羽黒山石段マラソン全国大会

2002年10月20日(曇り)
 大鳥居〜手向街中〜宿坊街〜いでは文化記念館〜林道〜五重塔〜一の坂(ここから石段)
 〜二の坂〜三の坂〜合祭殿前広場
 
 ●石段数 2446段(約1.9Km)   ●距離 約5.6Km
 ●タイム 38分50秒 

 
石段・階段かけのぼりの中では、現在最も段数の多い大会。
 最初の約3.7Kmは富士登山競走のような感じの舗装された上り坂で、残り約1.9Kmが
 2446段の石段。石段の形は不規則で、途中ほんのわずかだがゆるやかに下っている個所
 もある。
  当日の朝、激しく降っていた雨がスタート時には運良く止んでくれた。気温もそんなに上が
 らず走りやすい状態だったが、石段に入るとそういうわけには行かず、勾配が急になるので
 汗がふき出してしまった。しかしこういう事がなぜか異常におもしろいから妙なものだ。
 完走後には、完走賞として庄内柿を戴く。おまけに遠来賞も戴いた。これがまた庄内柿が
 たくさん入った箱詰めで、ありがたいが重くて持って帰るのに一苦労。しかしこれからは、
 遠来賞ねらいもいいもんだ。
   

トップへ

スタート地点の大鳥居

石段の途中で

ゴールの合祭殿前広場

一着ではありません、いつもこんなカッコです

かけのぼりへ