氷 ノ 山

近況報告へ
山歩きへ
トップへ

この山も前々から気になっていた山で、中でもホードー杉と、あの加藤文太郎が
泊まった地蔵堂を見たかった。それに「ブン廻しコース」も全部歩きたかったのだ
が、これはコース的にも時間的(バスの時間も含めて)にも難しいので、もったい
ないが、今回はコースの一部分はあきらめ、巨杉と地蔵堂を優先することにした。


2009年10月11日(晴れと霧、一時強風)
 奈良尾登山口〜逆水キャンプ場〜東尾根登山口〜東尾根休憩小屋〜東尾根〜
 神大ヒュッテ〜千本杉〜みたらしの池〜古生沼〜氷ノ山〜こしき岩〜氷ノ山越〜
 赤倉頭〜布滝頭〜大平頭非難小屋〜ホードー杉分岐〜ホードー杉〜折り返し〜
 氷ノ山越〜弘法の水〜地蔵堂〜不動滝〜布滝〜福定親水公園〜鉢伏口登山口

 
ということで、午前6時ちょうどに奈良尾民宿村を出発。お空は完璧に晴れている。
宿から僅か20mぐらいの所にある登山口からセメントで舗装された道を谷に向かっ
て下り、谷底の橋を渡るとそこからは上りに変わり、スキー場のリフト横を上って行く。
と、100m程前方に動物が現れた。よく見るとシカで、しばらくこっちを見てから山の
方へと消えていった。それからは氷ノ山山頂付近まで「ピー」という高い口笛のような
鳴き声がよく聞こえていた。少し上って右の方を見ると遠くには朝日に照らされた鉢
伏山とその稜線が鮮やかに輝いて見えていた。その下の方には昨日泊まった民宿
村も小さく見えている。舗装と土の道を交互に進み、リフト終点を過ぎて氷ノ山東尾
根登山口に到着、ここからはいよいよ急な山道だ。少し休んでから出発、丸木ででき
た段々の多い坂道をヒィ〜コラヒィ〜コラ20分ばかし上ると尾根への分岐点に出、そ
のすぐ横には小屋があった。東尾根休憩小屋で、前に廻るとベンチもあり、中を覗く
と雑記帳が置いてあり、真ん中には小さな囲炉裏があり、灰の上には大量のタバコ
の吸殻が捨ててあった。どうにかならんもんかノォ〜。と、それを眺めながらまた少し
休憩してから出発、なだらかな尾根道になった。が、右から(海から)の風が強くて少
し寒い(海は見えないが)。途中で一の谷休憩所という広場があったが止まると寒い
のでそのまま通過、この辺は道も広くて歩きやすい所が多いので気持ちよく進める。
しばらく行くと水場に出た。豊富な水量で流れている。ここだけかと思っていたら20分
程歩く間にあと3ヶ所もあった。水場を過ぎた辺りから急に曇り出し霧も出だして空が
薄暗くなってしまった。今朝はあんだけ晴れていたのに、天気予報もでかいお日さん
マーク一つだったので今日は大丈夫だろうと思っていたのに、なんでこうなるのんヨ!
と、またブツブツ口ごもって歩いていると、神戸大学のヒュッテが現れた。割と大きな
ヒュッテで、扉には鍵がかけられ、窓には板が張られて中を見ることはできなかった。
少し汗を掻いていたのでベランダに腰掛けて冷やぐまで休憩してから出発、このあと
一瞬霧が晴れていい天気になったが、またすぐに曇ってしまった。しばらくで,千本杉
という背の高い杉がたくさんある場所に出、しばらく顔を上げて眺めていた。中には
古千本杉という老体の杉もある。また、この先には「みたらしの池」と書かれた標識
があった。洞窟があるらしいが、2〜3m行くと行き止まりで、一体どうなってんねん
という感じ。それに、すぐそばには「古生沼」の看板があるが、ここも金網が張られて
入ることはできなかった。そういうことで少し物足りない気分で歩き出すと、今度はす
ぐ目の前に霧で薄っすらとした小屋が見えた。氷ノ山山頂避難小屋のようで、どうや
ら上までやって来たようだ。山頂には誰もいなかった。霧でなんにも見えず風が強く
て立っているとかなり寒いので小屋に入ることにした。中には単独の男性が座って
いて、今日は仙谷から来たとのこと。話をしているとまた一人入ってきた。今度の人
は明日は植村直己の記念館に行くそうだ。外が強風で寒いのか続いてご夫婦連れ、
5人グループと次々に入ってきて、一辺にワイワイガヤガヤ賑やかになってしまった。
20分ばかし座っていると寒さで足が震え出し、ホードー杉のことも気になるので動く
ことにし、お先に退散させてもらって小屋を出る。下りかけると風は無くなっていた。
少し下って振り向くと、下りている時には気づかなかった「こしき岩」がポコンと飛び
出して見えていた。また、朝見えていた鉢伏山も時々山の合間から近くに大きく見え
るようになってきた。上ってくる人もたくさんおり、挨拶を交わしながら下っていると、
そのうちに氷ノ山越に到着、ここにも避難小屋があった。例によって中を見ると、や
はり囲炉裏があって周りが座れるようになっており、この辺の小屋はみんな同じ構
造のようだ。周辺では大勢の人がくつろいでおり、皆さん山頂へ向かわれていた。
自分も少し休んでから逆方向へと出発、ここからは下り基調の上り下りの繰り返し
になった。歩いていると緑色のいろんな見所の標識が出てきて、そのつど足を止め
て景色を眺めながら進んで行く。ブナの原生林を進んでいると、また小屋が現れた。
大平頭避難小屋で、前に廻ろうとしたら向こう側から挨拶の声が聞こえてきた。姿
が見えなかったので近づくと、単独の方が小屋の階段で写真を撮られていた。福定
親水公園から出発し、東尾根登山口からは自分と同じコースを進み、これからは鉢
伏山まで行かれ、ブン廻しコースを全部歩かれるとのこと。自分もコースのことを話
てから、時間が気になるので出発させてもらい、この方もほぼ同時に出発。なだらか
な道を5分程下ると今日の目的地のひとつホードー杉への分岐に到着。ここの分岐
は分かり難いのではないかと心配していたが、立派な道標があって迷わず行くことが
できた。入る所が少し不明瞭でこれがなかったら気がつかずに通過していたかもし
れない。あとはなだらかな坂を500m程下るだけで、スイスイとホードー杉に到着。
高さはそんなにはないが幹周りがどっしりとしている。幹の中央には過去に火で焼
かれた跡があり、木地師の焚き火か落雷によるものと推定され、幹は地上約2mの
所から4分割されている、と案内板に書いてあった。写真を撮っていると、先程の方
も到着して写真を撮られていた。ついでに自分の写真も撮って頂く。一通り見物した
あと二人共分岐へと引き返し、そこで少し話をしてからそれぞれの方向へと別れる。
色々な山を歩いておられ、山スキーもされていて、健脚な方だ。(HPを教えて頂く)
さて、自分も鉢伏山へ行きたかったのだが今回はもひとつ目的地があった為、、止
む無く氷ノ山越へと戻って行く。と、すぐそばに広い場所があり、時間的にもちょうど
良かったので昼食にした。食事をしていると、鉢伏方面からご夫婦連れの方が挨拶
をしながらゆっくり氷ノ山方面へ向かっていった。空は相変わらずの曇り空で、20分
ばかし座っていると寒くなってきたので出発。帰りは上り基調の上り下りの道になり
足がだるくて少々きつい。しばらく行くと先程のご夫婦が上りの急坂の途中で食事を
されていて、また挨拶を交わしながらお先に行かせてもらう。ヘェ〜コラへェ〜コラと
尾根の上の方まで上って来ると、ようやく霧が取れて晴れ間も少し見え出し、この日
初めて氷ノ山の山頂を見ることができた。てっぺんの避難小屋もはっきり見えている。
またこの辺りから、ひとり、ふたりと、途切れ途切れに鉢伏方面へ向かう人達とすれ
違うようになってきた。鉢伏山がよく見える所から写真を撮っていると、少し上から挨
拶の声が聞こえてきた。振り向くとこの方も大きな三脚を立てて写真を撮っておられ
た。佐賀の方から来たとのことで、鉢伏山へ向かうとのこと。ホードー杉のことを話す
と、時間的に難しいが一応行ってみて、遅くなったら鉢伏山手前で下りるということに
なった。氷ノ山を眺めながらひと山越えると氷ノ山越に到着、まだ人はたくさんおられ
けっこう賑わっていた。避難小屋の中で少し休んでから下山開始。すぐに「一口水」と
書かれた水場に出た。水は豊富に流れていたが、喉が渇いていなかったのでそのま
ま素通りして下って行く。またこの辺からは沢の水が流れ出してきていて濡れた道が
続いており、避けながら行くので歩きにくい。10分くらい下ると今度は「とうろう岩」と
書かれたプラスチックでカバーされた写真付きの立派な看板が立っていた。覗いて
見ると氷ノ山山頂はなんとか見えていたが、岩は木に邪魔されて確認できなかった。
そして、それからしばらく樹林帯を下って今日の一番の目的地、あの加藤文太郎が
泊まった「地蔵堂」に到着。中には入らなかったが、青いトタンで囲まれたお堂の前
に行くと正面の奥にお地蔵さんがおられた。このお地蔵さんを見ながら寝ておられた
のかどうかはわからないが、とにかくついに文太郎殿に会えたような大層で大袈裟
な気分になりきり、しばらくは感慨深げにボーッと眺めていた。ということで、あまり長
居をしてもお邪魔になるので、名残惜しいがそろそろ失礼する。ほんだら、さらばじゃ!
クネクネと曲がりくねった坂を10分程下ると不動滝の標識に出る。水の音は聞こえ
るが木に隠されて殆ど見ることができなかった。続いて布滝があったがここも同じく
長い形状がなんとなくわかるくらいだった。そして、トコトコと下って行くうちに親水公
園登山口の広場に到着、閉鎖されている休憩小屋前で食事をしている3〜4人の登
山者の横を通り過ぎ、たくさんの自動車が止まっている駐車場を抜けて、舗装道路を
しばらく歩いてから最終地点の鉢伏口バス停に出てきて終わり。と思ったが、バスの
時間まではまだ1時間半もあり、待つのもめんどくさいので昨日降りた奈良尾のバス
停まで歩くことにした。途中、スキー板を履いた大勢の学生が道路の上を滑りながら
鉢伏方面に向かって上って行くのに出会ったが、うまいこと滑れるもんだと関心する。
奈良尾に着くと、昨日泊まった民宿の方が外に出ており、話をしながらバスを待った。
空はいつものように今頃になってええ天気になってきやがって、ええかげんにしてチョ〜!

偉大なる老大なる山の主 ホードー杉様