2013年8月11日(晴れ)(1日目の写真)
 浄土平~吾妻小富士一周~吾妻小舎

 ということで、バスに乗って浄土平に到着、早速目の前の吾妻小富士に向かう。初めの
予定ではこの山は明日行こうと思っていたのだが、日暮れまでにはまだ時間があるので
今日のうちに一周し、明日の歩きに余裕を作っておくことにした。また、この山は15年前
磐梯吾妻スカイラインウルトラマラソンという大会で来たことはあるのだが、この時は
強風が吹き荒れていて危険の為、火口一周は中止になり少し物足りなく思っていた。と
いうことで、今回、15年ぶりにやっとそれを埋めることができる時がやってきたんだワサ。
登山口からは木の段々が続いており少し急だが歩きやすくなっていて観光客もたくさん
行き来していた。10分足らずで火口の淵に到着、パックリと大きく開いた火口を見ること
ができた。底は土で埋まっており平穏に見えるが、周りの壁が急で吸い込まれそうな感じ。
火口を見ながら滑りやすい淵を左回りに廻りながら上って行ってしばらくして最高地点に
到着、ここで記念写真を一枚。曇っていたので遠景は見えず、火口を眺めてから下りて
行った。レストハウスの方に向かうと中からかわいいゆるキャラさんが出てきて、胸に付
けてあった名札を見ると「八重たん」と書いてあった。こんな所にもおられるとは。そのま
ますれ違って中に入って行くと、今度はすぐ近くにどこかで見たような人が立っておられ、
一目見てわかったのだが、昔よくテレビに出ておられた、チョー!懐かしの「なすび」さん
だった。なすびさんは、今年、エベレスト登頂を目指されていたそうだが、三浦雄一郎さ
んが登頂された5月23日の三日前の5月20日に頂上まで高低差であと100mの所で
体調不良の為、登頂を断念されたそうで、再挑戦目指して2014年4月5日にネパール
へ出発されたそうだ。写真を1枚撮らせて頂いてから今宵の宿に向かう。が、道がわか
らずビジターセンターで行き方を教えて頂いて再出発。20分程歩いた、道路から少し山
の中に入った所に吾妻小舎は建っていた。昔ながらの雰囲気が出ている山小屋だった。

8月12日
(晴後曇り後雨と霧)(2日目の写真)
 吾妻小舎~桶沼~姥ヶ原~東吾妻山~鎌沼~酢ヶ平~酢ヶ平非難小屋~
 一切経山~五色沼~家形山~兵子~ニセ烏帽子山~烏帽子山~昭元山~
 東大巓~弥兵衛平小屋(明月荘)

ということで、今日は朝から大快晴。小屋の方々全員がわざわざ外に出て見送って下さ
る中、同宿した方と一緒に出発。道路に出た所で同宿の方は直接一切経山へ向かって
弥兵衛平小屋に泊まるということで、行き先は同じなのでまたお会いしましょうと言って
別れる。ということで、まずは近くにある桶沼に向かう。少し小高い所にありすぐに着いた
が、沼全体は見えずすぐに下りて行った。道路を渡って広い草原の浄土平に入り、正面
に見える一切経山の素晴らしい姿を眺めながら平坦な木道を進むと、20分ばかしで急
な上りに変わる。きつい上りを15分程かかって上に出ると目の前に東吾妻山が現れた。
なだらかな山容で、ここからでは全体が木で蔽われているように見える。姥ヶ原をしばら
く行くと分岐点に到着、この辺りから木道がなくなり上りに変わっていった。途中、二組の
グループとすれ違いながら30分余り上って山頂に到着。いい天気なのだが風が強くて
寒い寒い。山頂からは今日と明日歩く山並みや昨日行った吾妻小富士の火口も綺麗に
見えていた。周囲の写真を撮ったりしながら30分程のんびりしてから出発。再び木道に
出てしばらく行くとたっぷりと水を湛えた大きな鎌沼が見えてきた。近づくと水面には小さ
なカモさんが二羽仲良く並んで泳いでおられた。東吾妻山へ向かう何人かの人たちとす
れ違いながら酢ヶ平をしばらく行くと一切経山への分岐に出、また木道がなくなり徐々に
上りに変わっていった。ここから人が急に増え出し賑やかになってきた。少し上ると酢ヶ
平非難小屋に着いたのでちょっと休憩、中を覗くと壁の周りに座る所があったが、床板
は無く土のままだった。ここからは酢ヶ平、鎌沼、東吾妻山が見え、眺めの良い場所だ。
呼吸が落ち着いたので出発、少し急になった坂をゆっくりと上り、、右のほうに見えてき
たパックリと開いた吾妻小富士の火口を眺めながら20分ぐらいで一切経山に到着。
頂上からの眺めは雲がかかったりしてもひとつだったのだが、頂上の向こう側に行くと、
そこからは実に素晴らしい五色沼を見ることができた。水の青色がなんともいえない美
しさで、別名「魔女の瞳」ともいわれているらしい。一切経山は賑やかで人気があるなあ
と思っていたら、実は五色沼が本命だったのだということがよくわかった。じっくり眺めて
から出発、危なっかしい滑りやすい急坂を慎重に下り、五色沼の横を通って家形山へと
向かう。少し上って振り向くと五色沼と一切経山がきれいに見えていた。しばらく眺めて
から再び調子よく上り始めたのだが、突然いつもの不整脈が出やがった。昨年の一月
頃から頻繁に出始め、死ぬようなしんどさが毎日のように続いており、不整脈が治った
タイミングに合わせて出かけてきたのだが、日数のかかる泊りがけの山行きではやはり
出てしまった。その場で座り、どうしようかと一切経山の方を向くとかなりの高さの急なザ
ラ場が見えており、ここはとても上れないと判断、引き返すのはやめにして高低差がまし
になる前方向へ進むことにした。上へ向かおうとすると後ろから単独の男性が追いつい
てきたので先に行ってもらい、ハーハー、フラフラしながらなんとか上に出た。ケルンが
あり家形山かと思ったが、山名板が無いのでよくわからなかった。ここから見る五色沼
もさぞや美しかったと思うのだが、不整脈のしんどさで景色を見るのを忘れたまま出発。
するとすぐに向こうから二人組がやって来た。道の状態を聞くと、水溜りやじゅくじゅくド
ロドロ、それに笹薮が続いていて小屋までは四時間以上はかかる、と泥だらけの靴を見
せてくれた。あいさつをしてから別れ少し進むとさっそく笹が多くなり出し道もぬかるみに
変わってきたが、平坦なので心臓にあまり負担はかからずこの点では助かる。しばらく
行くとさっき先に行った単独の人が戻って来た。笹藪と道の悪さに行く気をなくしたようで
引き返して行かれた。10分程進むと藪の中から家形山と書かれた山名柱が現れた。平
坦な所に立ててあるので山頂という感じはしなかったが。東大巓と書かれた矢印の方へ
向かい、ぬかるみをなるべく踏まないように進みたいのだが、上から笹が被さってきて道
が見えない為、手と足で掻き分けながら倒木や石にもぶつからないようゆっくりゆっくり
確認しながら進んで行く。30分近く進んで昼時になったので昼食にする。笹の上に座っ
て食事をしていると反対側の藪の中から単独の男性が現れた。例のごとく道のことを聞
くと、小屋まではまだ四時間近くかかり、上り下りも多くきつかったそうだ。こちら側はし
ばらくは平坦な道が続くと伝えると藪の中へ消えて行かれた。再びゆっくり食事をしてい
ると今度は雨がポツポツと降り出してきた。今朝小屋を出た時は雨なんぞ全く想像でき
ない快晴で、小屋のご主人も今日は快晴だと言われていたのだが天気はわからんもん
じゃノオ~。20分余り食事休憩したあと出発、濡れ始めた藪の中へと入って行く。もの
すごい笹の中を10分程かかって兵子への分岐点に出たが、雨と霧で展望は無理なの
で行くのをやめにして前に進む。それから20分くらいでニセ烏帽子山に到着、景色は何
も見えず。なので先を行き、着ている服がだいぶ濡れてきたので少し行った所でカッパ
を着る。この辺からきつい上りに変わり、不整脈でものすごいしんどさになった。足も体
も重くて動かしにくく、意識が薄れるような感じになりながらチョビチョビと上りながら、ど
うにかこうにか30分余りかかって烏帽子山に着くことができた。景色は霧と小雨で何も見
えず、また不整脈のしんどさで見る元気もなく、おまけにじっとしていると寒くなってくるの
で早々に下山にかかる。頂上付近には大きな石が複雑にゴロゴロしており、滑りやすく
慎重に下り、下りきった所でしばらく休憩。再び藪とぬかるみの中を上り始め、少し行く
と急に体が楽になり軽くなった。不整脈が治ってくれたのだ。普通一日以上は続くのだが
今回は運よく三時間程で治ってくれた。途端にルンルン気分に変わり急坂を上って行く。
20分程上って昭元山に到着、ここも木で囲まれていて展望は全く無し、写真だけ撮って
からすぐに出発。ここからはまたものすごい笹薮になった。道はあるのだが前と下は全く
見えず、倒木の角で足をぶつけたり濡れた笹でビショビショになりながら40分程の悪戦
苦闘でやっとのことで拓けた所に抜け出すことができた。ここからは木道が現れ、道も平
坦で、打って変わって緊張感がなくなってしまった。雨は止んでおり、振り返ると霧の中か
らさっき通ってきた烏帽子山と昭元山が薄っすらと見えていた。木道をのんびり20分程
行くと東大巓に到着、木道からほんのちょっと(1分足らず)上った所にあった。ここも木
で邪魔されて霧があっても無くても展望は無し。すぐに出発し木道を30分程かけて今宵
の宿、弥兵衛平小屋(明月荘)に到着。中に入ると1階に男性が一人、2階に行くと今朝
別れた方がおられ、二時間程前に着かれたそうだ。ということで、2階にお邪魔すること
にし、濡れたカッパや荷物を整理する。この方もよく山を歩いておられるそうで吾妻連峰
の麓にある会社の社長さんだそうだ。長々と話をしたあと水を汲みに行くことにし、つい
でにこの方の水も500ml汲んできてあげることにした。水場はここから15分くらい木道
を下った所にあり、量もそこそこ豊富に流れていたが、帰りは20分程の上りになるので
汗を掻いてしまった。小屋に帰って食事をしていると女性が1名入ってきた。一階に泊ま
るようで結局顔は合わせずじまい。また、食事が終わる頃にさっきまで無かった風が吹
き出した。かなり強い風で窓から覗くと雨も少し混じっているようで、明日は大丈夫かよ~
と少し気になる。ということで、吹き荒れる風の音を聞きながら就寝。夜中にトイレに行っ
たがこの時は風の音は聞こえなかった。また、寝ていると誰か小屋に入って来たようだっ
たが、二階には上がってこなかったのでそのまま横になっていた。

8月13日
(晴れ)(3日目の写真)
 弥兵衛平小屋(明月荘)~藤十郎~人形石~梵天岩~天狗岩~吾妻神社~
 西吾妻小屋~西大巓の手前~西吾妻山~再び西大巓~若女平~湯元バス停

 
ということで、夜が明けた。昨夜はやっぱりいつものように殆ど眠れず、ただ目を瞑って
横になっているだけのような感じだった。広げていた荷物をリュックに詰めてからのんび
りと食事をする。この間に同宿の方が先に出発され、自分も約30分遅れの6時頃出発。
1階に降りて二人の方に挨拶をしたが、昨晩深夜に入って来たと思っていた方がおられ
ず、また先に出た様子もなくおかしいなとは思ったが何も聞かずに出発した。確かに入っ
てきたはずなのだが、結局合計4人のお泊りで、1階の二人は反対方向に行かれるらし
い。外へ出ると少し雲はかかっているがいいお天気だ。10分程で分岐に出ると前面には
素晴らしい景色が広がっていた。昨年、一昨年に行った朝日連峰や飯豊連峰、それに今
日向かう予定の山々がはっきりくっきり見えている。木道が続いているので道の心配もせ
ずにのんびりと歩いて行ける。20分程進むと左側に三角形の先の尖がった特徴ある磐
梯山が見えてきた。と同時に池塘も現れ始め、大きいのから小さいのまで点在して続い
ている。ええ眺めやノォ~とさらに20分程行くと藤十郎という所に出た。上りの途中にあ
り、ここからは昨日通った東大巓がなんとか見えていた。体が温まってきたので、ここで
ウインドブレーカー上下を脱いでから出発。ここからは少し傾斜が増してきて、徐々に高
さを上げていくと遠くの山々も顔を覗かせはじめ、一段と素晴らしい眺めが展開してきた。
池塘群のあるいろは沼を通り、何回も振り返りながらゆっくり上って行くと40分ばかしで
上に出た。石がゴロゴロしているが平ら状で広々としている解放感のある所だ。少し進む
と人形石といわれる大きな石が見えてきた。どれが人形石か特定できなかったが、自分
から見ると二人が向き合っているように見えた。歩いて来た方向を見ると昨日上った一切
経山が小さく見えていた。20分程のんびりしてから出発、わずかで梵天岩への分岐の下
りとなった。10分余りで下り終わると木道も終わり、ここからはゴロゴロ石の急坂に変わ
る。道には水が流れ出してきおり、避けながら少し進むと「大凹の水場」に出た。地図で
確認していたが枯れている可能性がある為、水は用意してきたのだが、そこそこ流れて
いた。せっかくなので両手で受けて1~2杯飲んでおく。歩きにくい石の急坂を10分余り
上ると上に出て視界が開けた。少し行くと前の方に大きな石がたくさん積み重なっている
のが見えてきた。梵天岩のようで、なんでここだけ人が積み上げたように集まっているの
か妙な感じがするノォ。近づくと岩の上に単独の男性が現れた。上って行こうとするとここ
で突然にまた不整脈が出やがった。昨日治ってホッとして、ここまで順調に来ていたのに
やっかいなことになってしまった。普通、治ると丸一日は出ないのだが今回は半日余りで
出やがった。途端に体がしんどくなり、その場の岩にへたり込む。ぐったりしているとさっ
き岩の上で見た単独の方が下りてきた。不整脈のことは話してもしかたがないので、行き
先のことを聞くと烏帽子山方面に行ってそこから下山するそうだ。今日は若女平から来た
そうで、自分が今日下りていく道なので状態を聞く。少し藪の所はあるが大丈夫とのこと
で少し安心。お互いお気をつけてと別れ、しんどい体をゆっくり動かしながら梵天岩の上
に出た。ちょうど霧が出ていてなんにも見えずすぐに出発、少し行くと先に行かれた同宿
の方が戻って来られた。西大巓には行かず西吾妻山だけ往復してきたそうで、これから
天元台のロープウェイで下山されるとのこと。またまたお気をつけてと別れ進んで行く。
この辺は道が平坦なので、しんどいことはしんどいが、心臓にはそれほど負担がかから
ず助かる。少し行くとまた石だらけの広い所に出た。近くに天狗岩があり、この上から覗
くと中吾妻山が見えていた。向こう側には小さな建物が見えるので行ってみると吾妻神社
だった。ここからはこれから向かう西大巓がちょこっと見えている。神社の前の道を行くと
しばらくで赤い屋根の西吾妻小屋が現れた。二階建で中に入ろうとしたがナットのような
物で閉められ開けることができなかった。あとで考えると開け方が間違っていたのかも知
れないが、この時は不整脈のしんどさで考える余裕がなかった。小屋をあてにして来た人
が泊まれないとなるとえらいことになるので、多分そうだろうナ。小屋を出発し少し進むと
西吾妻山の分岐に出たが、ここは後回しにして先に西大巓に行くことにした。ここからは
下りになり、リュックは担いでいけそうにもないので空地に置いて出発。樹林の中の急坂
をゆっくりゆっくり下って行き、下に着く頃に大きな西大巓が真正面に見え始めた。かなり
きつそうな高低差のある上りで、行けるかどうかわからないがとにかく上って行く。が、し
かし、少し上った所でどうにも体が動かなくなってきた。あまりにもしんどいのでこれ以上
は危険と判断し、残念だが引き返すことにした。帰る時も上りがあるので大変で、一歩進
んでは休みという感じのフラフラ状態でなんとか上まで這い上がることができ、ホッとしな
がらしばらくその場にへたり込んで休憩。息が落ち着いたところで西吾妻山に向け出発。
山頂まではそんなに高低差はないのでなんとか行けそうだ、と少し歩いた所でまた不整
脈が治ってしまった。今度は2時間程で不整脈が止まってしまった。これだけ早く治った
事は今までに無く、また、昨日からの24時間で2回も出たり治ったりということも無かった
ことで、一体どうなってんねんと思ったが、途端に体が軽くなり5分程で山頂に到着、景
色の方は木で囲まれ何も見えなかった。とにかく元気が戻ったので再び西大巓に行くこ
とにした。とその前に食欲も出てきたので木道まで下りて食事をし、荷物を置いて再び出
発。西大巓への上りは脈が正常でもきつい上りで、ゆっくりゆっくりと20分余りかけて山
頂に到着、2回も上ったような気分だ。山頂ではロープウェイでこられた数組の人達が弁
当を広げたり景色を眺めたりして賑やかにくつろいでおられた。ここからは磐梯山の眺め
が良く、西吾妻山も大きく見え、近くには湖も幾つか見えていた。単独の方とお互いに写
真を撮りあってから出発、再び西吾妻山近くまで上り返し、いよいよ下山へと向かう。木
道を少し行くと若女平への分岐点があり、そこを下って行く。石がゴロゴロしていて下り
にくい、しばらく下ると水場があった。水量が豊富なのでニチャニチャしていた手や顔を
洗ってさっぱりする。上から1時間程下った所で男女二人ずつの4人グループがなにか
を食べながら休憩しており、上りか下りかを聞くと下りということでお先に行かせてもらう。
この辺りから水溜りが多くなり、一つ大きなものに出くわして、細いゆがんだ木の上を綱
渡り的に移動したが、結局靴に少し水が入ってしまった。これを過ぎると今度は笹が多く
なり出したが、そんなに長くは続かず10分くらいで歩きやすい道にかわる。のんびり下っ
ていると尾根の上に白い建物のような物が見えた。位置からみてロープウェイの天元台
駅のようで、下にある湯元も近づいてきたようだ。おやつを食べながら少し休憩したあと
急坂を下って若女平登山道入口に到着し林道に出た。広い道を10分足らず行くと林道
入口に到着、ここからは舗装道路に変わる。今度はこれを上って行くのだが、これがま
た急なきつい道で、足が重たくてなかなか前に進めず、時々止まりながらゆっくりと上っ
て行った。ということで、ついにバス停に到着、バスが来るまではまだ1時間以上もあり、
くそ暑い為、ロープウェイの湯元駅に入って記念品を買ったりして時間を潰していた。
 それにしても今回は不整脈の心房細動で2回も死にそうになり、またそれで終わりで
はなく、バスに乗って米沢駅に着いて降りた途端にまた出やがり、今度はなかなか治ら
ず二日程死にそうなしんどさが続いた。これからは泊りがけの山行きは難しくなったノォ。
また、今回はHPの完成までに実に8ヶ月半もかかり、大幅な記録更新となってしもたワ。
作文を長々とダラダラ続けるのはちとめんどくさくなったので、時間短縮のためにもこれ
からは写真とそれの簡単な説明ぐらいにしとこうかと思っているところでございます。終。
吾妻連峰(吾妻小富士~東吾妻山~一切経山~
       烏帽子山~東大巓~西吾妻山~西大巓)
地図
東北連峰シリーズ、一昨年の朝日連峰、昨年の飯豊連峰に続いて
三つ目の今年の夏山歩きは吾妻連峰へ
一切経山からの五色沼
山岳縦走へ
山歩きへ
トップへ
近況報告へ