奥多摩連山縦走

トップへ
おもしろあるきへ
近況報告へ
山岳縦走へ

2006年4月30日(晴れ)
 鴨沢山の家〜鴨沢グランド〜大寺山〜金風呂〜玉川キャンプ場〜入小沢ノ峰〜
 三頭山〜大沢山〜槇寄山〜笛吹峠〜丸山〜土俵岳〜日原峠〜浅間峠〜熊倉山
 〜三国山〜生藤山〜連行山〜醍醐峠〜和田峠〜陣馬山〜明王峠〜底沢峠〜
 白沢峠〜景信山〜小仏峠〜城山〜大垂水峠〜大洞山〜見晴台〜西山峠〜三沢
 峠〜草戸山〜四辻〜西山峠・大垂水峠登山口〜JR高尾駅

●全所要時間 約15時間30分   ●距離 約62Km

 
前日の降水確率予報が60%ということでチャレンジャーズレースが中止になって
しまった。残念だがこれは当然の処置でいたしかたないのだが、昨年のこともあり
2年続けてスタコラサッサと帰るのではあまりにもアホらしいので、コースのうしろ半
分だけでも自分で勝手に単独縦走しておくことにした。ということで翌日鴨沢に移動
して山の家に到着。宿のご主人によると、50Kコースの人が数人予約していたが中
止の為に全員キャンセルということでお泊りは自分一人だけのようだ。と思っていた
ら午後9時過ぎになって男性一人が泊まりにやって来た。話し声で雲取山の方から
下りて来たらしいが、自分は明日朝早いのですでに横になっており何も話さずじまい。
 午前4時6分、山の家を出発。まだ真っ暗だ。空は快晴、星がよく見える。5分程で
諸畑橋に到着。二つ目の小さい橋のすぐ右横の細い道を入って行く。この道は昨日
宿のご主人に教えて頂き、確認もしておいたので迷うことなく進めた。少ししてから空
が白み始めたのでヘッドランプをはずし本格的に大寺山へと上って行く。高低差は約
450mでそれもなかなかの急登、それに持ってきた荷物約8,2Kgを全部背負って
いるため、いきなりのこれでは足も鈍りがち、これからの長い道中どうなることやら。
しばらく上っていると笛の音のような鳴き声があちらこちらから聞こえてきた。鹿が鳴
いているようで「人がきたぞ」と合図でもしているのか、こちらとしては朝の静まり返っ
た時間に透きとおった鳴き声は実に心地いい。1時間ほどで大寺山への尾根に出る。
少し行くと大きな塔が現れた。仏舎利塔でよくもまあこんなにでかいものを建てたもの
だとただただ感心するばかり。ここから金風呂までは広い林道で高低差400mを一
気に走って下りれるだろう。しかし今回は大会でもなく、それに走って下りると荷物の
重みが肩に食い込み痛くて我慢できない、そのうえ、半年前から左足裏の前のほう
の骨が痛み続け踏ん張りがきかず、おまけにやはり左足が変な動きをするとギクッと
四十肩、五十肩の時のような体が固まってしまうような痛さに襲われるので、なるべく
おさえながらも早足で進むことにした。金風呂から玉川キャンプ場まではほぼ水平道
路で、ここから入小沢ノ峰までが今回のコース最大の高低差750mの上りとなる。し
ばらくはなだらかな広い林道だがそれを過ぎるとただひたすら我慢の上りとなり、尾
根上の分岐に出るまではたっぷり1時間はかかる。ここから峰へは行かず右方向の
三頭山をめざし30分程で到着。今回の最高峰だ。雪をかぶった富士山を見ながら腹
ごしらえをして出発、と言いたいところだが実際に気がついたのは出発する時。この
三頭山を越えたことで、ピークはまだまだたくさんあるが、標高がだんだん低くなって
いくので気分的にだいぶ楽になった。ここから醍醐丸までは山岳耐久レースと同じコ
ースで7年程前に通ってはいるが進行方向が逆でしかも夜の時間帯だったので、全く
覚えていない、というより初めて歩く気分だ。少し先に三頭山非難小屋があり、中をの
ぞくと中年男女が二人朝食の準備をしていた。朝出てから初めて出会った人たちだが
先があるので挨拶だけ交わしてすぐに出発。このあたりから三国山あたりまでは笹尾
根というらしいが、笹はそんなにはなく走歩しやすい道だ。三国山に着いたのはちょう
どお昼時でもあり、たくさんの人が弁当を広げていた。すぐ先の生藤山は100m足ら
ずの高低差なのだが、今回のコース中では上りも下りも最も危険で急な道だった。次
の醍醐丸(この手前で食事)は八王子市では一番の高さだとすれ違った人が言ってい
たが、上には行かず巻き道を進んで和田峠へと下りて行く。峠には茶店があり、えらく
にぎやかな所でここから急に人が増え出した。しばし休憩してから出発。木でできた長
い段々をあえぎながら上って、陣馬山に到着。コース中で一番見晴らしの良いところだ。
おかげでまたもや長い時間居座ってしまった。陣馬山を下っていると小走りに上ってく
る空身でランニング姿の人とすれ違い挨拶だけ交わす。この辺から景信山辺りまでは
なだらかで道も広く軽快に走れるだろう。(今回は荷物の関係で走らず)快調に進んで
いると分かれ道に出た。右の巻き道に行ったがこれが間違いだった。巻き終わった所
に出ると、なんと景信山への矢印が逆に向いているではないか。さっきの分かれ道に
は道標が無かったので景信山はまだだろうと思い進んだのだが何かだまされたような
気分だ。無駄な時間を使ったみたいだが貴重な情報を得たともいえる。仕方なく急坂
を上りながら後戻り、ここにも茶店がありまたもや休憩。店は閉める準備をしていたが、
うどんはできるかと聞くと少し待たされはしたがつくってくれた。このうどんのおかげで
むかついていた胃が治ってしまった。これまで冷たい水ばかり飲んでいたのでお腹が
温まったのだろうか。長居はしたが腹に力が戻り元気回復で出発、小仏峠を越え城山
に向かっていると先ほど陣馬山の下りで出会ったランニング姿の人が追いついてきて、
二言三言交わして追い越して行った。高尾山方面から往復してきたようだ。次の大垂
水峠に着く少し手前で水の流れに出くわした。きれいな水だ。さっそくニチャニチャに
なっていた手を洗い、顔を洗い、うがいをし、最後にたっぷり水を飲む。これだけでも
かなりさっぱりして気持ちがいい。生き返ったような気分だ。すぐ下の峠に着いたのが
午後4時35分頃、大会での予備関門の時間より30分程遅れている。まあ色々寄り
道してきたり荷物や足の事もあるのでこんなもんだろう。この後、三沢峠までが長く感
じたが草戸山には明るいうちに着くことができてホッとする。ところがしかしそれも束の
間、薄暗くなりかけた道を進んでいると突然そこらじゅうが騒がしくなった。人が鼻を鳴
らすようなゴロゴロッという声も聞こえる。なんだ!と思った瞬間、10mぐらい前の道
をドドドドドーーッと地響きをたてながら真っ黒くてでかい生き物が横切った。一瞬熊か
と思ったがイノシシだった。暫くしてまた横切る。しかしこっちに向かってくるような様子
ではなくむしろ慌てふためいているような感じだったのでそのまま進んだが、ざわめき
具合からして6〜7頭はいただろう。ほんの軽いご挨拶だったのか。午後6時55分、灯
かり無しでは歩けなくなりヘッドランプを付ける。しばらく下ってもうすぐ終わりということ
で気がゆるんだのか、真っ暗なことも加わっていつのまにか高尾山口駅方面に下りて
きてしまっていた。後から地図で確認すると四辻で間違えたらしい。大会ではないので
このまま国道に出てJR高尾駅まで行き、ここでヤンペにした。午後7時32分着。
 雨が降ったり道を間違えたり、アクシデントが起きなければなんとか制限時間内には
入れそうだが、100Kmコースは前半のほうがより厳しく、それプラス後半ということに
なると、さらに数段厳しくなりそうだ。しかしこれもおもしろさのうち、来年が楽しみだ。

コース図

三頭山からの雪をかぶった富士山がぼんやりと見えている。見えますかな?