレという山ではめったに見かけな
い近代的豪華さで、水が豊富に流れているからこそできるのだろうナ。ということで、今
度はホンマに寝ることにした。暑いので寝袋は使用せずに横になる。ホンジャまた明日。

8月8日(曇り後晴れたり曇ったり、霧がかかったり)
 竜門小屋〜竜門山〜西朝日岳〜中岳〜金玉水(寄らず)〜大朝日小屋〜大朝日岳
 〜平岩山〜大沢峰〜御影森山〜上倉山〜朝日鉱泉

 
ということで、夜が明けましたがナァ〜。昨夜は初めのうちに2時間程眠ったらしく、目
が醒めて時計を見るとまだ午後10時頃。また眠ろうとしたがここからは全く眠れずただ
目を閉じて横になっているだけだった。そのうちに時間が過ぎ、午前3時半頃から一番
端にいた5人グループがゴソゴソと動き出した。少し間をおいて隣のご夫婦連れも起き
出してきたので自分も4時過ぎ頃に起きる。昨日のご夫婦連れはご主人のほうがすで
に起きて座っておられ、横の単独の男性は5時頃起き出し、散歩にいったのかなかな
か帰ってこなかった。ということで、5人組は4時半頃、横の2人組は5時頃出発、自分
は5時20分頃に出発。出る時にご夫婦連れに行き先を聞くと、大朝日岳を通って中ツ
ル尾根から朝日鉱泉に下るそうだ。管理人さんに挨拶してから外に出ると、快晴!には
ほど遠く雲が全体的に覆っていたが、視界は良さそうだった。まずは竜門山を目指し出
発、少し上って振り向くと尾根を雲が下から滑るように這い上がり反対方向に滑るよう
に下っているのが見え、この動きがまた実に滑らかで綺麗じゃったノォ〜。また東側を
見れば今日は月山が見えている。もう少し視界が良ければその左に鳥海山も見えるは
ずなんじゃが残念ながらそこまではいかなかったワ。10分程上るとツリガネニンジンが
咲いていた。釣鐘がたくさんぶら下がっているような感じだ。小屋前からは寒江山で隠
れて見えなかった以東岳の山頂も段々と顔を覗かせてきた。そこから5分程進むと日暮
沢へ下る分岐に出、もう少し進んで前を見ると中岳の向こう側に三角の尖った頭をほん
の少し覗かせている大朝日岳が見え出し、その手前の西朝日岳も大きく現れ、いい眺
めになってきた。ところで、この辺りが竜門山の山頂だと思うのだが山名柱のような物
は見回しても見つからず、結局確認できないまま通過。大朝日岳を眺めながら進んでい
ると前の方に写真を撮りながら進んでいる女性の二人組が見える。今朝、小屋の窓か
ら上っているのが見えていた1階に泊まっていた人達だろう、そのうちに追いつくと「朝
日岳が綺麗ですね〜」と話かけてきたので少し話をしてからお先に行かせてもらう。西
朝日岳へのきつい上りをノソリノソリと進んで山名柱の立っている山頂になんとか到着。
空はまだ大部分が雲に覆われているが視界は良いのでほぼ360度素晴らしい眺めだ。
特に大朝日岳と以東岳の眺めがいい、月山もよく見えていた。周りの写真を撮っている
と、先程の二人組がやってきて写真を頼まれ、次いでに自分も撮ってもらう。ところでこ
こから南西方向のすぐ近くに尖った綺麗な三角形をした山があったがこれがなんの山か
がわからなかった。なので、先の時間のこともあり行かなかったのだが、家に帰ってから
調べてみるとなんとここが西朝日岳の山頂だったのら。てっきり山名柱のある方が山頂
だと思っていたので信用して見るだけになってしまった。行く前には地図を見ていて、西
朝日岳への道が書いてなかったから行けないのかと思っていたら、スイスイ行けたので
おかしいなとは思っていたが、うっかり気づかずじまいであとの祭り。本当の山頂側には
山名柱は無く、代わりに2等三角点があるみたいだ。二人組もそのまま出発するので自
分も連られて少し遅れてから出発。少し下るとニッコウキスゲが二輪咲いており、大朝日
岳が背景になってちょうどいいバランスのような気がしたので写真を一枚。しかし急坂に
咲いていた為、足を踏ん張りながらの危ない撮影だったノ。それからしばらく下ると鞍部
に到着、中岳を大きく見上げるようになり、左に覗く小朝日岳を見ながらしばらくで山頂
らしき所に出たが標柱は無し、もう少し行ってまた山頂らしき所に出たが、今度は標柱
ではなく遭難碑が置いてあった。結局はっきり確認できないまま通過してまた下って行く。
下り終えると金玉水と書かれた水場の標識があった。ここから水場は見えず水もたっぷ
りあったので寄らずに通過。ここからはいよいよ大朝日岳への上り、手前に大朝日小屋
も小さく見えている。その小屋を見上げながらヒーコラヒーコラ10分余りかかってどうに
か到着。ここは8年前に来た時に泊まった小屋だ。その前の年にも来ているが、その時
は大雨と雷であほらしくなり鳥原山まで行って引き返し、大朝日岳には行かずじまい。誰
もいない小屋前で休んでいたら管理人さんが挨拶をしながら出てきた。小屋前にリュック
が三つ並んでいたので中を覗いたが誰もおらず、荷物を置いて大朝日岳に行っているよ
うだった。それからしばらくしてさっきの二人組が到着し、自分は入れ替わるように出発、
大朝日岳をめざす。小屋の裏側に回り少し上って振り向くと、さっきの女性二人組が下
山しているのが見えた。大朝日岳には昨日すでに行っていたようで、竜門山か寒江山を
往復するコースのようだった。もう少しで山頂というところで男女の5人グループが下りて
きた。「追いつかれましたナ〜」と声をかけられ、初めは誰だかわからなかったが、昨夜
の竜門小屋で一緒だった方達だった。今日は古寺鉱泉に下山するとのこと。それからす
ぐの所で大朝日岳山頂に到着、誰もおらん、ということで、例によって自動シャッターで
自分を写す。山頂には8年前とは違って円筒形の大きな山名標石ができていた。周りの
景色は8年前の雨と霧で何にも見えなかった時よりははるかにましだが、今回も雲や霧
ですっきりとはいかず、もうひとつふたつみっつというところじゃったノォ〜。10数分間の
休憩のあと下山開始。朝日鉱泉までは3コースあって、8年前は鳥原山コースから上り、
中ツル尾根を下っているので、今回は残る御影森山コースを行く。ようやく下り基調に変
わって楽になるかナァ〜と思っていたら、ところがどうしてスットコドッコイ、上からはきつ
そうな上り下りがたくさん見えていて、今回の縦走中では一番体にこたえたコースの始ま
りだったノヨ。下り始めからしばらくはガラガラザクザクザラザラの滑りやすい急斜面が
続き、すってんコロリと引っくり返っちゃあおしまいよと、へっぴり腰でオドオドしながら慎
重に下って行く。ここを10分余りかかってようやく脱出、だだっ広い緩やかな上りになっ
た。前方を見ると祝瓶山が雲の合間からてっぺんだけを覗かせていた。また、この辺り
には細長い石を突っ立てたような奇岩がたくさんあって、ちょっと変わった雰囲気のする
所だワ。上り切るとこれから向かう平岩山と御影森山が迫力あるお姿で眼前に迫ってお
りゃれたノォ。ここを過ぎると少し傾斜の増した下りに変わり、暑くなってきたので休憩し
ながら下りて行く。鞍部まで行くと平岩山への大きな上りに変わり、きつそうな上りだワ、
とあきらめ気分でノロリノロリと進んで行く。バテ気味で上の方まで辿り着くと、向こう側
から一人の男性がハイマツの中をストック両手にやって来た。大石橋の方から来て大朝
日岳を一日で往復するとのことで、途中、道を外してわからなくなり探しながら歩いてい
たらしい。「あれが大朝日岳ですか」と聞かれたので、上の方は滑って下りが危険と言っ
て別れる。それからすぐに大玉山への分岐に出、ここから向きを左に変え、またすぐで
平岩山に到着。山頂には三角点とそれを囲むような形で木の柱が三本立っており、山
名柱は無かった。ハイマツと雑草の混じる道を上ったり下りたりを繰り返しながら進んで
行くが、これらの上り下りはどれも急傾斜ばかり、それに暑さも加わってフラフラ状態で、
はたしてこの道を越えられるんだろうか、と進んでいると水場の標識に出た。水はまだ
大分残っており、体力が消耗するだけなので寄らずに通過。何回目かの上り下りのあと
道の真ん中辺りに真っ黒い大きな固まりがあるのを見つけた。なんじゃらホイとよく見る
とどうやら熊の糞のようだ。表面は乾いていて古そうだったのだが、足でつついてみると
なんとフワフワと柔らかいではござりませんか。どうなってんねん、と首をひねったが、と
にかく考えられない程の大量の糞には驚かされたワ。この辺から霧がかかり出し、暑さ
が少し和らいできた。霧で半分隠された御影森山を見ながら進んでいると、その取っ付
きに到着、ここで昼食にした。相変わらずトンボとブナハムシ、それに数は少ないがアブ
がズ〜っとついてきていて、このアブが刺してくるので払いのけるのが大変で、腕が疲れ
てしようがない。なので、いつもの落ち着かない食事になって忙しなく出発。急坂を15分
ばかし上って御影森山に到着、ついにやって来た。ところが標識を見ると、行き先ばかり
書いた文字が目に付き、山頂の文字が無い。まさか裏側に書いてないだろうと回ってみ
ると書いてあったではないか。後ろの木々と40cmくらいしか離れていない所に立ててあ
り、なんでこんな場所に立てたのか、見にくいったらありゃしない。行き先の方が重要な
ので四面ある標中のうちのよく見える三面側に優先して書いたのだろうか。まあとにかく
山頂と確認できたので一安心。山頂はやはりトンボとブナハムシの超大群、景色の方は
祝瓶山方面だけ霧が取れてなんとか見えていたが、他はダメだった。適当に写真を撮っ
てから出発、ここからはいよいよ本格的な下りに入り、急になったり緩やかになったりす
る坂をたまに覗く鳥原山方面の尾根を見ながら下って行く。しばらくしてササッという小さ
な音がしたので目をやるとちょうどマムシが草の茂みに入っていくところで、このあともう
少し下でまた見かける。昨夜の大雨で活気づいたのか赤色のでっかいキノコも生えてお
り、お気の毒にも早や小動物に少しかじられておられた。山頂から40分ばかし下ると上
りに変わる。下までは下りばかりと思っていたら予期せぬ上りにやや放心状態、フラフラ
しながら30分ばかし上っていくと標柱があった。見ると上倉山山頂と書いてある。この山
のことは知っていたのだが、なぜかコロッと忘れていたのら。覚えていれば気分的にも
体力的にも余分なダメージは受けなかっただろうに、エライ損をしてしまったワ。仕方なく
少し休んで気を取り直してから出発。この辺からはかなりの急坂になり、足がきついきつ
い。二日間の歩行で足がだるくなり支える力が弱くなっている為、足がグニャッといきそ
うな感じなので衝撃を和らげるようにソロリソロリと下りて行った。我慢我慢で40分ばか
し下って行くと吊橋に出た。ついに出たか、とホッとしながら渡ろうとする、と同時にアブ
が襲ってきた。それも超大群で40〜50匹はいるだろうか、目をまともに開けておられず
体も刺してくる。橋も不安定でかなり揺れる為、振り払いながらの橋渡りは転落の危険
があり、大袈裟ではなくまさに命懸けの橋渡りだった。橋を渡ってからもものすごい勢い
で襲ってくるので持っていた網帽子をかぶる。これで顔は少しましになったが、中には網
の上から羽をギリギリギリと鳴らしながら顔に喰らいついてくるヤツがおり、この時初め
て恐怖を感じた。ゆっくりしていては冗談抜きで殺されるかも知れないという思いに変わ
り駆け足気味に手を振り回しながら逃げて行く。どうにかこうにか10分余りして上の方
に建物が見えた。今日泊まる小屋だ。8年前に来た時にもこの場所から見ていて見覚え
があったのですぐにわかる。早く逃げ込まなければと急ぐと広い舗装道路に出た。以前
来た時は確か無かったので造ったのだろうと手をバタバタしながらとにかく道路なりに進
んで行く。すると今度はそのすぐ先で侵入禁止と書かれた看板のある通行止の所に出、
向こう側は林道になっていた。小屋はどこへ行ったのか全く見えなくなっており、道路に
出てもアブはまとわりつき、山に向かうと益々増える恐れがある為、小屋を探しながら急
いで下って行く。しばらく下っているとようやくアブの数が減ってきたので、携帯電話で小
屋に電話をしようとしたのだがこれがまた何回かけても継らず、どうしようかと迷ってい
たら下から車が一台やって来た。ここの土地の方で、小屋の場所を聞くともっと上の方
だと言われ、事情を話すと小屋まで送って頂けることになった。さっそく車に載せて頂く
とアブも一緒に侵入し、中はアブだらけ、窓を開けて走っていると数はかなり少なくなっ
た。それからわずかで小屋に到着。一時はどうなることかと思ったが、おかげで助かっ
た。お礼を言って別れる。車の中にはまだアブが残っていたりして、えらいトバッチリを
かけてしまった。さっそく小屋に向かうが、こちらも数は少ないがまだアブはまとわりつい
ており、小屋に侵入させないよう被っていた帽子を振り回しながら扉を素早く開け閉めし
て入ったが、2匹入ってしまった。その後一匹は始末し、もう一匹はどこかへ行ってしまっ
た。ここのアブは凶暴だった。汗に寄ってくるのだろうが、とにかく恐怖を感じる殺人アブ
のようだワサ。小屋のご主人に道のことを話すと、下の登山道から道路に出た所に小屋
への案内看板が置いてあると言われたが、全く気付かなかった。アブを追い払うことに
精一杯で見る余裕がないまま素通りしてしまったのら。今回は最後の最後というところで
どえらい目に遭ってしまったが、まあなんとか無事に着くことができ良かった良かったノ。
 ついでに、家へ帰ってから刺された箇所を数えてみると、腕や体が15ヶ所以上も赤く
腫れており、その痕が1ヶ月以上たった今でもしつこく消えずに残っているんだワサ〜。
 もひとつついでに、翌朝は案の定、大快晴、やっぱりな〜 溜息ばっかりでござりました。

トップへ
山岳縦走へ
山歩きへ
近況報告へ