トップへ
山歩きへ
近況報告へ
続・果無(はてなし)山脈
ルート図
 約8ヶ月ぶりに再びはてなしへ。前回は大雨大風のうえに笹ヤブも前に立ちはだか
り進むことができず危険と判断し途中であきらめたので、今回は前々から5月後半の
確実に晴れる日にねらいを定めて機会を待っていた。


2006年5月30日(晴れ)
 小学校前バス停〜小森〜和田ノ森〜P1150m〜安堵山〜最低鞍部テント場

 予報通り今日はいい天気だ。山に行く時は天気が不安定なのが一番気分が滅入る。
今回は明日もあさっても晴れて安定しているらしいから安心していられ気分も軽い。
 例によって乗客が自分一人だけのバスを降りて出発進行。割と勾配のある舗装道
路を20分程歩いて登山口に到着。ここからは土の山道となり樹林帯のジグザグの急
坂を過ぎると今度は直線ぎみの道を上って行く。こういう真っ直ぐで急な道は少々歩
きにくい。なんとか1時間程で尾根上に出るとしばらくで和田ノ森に着く。見晴しが無い
かわりに山つつじが一本申し訳なさそうに咲いていた。ここを下ると北面の景色が少
し見え束の間の開放感を味わう。又、ここからは左下に林道が沿うようになり笹も増え
てくるのでヤブになっている所は林道に逃げるようになっている。この林道でマムシの
死骸を見つけた。頭がつぶされていたので殺してから道に投げ捨てたのだろう。少し
引いてしまったがこんなことで引き返すわけにもいかず、用心して進むしかないだろう。
しばらく行ったら木に赤いテープが巻いてありそこからまた山道に入るが、見逃さない
ように気を付けたい所だ。次のピーク1150mへは笹薮道を掻き分けおまけにかなり
の急登なので足が重く感じる。頂上から下ると再び林道に出たので少し休憩する。虫
が多いので手ではらっているとシャツの上をうごめく不気味なカッコウをした虫を一匹
見つけてしまった。出発前から気にしていたマダニの一種で以前縦走した大峰や台高
山脈の時にもずいぶん悩まされたヤツだ。大きさは2〜3mmもあり、いつのまにか頭
の皮や手足等に食い込んでいて取ろうとしてもこれがなかなか取れない、しかもつぶ
そうとしても少々のことではつぶれない、それにこれに刺されるともし病原体を保有し
ていればツツガムシ病とかライム病に感染する恐れがあるというからまた厄介だ。まあ
これを覚悟で山に入ったのだから、ヘビと同様、注意して進むしかないだろう。再び山
道に入り笹を掻き分けながら安堵山に到着。ここも樹林に囲まれ景色は全く見えない。
安堵山を下ると左手に林道が現れ木を切出す広い作業場に出る。ここからは北方面
の素晴らしい山並みが見えるのだが今日はわずかに靄っていて残念ながらくっきりと
は見えず。写真は前回パノラマで撮っていたので今回は一枚だけにする。林道を少し
下ると右下からのスーパー林道と出会う最低鞍部に着く。前回来た時には左側にある
柵の道に密生していた笹がきれいに刈り取られていた。タイミングが良かったようだ。
この道を上ったところがテント場になる。この場所も笹で蔽われ全く気づかなかったの
だがきれいに整備され砂利もしかれていて一人用のテントなら4〜5張は張れるだろう。
ここからの南方面の眺めは実に素晴らしい。熊野の山また山が幾重にも重なり合い、
人里の全く見えないそれもたった一人で見る山だけの景色、これこそ理想的な山の景
色だと自分で勝手に思っている。賑やかな山もいいが静かな山はもっといい。この山
は静かなほうが断然似合っている。山もそのほうが喜んでいるだろう。あまりワンサカ
押しかけてほしくないもんだ。テントを張ってからは、日の暮れるまでたっぷりと時間が
あったので、どこまでも拡がる山並みをたっぷりどっぷり存分に眺め続けていた。


5月31日(晴れだがやや薄曇り、少し靄っている)
 最低鞍部テント場〜黒尾山〜冷水山〜P1234m〜カヤノダン〜公門ノ崩〜
 公門谷ノ頭〜筑前タワ〜P1117m〜ミヨウガタワ〜P1158m〜ブナノ平〜
 石地力山〜果無峠〜観音堂〜果無〜蕨尾〜十津川温泉バス停

 山の朝は早い。午前3時50分頃には空がほんの少し明るくなってきたのがテントの
中からでもわかる。予定を少し早めて4時前に起きることにした。外に出るとテントが
露で雨に降られたようにビショビショに濡れていた。きのうから今朝にかけての寒暖の
差の激しさのせいだろう。うっとうしいほどたくさん飛び回っていた虫達も寒さですっか
りいなくなっていた。一番楽しみにしていた早朝の澄みきった山の景色は全体的に薄
い靄がかかっており、遠くの方の山々が霞んでいてよく見えない。残念だがどうしよう
もないのであきらめて、しかし山々を見ながらのんびり食事をし、出発準備にかかる。
 午前5時47分出発。ここからの道は前回雨と笹ヤブで危険と判断しあきらめた所だ
が、ここもきれいに笹が刈り取られて歩きやすい道に変わっていた。30分程で黒尾山
に到着、展望はないがこの少し先でシカ2頭と出会う、というよりはガサガサッと音をた
て気づいた時には一目散に逃げ出していた。シカはこの縦走中に計4回5頭目撃した。
シカがいれば当然熊も気になるが、前回も今回もバスの運転手さんに聞いてみたが、
二人共いることはいるらしいが襲われたことは聞いたことがないということなのでたぶ
ん大丈夫だろう。とは思うがこれまたやはり気をつけて進んだほうがよさそうだ。さらに
30分ほどで果無最高峰・冷水山に着く。北側は樹々に邪魔されて視界が狭いが、南
側は開けていて展望はいい。しかし靄っているせいか、ハレーションを起こしてあまり
はっきりと見えないのが残念だ。いよいよここから先はあまり人が通らないということで
少し緊張して進むが、意外に道ははっきりとしていて歩きやすく、わかりにくいところも
赤テープが巻いてあるのでそれを忠実にたどれば大丈夫だ。P1234らしき(確認でき
ず)先でシカ1頭目撃、ピーッとかん高い声をあげて急斜面をすっ飛んでいった。快調
に進めたせいか次のカヤノダンも確認できないままいつのまにか公門ノ崩に出てきて
しまっていた。この先も同じような感じで進み鹿柵の張ってある公門谷ノ頭に上り着く。
ここからはこの縦走路ではヤブで一番道がわかりにくいところだが、鹿柵を左手に見
ながら行けば15分程で抜けられる。この近くに開けた場所があり北側の山々を見る
ことができ、大峰山脈も見えるらしいがこの日は薄靄とハレーションでどれがどの山か
はよくわからず。ここでもシカ1頭目撃、やはりすぐに逃げてしまった。道を下ると筑前
タワという広い場所に出る。なんかホッとする場所だ。稜線を忠実にたどってP1117
を越えミヨウガタワという峠に出た。十字路になっていて南は龍神村、北は林道出合と
書かれた道標も立っているが道は消えかけておりわかりにくそうだ。次のP1158を越
えたあたりでこの日5頭目のシカを見る。同じく見れたのは後姿だけ、この山のシカは
すべて素早い。鹿柵があることから人間にたいして異常に警戒しているようだ。しばら
く行って「この下5分、源助墓」という標識を見つける。気にはなったがめんどくさいの
で行くのはやめにした。まもなくしてブナの平に到着。一匹の丸くてでかいくまばちが
ブーンという大きな羽音を鳴らしながら飛び回っていた。冷水山にもいたが、こっちが
何もしなければただ周囲を飛んでいるだけだがまったく逃げないのでうるさくてしょうが
ない。はちさんのなわばりから早々に退散していよいよ果無最後の山、石地力山に向
かう。途中、北側下のほうに十津川村が見え、もうすぐ縦走も終わりかと思うと少し寂
しくなってくる。しっかりとした踏み跡をたどりながら上っていくと石地力山が現れた。
振り返ると冷水山が遠くに小さく見え、歩いてきた山脈も見ることができる。これらを眺
めながら食事をし、のんびりしてもまだ名残惜しい気持ちを払いのけて出発。20分程
下ると10人ぐらいの団体さんが休憩していた。標識からここが縦走路の終点・果無峠
とわかり、ずいぶんとあっけない幕切れという感じだった。最後の最後で初めて出会っ
た人たちで、これがまたなつかしく感じるのでおかしなものだ。ブナの平まではどのくら
いかかるのかと聞かれ時間を答えると往復しようと張り切っていた。写真を撮ってもら
い下山開始。木の段々を下っていくと観音堂に出る。天然の水を2本のホースで引っ
張ってきて豊富に溢れ出ている。トイレもあり。道端の石仏や近付いてきた十津川村
の方を見ながら整備された道をドンドコドンドコ下ってとうとう果無峠登山口に到着。
ここからは舗装道路を十津川温泉バス停まで歩く。あとから気づいたのだが下のほう
まで道路とは別に古道が続いていたみたいで、入る所に気づかず下りてきてしまった。
 午後2時28分着。北を向いても南を見てもすべて山また山の山だらけ、そのど真ん
中に位置する果無山脈をなんとか歩くことができ、やっとこさ念願成就。何はともあれ、
ヘビにも咬まれず、ダニにも刺されず、クマにも出会わず、良かった良かったようやった。
パノラマ写真

最低鞍部テント場からの南側の山々

果無山脈へ