越後三山縦走と巻機山

(八海山・中ノ岳・越後駒ケ岳)

 今年の夏山は久しぶりに日数に余裕ができたので越後の山を縦走することにした。
と、その前に今回もやはりまたまたとんでもない珍事故が起こってしまった。縦走コー
スの関係でこれまたかなり久しぶり(24年ぶり)の夜行列車での山行となったのだが、
大阪駅を出発して2時間ぐらいたってから電車が止まってしまった。夜行ではよくある
一時停車かと思っていたがなかなか出発しない。かなり待たされた後で車内アナウン
スが流れてきた。「野生のシカが激突し電車が故障して動かなくなり復旧の見通しが
たっておりません。」ときた。ブレーキが破損したらしく結局直らずじまいで次の敦賀駅
で代替列車に全員乗り換えとなってしまった。駅まではガクンガクンとシャックリをする
様な感じで車体を揺らせながらノロノロとなんとか動いてくれて助かったのだが駅でま
た長いこと待たされてしまった。結局3時間10分遅れのアナウンスで代替列車雷鳥
乗り換えて出発、午前4時40分過ぎだった。それからはなんとか順調に動いてくれた
のだが下車駅の長岡近くになってまた止まってしまった。今度は長岡と先の駅の間で
落雷があり信号機が故障して前の電車が動けずホームに入れないとのことでまたしば
らく立ち往生。1時間ほど遅れを取り戻していたのにこれでまたもや逆戻り、今回は別
の形で一睡もできず、しょっぱなからまたしてもワヤクチャな目にあってしまった。

2006年8月12日(雨後曇り後晴れ)
 大崎口里宮〜十二ー〜金剛霊泉〜霊泉小屋〜八海山ロープウェイ山頂展望台〜
 大倉口出合〜池ノ峰(巻く)〜女人堂〜浅草岳(巻く)〜祓川〜薬師岳〜千本桧小屋

 ということで、予定が大幅に遅れてしまい登山口行きのバスもとっくに出たあとで、次
のバスを待っていると今日中に山小屋に着けない為、しかたなくタクシーを利用して登
山口まで行く。ここのそば屋さんで電話を借りて山小屋に遅れることを連絡しようとした
が連絡がつかずそのまま出発、12時10分頃の遅い出発になってしまった。雨が降っ
ていたのでカッパを着ていたがすぐに止んで晴れ出し暑くてたまらず脱いでから再出発。
日が暮れるまでに小屋に着きたく少しあせっていたがいきなりの急登と暑さでなかなか
進めない。ダラダラと汗を流しながらハシゴやクサリ場を越え1時間ほどで水場の金剛
霊泉に到着。水量は多く、手を洗い顔を洗い水を飲んでから1Lほど補充して出発、と
思ったらほんの1〜2分ほどで霊泉小屋に着きまたもや休憩、裏へ廻ってみると眼下
には魚沼の盆地が拡がっておりなかなか開放感のある景色で気分もすっきり。しかし
それも束の間再び出発し直し急坂を上っていると雑木の中に逃げ込んでいくマムシを
目撃、すっきり気分もいっぺんに吹っ飛んでしまい、しゃっきり気分に。あとからわかっ
たのだがこの越後山域にはマムシがウジャウジャいるみたいだ。急坂を1時間ほど行
くと右の方にロープウェイ駅が見えてきた。人の声も聞こえる。登山道はこの駅とは合
流せず少し上を通り展望台もこの道上にある。このロープウェイに乗れば八海山への
所要時間は半分に短縮できるので殆どの人が利用しているようだ。展望台からは北方
面はよく見えるがまだ標高があまり高くないので眺めはもひとつか。残っていたオニギ
リを食べてから出発、急坂まじりの道をまた1時間ほど進んで女人堂という非難小屋に
到着、中は何も無いがきれいな小屋だ。ここで下山してきた親子連れの3人と出会う。
ロープウェイを利用して薬師岳だけを往復してきたらしい。少し行くと水場・祓川に出た。
ここも豊富な水が流れている。水飲み休憩をしてから最後の急坂を上り、ハシゴと長い
クサリ場を越えて薬師岳に到着。東側方面には素晴らしい景色が拡がっている。山と
山との連なりや山肌の豪快なうねりがなんともいえない。急いで上ってきたおかげで時
間にも余裕ができ、すぐそこには今日の宿千本桧小屋も見えている安心感からか、長
いことここに居座ってのんびりと景色を眺めることができた。

8月13日(晴れ後霧)
 千本桧小屋〜大日岳(巻く)〜入道岳〜五竜岳〜荒山〜オカメノゾキ〜出雲先〜
 御月山
〜祓川〜中ノ岳非難小屋〜中ノ岳〜中ノ岳非難小屋

 今日は朝からいい天気でまた暑くなりそうだ。昨日の夜も寒さは全く感じず着ている
服だけで眠ることができた。午前5時23分頃出発。初めに現れる八ツ峰の岩場は行く
か行くまいか少し迷ったが、どのくらいの時間で通過できるかわからず、先のこともある
ので巻き道の方を行く。左に八ツ峰を見ながら、長い長い垂直に近いハシゴを越えなが
ら40分ほどでコースの合流点に到着、すぐ脇にある大きな岩の大日岳は眺めるだけに
して前に進みしばらくで尾根に出た。このあたりからは視界が開け縦走路も見え出して
眺めも良くなって来た。と同時にさえぎる物もなくなったため急に暑くなり、正面にてデン
とかまえる入道岳に着くころには汗びっしょりになっていた。頂上からは中ノ岳とそれへ
と続くヤセ尾根、明日行く予定の越後駒ケ岳等が見えているが遠くの方は光の反射で
靄がかかったように見えるのが少し残念。ここからオカメノゾキまでは約600m程下ら
なければならずきついところだ。急で滑りやすい坂を慎重に下り五竜岳に到着、ここで
のんびり休憩していると今朝少し遅れて出発した大阪の4人組が追いついてきた。ちょ
うど出発するところだったので挨拶だけ交わしてお先に失礼する。この後このグループ
とは即かず離れずの状態で中ノ岳まで行くことになった。もう一人、今朝ほぼ同時に出
発した単独の男性がいたが、八ツ峰あたりから全く見なくなり中ノ岳にも来なかったの
で途中で下山したのだろう。五竜岳からのやせ尾根は岩稜やクサリ場が多くかなり危
なっかしくなってきた。特にクサリ場が足や手のかけるところがなかなか見つからず、し
かも垂直に近いのでハラハラのしどうしだ。2時間近くかかってようやく最低鞍部のオカ
メノゾキに到着、草木が邪魔をし両側の谷は全く見えず暑いだけだ。それにこの山域は
アブが多く、縦走中終始まとわりつかれてよけいに暑苦しい。しかし他にも姿は見えな
いがウグイスがたくさんいるみたいで、あとをつけているのかどうかわからないが殆ど
絶え間なくきれいな鳴き声を聞かせてくれていた。ただ、この「ホー、ホケキョッ!」が
岩場やクサリ場で鳴かれるとなんとなく「オー、オチロッ!」というふうに聞こえくるから
妙なものだ。ここからは上りが多くなり益々暑さがこたえクサリ場も相変わらず現れてう
んざりするが、時おり谷底から涼しい風が吹き上げてきてくれる時がありこの時は実に
気持ちがよくそのたんびに立ち止まって涼んでいた。しばらく上って出雲先という所の
クサリ場下にわずかな日陰があったのでここで食事にする。山小屋の人がオニギリを
作ってくれたがこれがまたでかすぎてそれも二つありとても食べきれず一つだけにする。
この一つが減っただけでもずいぶんと荷が軽くなったような気分だ。残りの一つは1時
間ばかり行った御月山手前のやはりクサリ場下で食べ、山頂へは満腹状態で到着。
山頂からは越後三山がそれぞれ大きくどっしりとした姿で見えていていい眺めだ。また
これでやっと危険地帯からも抜け出すことができホッとする。今までいろんな山を歩い
てきたが、この縦走路は最も危険で厳しいコースに入るはずだ。すぐ下に見えている
雪渓の水場・祓川に下りて行き、また大休止。水を2L補充して顔や手を洗い水を飲ん
でいると中ノ岳の方から女性が下りてきた。水を汲みに来たらしい。中ノ岳からの高低
差は300mもあり往復2時間はかかる。普通、ここの水場は汲みに来るためのもので
はなく縦走する場合の補充する為の水場になると思うのだが。4人グループ(男3人、
女一人)の分をまとめて4人分8Lを一人で汲みに来たらしい。まだ決まってないが明日
は丹後山の方へ行くかもしれないので汲みに来たとのこと。それにしてもどえらいこと
をする人もいるものだ。と驚いていると時間が経ってしまったのでお先に出発する。直
線的で暑い暑い最後の急坂道をあえぎながら1時間程かかってようやく非難小屋に到
着。午後2時10分頃。2階建ての小屋で中に入るとすでに別コースから来た人たちが
荷物を置いていたので自分も寝る場所を確保しておく。10分程の所に中ノ岳頂上があ
るがうまい具合に霧がかかってしまって何も見えなくなったので晴れるまで小屋で休む
ことにした。ここでヘビのことが話題になったのだがほとんどの人がマムシを見ているよ
うで、中には10匹も見たという人もおりびっくり仰天。今日の縦走路でも、先行していた
二人組の男性が岩の間で一匹見たらしく、自分は気づかなかったので良かったものだ。
(この二人組のことだが、今朝自分より15分ほど早く出たらしくそれに全く気づかなかっ
たので前には誰もいないと思い込んでいて、これにもびっくり。昨夜は非難小屋の方に
泊まったとのこと)1時間ほど遅れて大阪の4人組(男一人、女3人)も到着、この人たち
も縦走路の同じ場所でマムシを見たという。この縦走路に3ヶ所遭難碑が建ててあった
がマムシで遭難という可能性もあるので危ないものだ。荷物を置いてからすぐに頂上に
向かったが霧で何も見えなかったらしく、このまま晴れそうにないので自分も頂上だけ
行っておくことにした。戻って食事や寝る準備をしているとポツリポツリと単独の登山者
が小屋に到着し、最終的に今夜は17人(縦走組は計7人、逆縦走の人は今日を含めて
全くいなかった)ぐらいの宿泊となった。混みもせずスペースも丁度いいぐらいで寒さも
全くなく寝袋を使うことなくゆったりと寝ることができた。

8月14日(霧後晴れ)
 中ノ岳非難小屋〜檜廊下〜天狗平〜越後駒ケ岳〜駒ノ小屋〜前駒〜百草ノ池
 〜小倉山(巻く)〜道行山〜明神峠〜枝折大明神〜銀の道〜銀山平

 
午前4時半起床、窓から外を見たが霧はかかったままだ。5時頃もう1回見ると薄雲
の向こうに赤味がかった太陽が薄っすらと顔を出しており、これはこれでまたきれいな
日の出だった。午前5時半、山小屋を出る。中ノ岳方面は霧で見えないので行くのは
やめて駒ケ岳へと向かう。駒ケ岳、八海山は霞んでいるような見えかただ。前に進む
といきなりのすべりやすい急坂で足がぐらつく。それが終わると今度は雑木が道を覆
い根が邪魔をし、またいだりくぐったり、切れ落ちた所もあったりで実に歩きにくい。
1時間ほど下ると中ノ岳方面の霧が急に晴れ出し中ノ岳がはっきりと見え出してきた。
もう少し早くずれていれば今朝は中ノ岳からの大パノラマが見れていたはずなのだが、
なんともタイミングが悪い。檜廊下から最低鞍部の天狗平にかけては歩きやすい道が
続いて緊張もほぐれ快調に進む。少し休んでから駒ケ岳への最後の上り300mにとり
かかる。道はそんなに悪くはないが日陰が全く無くとにかく暑いのがこたえる。笹やそ
の中に混じるシャクナゲを見ながら諏訪平を越えクシガハナ分岐点に着く。ここで今朝
自分より30分ほど早く出た大阪の4人組が休んでいて追いつく。ここから駒ケ岳まで
往復して水無川方面へ下って帰るそうだ。お先に失礼しそれから20分ばかりしてとう
とう越後三山三ツ目の山、越後駒ケ岳に到着。今度は景色が見れるかと思っていたら
突然霧が発生し、しばらく待っても晴れてくれずまたもや見えずじまい。そのうち4人組
が上ってきたのでお互いに写真だけ取り合って分かれる。トボトボと下り始めすぐ下の
駒ノ小屋でまた休憩、振り返って見上げると駒ケ岳が山肌と残雪のコントラストできれ
いに見えている。またここは水があふれるほど流れていて便利な所だ。たっぷりと水を
飲んでから持ち水も入れ直していよいよ銀山平へと下山開始。この山は人気が高いだ
けあって途中たくさんの人とすれ違う。そのせいか知らぬ間に前駒を通り過ぎてしまっ
た。下の方を見ると丸い池が小さく見えている。百草の池で水面に荒沢岳を映すそうだ
が近くまで行くと立ち入り禁止の表示板があり、おまけに笹で蔽われているため見るこ
とはできなかった。天気のほうは、霧がかかっていたのは頂上付近にいた時ぐらいで
あとは晴れどうし、標高も下がってきたのでますます暑くなってきた。道は歩きやすくな
り少しひらけた小倉山で食事をしていると男女二人が追い越していった。次の道行山は
縦走路から少しはずれているが一応上っておくことにした。山頂からは中ノ岳方面が見
える。銀山平への新しい道がここからのびているが、ちゃんと続いているのか分からな
いので元の道に引き返す。この辺はぬかるみや大きな水たまりが時々現れ少々歩き
にくい。水たまりを見ると何か真っ黒いものがたくさんうごめいている。よく見るとおたま
じゃくしの大群でこれだけ多いとなんかボウフラが湧いているようにも見えかなり不気
味だ。暑さでバテ気味の体をなんとか動かし明神峠を過ぎて枝折峠への分岐点に着く。
峠までは30分程で行け、そこからは車を利用できて時間もかなり短縮できるので殆ど
の人はこの道を通っているみたいだ。自分は、排気ガスをまき散らし山を汚してまでし
て山に入ろうとは思わないのでできるだけ歩くようにしている。山が嘆いている。銀山
平へと下る道は急に草が蔽い出した。ところどころで道も崩れて危ない箇所もある。人
も歩いた形跡が無い。整備もされていないようでほったらかしのように見える。みんな
枝折峠のほうに逃げるのでこの道は廃道寸前になろうとしている感じがする。1時間ば
かり下って「3合目オリソ」と書いてある道標と北ノ又川との合流点の林道に出た。向こ
う側には今日泊まる民宿村やログハウスが木の陰からたくさん見えているのだが渡る
所が見つからない。迷ってウロチョロしていたが左のほうに行ってみることにし進んで
いたら車が来たので道を聞くとあと1キロくらいで銀山平とのこと。ホッとしてしばらく行
くと枝折峠からの広い道路と合流。ここの出口はクサリで林道側が閉鎖してあり、さっ
きの人はこの土地で作業する人のようだ。結局1時間近くかかって午後2時50分頃や
っとこさ宿に到着。両腕を見ると、殆どはきのうの縦走でついたものだが打ち傷や擦り
傷だらけ、少々ヒリヒリと痛む。やれやれと少し玄関前で休んでから中へ入って行った。
それにしてもここから歩いて駒ケ岳に向かう人は、登山口の標識もなく林道も閉鎖され
ているので、道をよく聞いてから出発しないとかなり迷うことになるだろう。

8月15日(晴れ) 
 移動日  銀山平〜清水

 この日は移動日で歩く予定はないが、皮肉にも全5日間で一番いい天気だった。
暑さのほうも凄まじい激しい暑さが続いており、新聞によるとこの4日後の19日には
ここ魚沼市で全国一の最高気温37,8度を記録したそうだ。

山岳縦走へ
巻機山へ
トップへ
山歩きへ
巻機山へ続く

割引岳からの越後三山(左から八海山・越後駒ケ岳・中ノ岳)