二ツ岳〜エビラ山〜黒岳〜権現山

(赤石山系其の四)
(別子山域其の四)

愛媛の大山脈を繋ぐ(4)










二ツ岳からの縦走路

地図
法皇山脈へ
別子山域其の五へ
赤石山系其の三から

赤石山系シリーズの今回は、楽しみにしていた二ツ岳から権現山への縦走路を行く。

2010年5月2日(快晴)
 ゆらぎの森〜天皇〜肉淵〜二ツ岳登山口〜峨蔵越〜鯛の頭〜二ツ岳〜エビラ山
 〜黒岳〜権現山〜床鍋登山口〜筏津

 
午前3時半頃、ゆらぎの森を出発。外は冷え切っていてかなり寒い。空は満月を少
し過ぎた頃のお月さんが輝いていて前は見えなくはないが、山影に隠れると真っ暗に
近い状態になるので一応ヘッドランプを点けて歩く。ここから登山口までは舗装道路
歩き。2時間くらいを予定しているがめんどくさい。下りばかりの道を30分程でバス停
のある天皇まで下りてきた。(今年の4月いっぱいでせとうちバス線が廃止され、今は
別子地域バスだけが走っている。つまり、一日遅れでこのバスに乗ることができず。)
さらにここから5分程で赤石山系入り口の肉淵に到着。ここから上りに変わって登山
口までは約1時間。ひたすら歩いて予定より少し早めに着くことができた。ちょうど空
のほうもほぼ明るくなったのでここで朝食にし、宿で作って頂いた弁当を食べる。と、
道の向こうの山影から人の声が聞こえたような気がした。耳をすましていると、やはり
とぎれとぎれに時々聞こえてくる。聞き間違えではないようで誰かいるようだ。弁当を
食べ終わって出発準備をしていると、道の奥から4人のグループ(男一人、女3人)が
ゾロゾロと出てきた。聞くとこの人達も今から縦走するそうで自分と同じルートとのこと。
車はここの駐車スペースには留めず道の奥の見えない所に置いてあるそうで、下山
予定の床鍋にも車を置いてあり、下りてから後で取りにくるそうだ。自分は少し遅れて
殆ど同時に出発。したが、すぐに道を譲ってくれてお先に行かせて頂く。ここから二ツ
岳までは去年の秋に通っているので気軽に行ける。峨蔵越まで行って休憩していると
4人組みが追いついてきたので、入れ替わるようにして出発。ここから頂上までは傾
斜が急になるきつい上りだ。去年は雨で岩場が濡れていて滑りやすく危なっかしかっ
たが、三日前からの晴天続きでよく乾いており、歩きやすい。前回、霧で見えなかった
新居浜市や燧灘、「鯛の頭」といわれる大岩等も見ることができ、晴れやか気分。が、
しかし、この先にあるあの有名な三島警察署の「ここから先は命がけ」の注意書きに
は少しビビッてしまう。行こか行くまいか判断の難しいところだが、今日は天気もいい
し時間にも余裕があるので縦走を決行(初めからその気だったが)。ハシゴを乗り越
えロープにつかまり、ヒィヒィ言いながらこの看板から20分程で二ツ岳に到着。一息
ついているとエビラ山方面の近くから話し声が聞こえてきた。この声は下の峨蔵越あ
たりから時々聞こえていたもので、姿はまだ見ていないが二人が先行しているようだ。
頂上からは権現山方面への縦走路や明日以降歩く大座礼山方面もよく見えていて
実に爽快だ。早速写真を撮ったり、自動シャッターで自分を写したりしてゆっくりして
いると今度はグループの一人(男)が上ってきた。少し話をしてからまたお先に行か
せてもらう。さて、いよいよ「ここから先は命がけ」のコースの始まり、始まり〜。最初
は急な滑りやすい下りから始まった。少し行くと道が分かれており、右は不明瞭な急
斜面、左はしっかりした道で、当然左側に行ったが少し行くと突然道がなくなり、その
向こうは断崖絶壁の谷底、騙されて後戻り、右側の急斜面を下りて行った。このあと
こういう行き違いには何回も出くわすが、先々の木には赤テープが巻いてあり、これ
を探しながら辿ることでおかげでなんとか進むことができた。岩場を越えたり巻いたり
ロープにつかまったり、藪を漕いだりして上り下りを繰り返し、エビラ山が大きくなり出
し、姿の見えない前の二人の声に近づきかけた時に心臓に異変がきた。以前、煙草
の受動喫煙の所為で期外収縮の心房細動の不整脈が頻繁に出ていたが、煙草から
逃れてからは止まっていた。しかし後遺症が残っていたのか、1年くらい前からは激
しい動悸が四六時中出るようになり、合間合間には頻脈性不整脈も出るようになり、
胸の苦しむ日が続いている。この頻脈性不整脈が出てしまった。しかしこちらのほう
はいつもは2〜3分で治まるので歩くのを止めて治るのを待った。ところがどうしたこ
とか今回はなかなか治らない。斜面に横になり楽にしていたが30分たってもダメで
そのうち前を行く人の声は聞こえなくなり、後ろからのグループの一人(男)が追いつ
いてきた。事情を話し先に行ってもらうことにしたが、一緒にいて下さるということで少
し話をしていたが申し訳ないのでゆっくりと歩くことにした。ところが、空が紫色がかっ
て見える中、エビラ山への最後の上りを笹を掻き分け進んでいると突然体が楽になっ
た。頻脈が治ったのだ。そのことを前を行く人に知らせお礼を言って一件落着。今度
ばかりはどうなることかと思った。しばらくしてエビラ山に到着。灌木の多い尾根だっ
た。まだ半分程来ただけだが、気分的にはかなり落ち着いた。頂上はかなり狭い。写
真を撮って頂き、一緒に景色を眺めていると後続の三人がやってきた。ここで昼食に
するそうで全員が頂上にはいられそうもないのでお先に行かせてもらう。ところで、こ
こを下っている時にハタと気がついた。頂上で展望写真を撮るのを忘れていたのだ。
不整脈が治った嬉しさでついすっかりコロッとマルッとスルッと忘れていたのら。しか
しすでにかなり下っていたあとで、しかも上を見上げるとかなりの急坂なので上り返す
気になれず、残念だがあきらめることにした。ここら辺からは笹が多くなってきた。前
にはきれいな三角の黒岳とニセ黒岳が見えている。藪を掻き分けながら黒岳へと向
かっている途中でふと振り向くと、赤星山、二ツ岳、エビラ山がどっしりと並んで見え
ていた。縦走路中ではこの辺りが一番眺めのいい所だろう。そしてまもなくして黒岳
に到着、ここからの景色も素晴らしい。ので、ここで昼食とした。西方面を見ると権現
山への尾根が見えており、先行しているはずの二人を探したが木に隠れているのか
全くわからなかった。40分ばかしのんびり休憩、まだまだ景色を眺めていたかったが
先があるので出発。ここから少し下るとガレ場の急斜面に出た。足を置くとズルズル
と滑りそうになるので慎重に下って行く。ここを過ぎると今度はまた笹だらけの道だ。
道は笹に隠されてはいるが案外しっかりしているので、足をずらしながら辿って行け
ば先も見えているし迷うことなく進んで行ける。足で掻き分け手で掻き分け何回かの
小さな上り下りを繰り返し、そして、ついに権現山までやってきた。距離はそんなにな
いが足には厳しい山行きだった。また、二ツ岳手前にあった「ここから先は命がけ」の
看板の意味がここへきてはっきりわかった。崖も岩場もあって危険は危険だが、それ
よりも、道に迷いやすいという点のほうがより大きい危険だという表示だったのだろう。
頂上からは笹で殆ど景色は見えないので少し休んでから出発、下のほうから話声が
聞こえてきた。先行していた二人かと思ったが、床鍋から上ってきたという夫婦連れ
の方だった。今日は東赤石山まで行く予定だったが、下の分岐点で反対側の道に進
み遠回りになってしまったとのこと。今から向かっても時間的に下山が遅くなるので
やめたほうがいいということで、権現越まで行ってそこから下山されることになった。
自分は、権現越は前回通っているので一つ手前の分岐点から下山、権現越が見える
所まで下りてくると、そこから声が聞こえてきた。よく見ると3〜4人いるようだ。夫婦
連れの方が下のほうで会ったのか、工事関係者の人が上っていると言っていたので
その人達だろう。縦走中、先行していたと思われる二人はどこへ消えたのやら結局
会わずじまい。ここの下山道は笹もなくよく整備されていて歩きやすく、大きな鉄塔を
四つくぐりながらのんびりと下りて行き、無事(途中えらい目にあったが)床鍋に下山。
ここから舗装道路を20分余り歩いて宿泊地の筏津に着いて本日の歩きはおしまい。

山歩きへ
山岳縦走へ
トップへ
近況報告へ