全参加者が五合目ゴールの為、帰りのバス待ちの列が無限に続く(五合目)

2009年7月24日(小雨)
 富士吉田市役所前〜中の茶屋〜馬返し〜五合目

●今年は頂上付近悪天候の為、五合目で打ち切り
●タイム 2時間43分23秒(23分23秒のタイムオーバーで失格)

トップへ
かけのぼりへ
近況報告へ
富士登山競走へ

五合目コース完走賞

 今回、頂上コースは悪天で五合目ゴールに変更された。五合目で打ち切りに
なったのは33年前に参加し出してからではこれで3回目。1回目は15年ぶりに
参加した年、15年ぶりのうえ、さほど練習もできないまま参加した為、上まで行
けるかどうかわからなかったので打ち切りになってちょうどよかったのかもしれ
ないが。2回目は出走20分前に不整脈が発生し、出ると確実に死んでしまう為
参加を取りやめ、これまたちょうどよかった。(しかしこの前年を含めてそれ以後
は外的原因で全く時間内完走はできなくなってしまったが。外的原因とは、書く
のがめんどくさいので毎度のことながらこちらをごらん下され)そして今回の3回
目、今年は当日の午前5時前ぐらいまで激しい雨が降っており、大会始まって以
来初の中止かと思っていたが、そのうち小雨に変わり、スタート30分くらい前に
五合目で打ち切りという決定になった。今回はスタート直後から息が苦しく、足も
重く全く前に進まずどんどん抜かされていく、おまけに急に糞がしたくなり、我慢
できなくなってきた為どうしようかと思っていたらちょうど浅間神社の横に便所が
見えてきたのでそこへ駆け込む。しかし先客がいたので少し待たされ終わってコ
ースに戻った時はもう殆ど最後尾の位置になってしまっていた。中の茶屋を過ぎ
てからは早や走るのがしんどくなりそれからは走ったり歩いたり。この辺から外
国の黒人さんと前になったり後ろになったりを繰り返していたが、傾斜が急にな
る馬返しを過ぎてからは付いてこなくなった。すると今度はゴール近くになって欧
米系の外国人女性が追いついてきたので道を譲り、ゴールタイムを予想して後ろ
から「ツウェンティスリーミニッツオーバー」と日本語的な英語を言うと、意味不明
な英語を口走りながら笑いながらこちらを振り向いて手を振ってくれた。通じない
と思ったら通じたので少しばかし嬉しい気分で、そのまま続くようにゴールイン。
 今回は、昨年五合目コースで亡くなられた方がいたので、中の茶屋辺りからは
50mおきぐらいにスタッフが立っておられ、しんどそうな皆さんに声をかけ、状態
を聞いておられ、自分も、顔色が悪そうですが大丈夫ですかと聞かれてしまった。
 今回から完走賞にTシャツが貰えることになったが、五合目がゴールだった為
時間内に入っても貰えないということで、自分にとってはまあラッキーな方かいな。

今年から完走賞は上のようなTシャツに変わりました。

頂上コース完走賞

富士登山競走