飯豊連峰(杁差岳~大日岳~飯豊本山)

8月21日
トップへ
山岳縦走へ
山歩きへ
近況報告へ
地図
朝日連峰

天狗の庭付近からの大日岳

  昨年行った      、とくりゃあ、お次は当然、飯豊連峰、を思い浮かべる人
  が多い、かどうかはわかりまへんが、とにかく今年の夏山歩きは飯豊連峰へ。

2012年      (晴時々霧)(写真)
  足の松登山口~姫子の峰~滝見場~英三ノ峰~ヒドノ峰~イチジ峰~西ノ峰
  ~大石山~鉾立峰~杁差小屋~杁差岳~鉾立峰~大石山~頼母木小屋~
  頼母木山~地神北峰~地神山~扇の地紙~胎内山~門内小屋~門内岳~
  北股岳~梅花皮小屋

  ということで、宿の前で午前5時50分始発の登山口行きの登山タクシー(乗合タ
クシー)を待っていると少し早目にやって来た。ここから登山口までは車の乗り入れ
が禁止の為、マイカーの人はここで乗り換えとなり、そういう人が今日は女性1名お
られ、計2名で始発時刻少し前に早々に出発。登山口には5分余りで到着し、料金
300円を払い、写真を撮ってから午前5時55分ぐらいに登山口を出発。少し進む
といきなり急登が始まり、ちょうどここで追いついた女性が道を譲って下さり、お先
に行かせて頂く。ここから大石山までは高低差で1100mの急登が続く。木の根が
露出した道が続いて少々歩きにくいのと暑いのと急登が重なって早やヘトヘト状態。
後ろから来る女性は同じような間隔で続いている。この人は地元新潟の人で、ここ
からはよく上っておられるそうで、今日は門内小屋の管理人さんと知り合いなので
そこへ泊まり、明日引き返すとのこと。しばらく上っていると上の方でチリンチリンと
いう鐘の音が僅かに聞こえてきた。鳴るてんぽが早く初めは下山して来ているのか
と思ったがなかなか姿が見えないのでどうやら上っているようだ。そのうちに姿も見
え出し追いつくと一人ではなく4人もいた。全員同じ作業服を着ておられ軽装備とい
う感じで、今日は上の方で笹刈等の道の整備をされるそうだ。この暑い中、大変な
ことだ。すでに端に寄って道を開けて下さっていたのでお先に行かせてもらう。しば
らくすると右方向に隣の尾根が見え出し、視界がほんの少しだけ開けてきた。近く
に「岩場あり、足元注意」の看板が、先を見るとロープの張ってある岩場が現れた。
少し下り気味だったので滑らないように慎重に通過、また急坂を10分程上ってから
姫子の峰に着いた。眺めのほうはまだまだだが逆光でまぶしい大石山方面の上の
ほうだけがようやく見えてきた。相変わらずの木の根の道を20分程行くとまたロー
プが張ってある岩場に出た。今度は岩が尖っており、さっきよりは危なっかしそうな
ので、より慎重にソロソロと通過。ここを過ぎると15分ばかしで滝見場と書かれた
標識の所に出た。ここで単独の男性が休憩しておられたので自分も次いでに休憩
する。この人もやはり地元の人で今日は杁差岳だけを往復して帰られるとのこと。
荷物も軽目にしておられ、すぐに上って行かれた。と、入れ替わるように今朝の女
性がやって来た。やはりここで休憩し、おにぎりを食べながらゆっくりされるようで、
さっきの作業服の人達もやって来たのでお先に行かせてもらう。だいぶあとになっ
てから気がついたのだが、滝見場では人が入れ替わったり話をしたりでゴタゴタし
ていたので、滝を見るのをすっかり忘れていた。少し上ると英三ノ峰という所に出た
が、あまり展望は無くそのまま通過、高度感のある深い谷を見ながらもうしばらく上
ると鉾立峰が見えるピークのような所に出た。山名板は見なかったがヒドノ峰のよ
うだった。ここからほんの少し下ると左側に水場の標識がある分岐点に出、ここを
右折。またしばらく上ると大分眺めが良くなり出し、振り返ると西方面の山並みが
よく見え、二王子岳もはっきり見えている。景色を見ながら相変わらずの木の根が
張った急登をゆっくり進んでイチジ峰に到着。ほぼ上の方に出てきたようで、大石
山の西ノ峰がこちらと同じぐらいの高さで間近に見えている。また、南方面には仲
良く並んだ二つ峰もきれいに見えていた。休みながら景色を眺めたあと、のんびり
進んで行くと今度は左真横に鉾立峰が大きく現れ、それはそれは素晴らしい眺め
だったノォ~。それからしばらくで西ノ峰に到着、ここからの眺めも実にすんばらし
い!。これから往復する杁差岳、また今日向かう地神山方面が遠くまで壮大に拡
がっている。ということで、歩いては止まり歩いては止まりで、ようやくのことで急登
の一番上、大石山に上り着くことができた。暑さときつさでヨレヨレ状態だったが、
時間的に余裕がないので少しだけ休んでから杁差岳に向かう。辺り一面に咲く綺
麗なお花畑の中を下って行くと、前方に鉾立峰が見え出した。大石山からは後ろ
の杁差岳と重なって見えにくかったのだが、下から見るとものすごい急登だ。ここ
を荷物を持って上ると、暑さときつさで完全にバテると思い、鞍部らしき所に着いて
から荷物を置いて、一食分の飲食物だけを持って杁差岳に向かうことにした。おか
げで体は軽くなったのだが、ここまでのダメージと猛烈な暑さ、急登で荷物を持っ
ている時と動く速さは殆ど変わらない感じだ。ということで、ヨロヨロしながらもなん
とか鉾立峰に到着。地神山方面と杁差岳はよく見えて眺めのほうは良かったのだ
が、日陰も無くフラフラなのですぐに出発。急坂を、戻る時はここをまた上り返すの
かとげんなり気分で下り、鞍部まで来て振り返ると壁のような急登が眼前に倒れて
くるような感じの迫力で、またげんなり。気を取り直して前を見ると杁差岳の頂上が
僅かにのぞき、その手前には杁差小屋も見えていたので、もうちょっとや、とやや
元気を取り戻し上って行く。途中の道の傍に飯豊の開拓者、藤嶋玄氏のレリーフ
があり、写真を撮りながら通過、そこから少し上って朳差小屋に到着。前を見ると
今朝滝見場で会った単独の人が花の写真を撮りながらちょうど頂上から下りて来
ているところだった。この周辺にもいろんな花がたくさん咲いていて、のんびりした
い所だ。が、時間が気になってそうもいかず単独の人と挨拶を交わしながらすれ
違い、頂上へと向かう。そしてまずは飯豊の北の主峰、朳差岳に到着。やっとこさ
やって来たという感じで、もうヘトヘト。また、ようやくここからが飯豊連峰の縦走開
始地点となる。今日は梅花皮小屋まで行く予定なのだがこの状態では少し不安で、
ダメだったら手前の門内小屋になるだろう。景色の方はまあまあよく見えてはいた
が、去年行った朝日連峰が靄で見えなかったのが少々残念。一通り景色を眺め
たあと頂上を離れる。単独の男性はもう姿が見えなくなっていた。お花がたくさん
咲いているので自分も写真を撮りながら朳差小屋まで下りて中に入る。ようやく強
い日差しから逃れることができ、やれやれ。二階建ての綺麗な小屋で1階に管理
人室があったが鍵が掛かっていて管理人さんはいないようだった。時間を見ると
午前10時半頃だったが、朝早く食べていたので食事にすることにした。と、丁度
食べ終わった頃に単独の男性が入ってきた。頼母木小屋に荷物を置いて小さい
リュックを背負って朳差岳を往復しに来られたようで、今日は飯豊山荘に下山する
そうだ。水場の場所を聞かれたが、こっちも今来たばかりなのでわからず、このあ
と外に出て行かれた。自分ものんびりできて少し元気を取り戻すことができたので
出発することにした。外に出て小屋の裏側に回ると水場の標識があった。ここから
少し下った所にあるようで、さっきの人は水場に行ったかどうかはわからないがす
でに姿はなかった。再び暑い中を下り始め鞍部に到着、またもや避けては通れな
い鉾立峰の急登を我慢我慢でノロノロと上り、どうにかこうにか上まで出ることが
出来た。初めに着いた時よりも、今度は戻るだけなので幾分気分は軽い。も一度
周りの山々をじっくり眺めてから大きく見える大石山に向かって出発。急坂を少し
下ると今朝足の松尾根で会った四人グループの人達がやって来た。今度は自分
の方が道を譲って滑りやすく細い急坂道を慎重にすれ違う。しばらく下るとまた単
独の男性がやって来た。この人も頼母木小屋からやって来られ、やはり朳差岳を
往復するそうで、小さなリュックで軽くされていた。下まで下りると緩やかな上り下
りのあと荷物を置いた場所に到着、喉が渇いていたのでまず水を飲んでから大石
山へ。ここの上りはそんなに急ではないのだが、荷物が加わったので、体が重くて
なかなか進まない。おまけに両足の太ももがグルグルグルっと痙攣しかかってきた。
こりゃあまずいと思い、一時ストップ、完全にはひきつっていないので少し休むとま
た普通に歩けるようになり、そのままゆっくりゆっくり歩いて行ってなんとか大石山
まで戻って来ることができた。往復が終わり、これで今日の予定は高低差のあまり
ない尾根を南下するだけなので、気分も大分落ち着いた。少し休んでからここから
小さく見えている頼母木小屋に向け出発。お花がたくさん咲いているなだらかな道
を快適に進み、小屋への最後の坂を上っていると、後ろから足音が聞こえてきた。
振り向くと先程朳差小屋で会った人で、力強い歩き方で追い越して行った。そして
しばらくで頼母木小屋に到着、外には管理人さんが出ておられ、さっきの人と水場
で話をされていた。ここの水場はホースで引いていて豊富に流れており、自分もそ
こで顔や腕を洗わせて頂いてから水を補給しながら休憩。トイレを覗くと、大の方
は自転車型の足こぎ式で使用後は前に20回以上、後に10回以上こいで下さいと
いう説明書きがあった。小屋の中にはリュックが二つあり、先程会った人と外の人
が置いているようだ。外に出て三人で少し話をしてから、まだ先があるのでお先に
失礼して頼母木山へ。ゆっくり上っていると霧が出始め、山頂に着いた時はなんに
も見えず、仕方なく写真を撮ってからすぐに出発。緩やかな上り下りを進んだあと
急坂を上って地神北峰に到着。やはり何も見えないのですぐに通過、草原のような
広大な所を心地よく進んでいると、前方の上の方で賑やかな話し声が聞こえてきた。
近づいてみると4人の女性グループが地神山の頂上で寛いでおられ、この人達も
今日は飯豊山荘へ下山されるようだ。頂上は相変わらずの霧で視界がなく女性グ
ループと別れてから自分もすぐに出発。急坂を下りていると、霧の中からポツンポ
ツンと点在する雪渓が見え出した。山肌の緑と白のコントラストで久しぶりに見ると
綺麗なもんだノォ。と、それもつかの間、前方に扇の地紙(漢字は神ではなく紙と書
くらしい)、その右方には門内岳方面の大きな山容が見えて、ハァ~ッと大息吐息。
またも我慢我慢で扇の地紙に到着、前を見るとまだ少し上っているので進んで行く
と、胎内山だった。この辺は笹がきれいに刈り取られ歩きやすくなっている。ここを
抜けると前方の霧の中から門内小屋が突然間近に現れた。近づくとこの小屋もさっ
きの頼母木小屋と同じく宿泊小屋と管理人小屋が別棟になっていた。水は確認しな
かったが今年は引いているらしく、が、量のほうはチョロチョロらしい。トイレはここも
足こぎ式。少し休憩してから、先程から管理人室から話声しているので覗いていると
今朝登山口を一緒に出発した女性が出てこられた。適当に適当な話をしてから、予
定通りこの先の梅花皮小屋までなんとか頑張ってみると言って別れる。それから門
内岳には数分で到着、やはりなんにも見えずさっさと出発、今度は北股岳へのでっ
かい上りを見ながら下って行く。鞍部まで下って重い足をゆっくり前に出しながらま
た上っていると、単独の男性が下りてきた。この人も体を重そうにしてゆっくりと歩い
ておられ、梅花皮小屋のことを聞くとまだ大分あるそうで、がっかりしながら擦れ違っ
ていった。本日最後の上りを意識朦朧、とそこまではいかないが、同じような感じで
フラフラしながらどうにかこうにか霧で囲まれた北股岳に到着。門内岳からは一時間
近くもかかっていたが、時間的には日が暮れるまでにはまだかなりの余裕があり、あ
とは下るだけなのでのんびりと時間をつぶす。やや元気回復後出発、下を見ると急
坂の向こうに本日宿泊の梅花皮小屋が見えた。ついにやってきたかと弾む心を抑え
ながら滑りやすい急坂を慎重に下って行く。小屋に近づくと小屋の横で5~6人の人
が輪になって団欒されており、小屋の向こう側にも4人おられた。ここも宿泊棟と管
理人棟が別れており、まず管理人棟に行って管理協力金1500円を払いに行く。渡
された領収書に今日のコースと明日以降の予定を書いて管理人さんに渡すと、それ
を見て驚いておられたが、自分でもよくここまでやって来れたもんだと自身が驚いて
いる。兎に角暑かった、きつかった、余裕もなくいっぱいいっぱいだった。部屋のほ
うは一階が満員で二階は空いているので場所はどこでもいいということで、一人で
広い二階へ行くと二人組がおられ、他に4人のグループがいるが、今は外で食事を
しているみたいでさっき見た4人のようだ。ということで二階でのお泊りは自分含め
て計7人。座って二人の人と山の話をしているとしばらくして4人が戻って来られた。
ので、みんなで話をしながら右足を動かそうとしたら、太ももの内側が引きつってし
まい、痛え痛え。昼頃痙攣しかかった時は太ももの裏側だったのだが、違う所が痙
攣してしまった。硬直した足を手でさすっていると二人組の一人が鍼灸関係の資格
を持っておられるらしく、マッサージをして下さることになり、10分程足の裏やふくら
はぎをほぐして頂いた。大分落ち着いたので食事をし、暗くなってきたのでぼちぼち
寝ることにした。その前にヘッドランプを付けてトイレ(ここのトイレは足こぎ式ではな
く水洗トイレ)に行ってから、外に出て少し夕涼み。外はもう真っ暗で、かけたおっ月
さんが快晴の空を照らしており、そりゃあもう綺麗じゃったノォ。で、このあとご就寝。

8月22日(晴後霧)(写真)
 
梅花皮小屋~梅花皮岳~烏帽子岳~亮平の池~御手洗ノ池~天狗の庭~
 天狗岳~御西小屋~大日岳~御西小屋~御西岳~草月平~玄山分岐~駒形山
 ~飯豊本山~本山小屋~御前坂~御秘所~姥権現~草履塚~切合小屋~
 種蒔山~三国岳(三国小屋)

 
ということで、お決まりの、ということで、日が変わる。夜中はいつものように熟睡は
できず、寝たり起きたりで、午前4時頃起き上がる。横の4人グループは既に起きて
朝食の準備をしておられ、二人組はまだ寝ておられた。どちらも一昨日は御西小屋
に泊まって今日は飯豊山荘に下山されるとのこと。今回は自分と同じ方向に縦走され
る人は一人もいないのでチョッピリ寂しい感じもするノォ。ほんのりと明るくなったので
窓から外を見ると地平線が赤く染まり、なんとも言えない美しさなので早速写真を撮っ
ておく。ところでこの写真のことなのだが、撮っている時は全く気づかなかったのだが
家に帰って見ていると青いすじ状のものが地平線から上の方に延びて写っていること
に初めて気がついた。どういう気象現象なのかわからないが、初めて見るものでとに
かく美しい限り。写真を撮り終えて自分も食事をしていると、午前5時頃4人グループ
が小屋を出て行かれた。こちらも食事を終えてから出発準備をし、二人のグループと
挨拶を交わして外に出、まず水を補給しに行く。水場は小屋から30mくらいの所にあ
り治二清水というらしく、やはりホースで引いていて豊富に流れている。容器を満杯に
したあと午前5時15分頃快晴の中出発、目の前の梅花皮岳に向かう。足が気になっ
たが、昨日のマッサージのおかげか一晩休んだおかげかわからないが大丈夫のよう
なので、とりあえずゆっくりゆっくり上って行く(多分両方の効果が出ているのだろう)。
振り向くと大きな北股岳が朝日に染まっていい色を出していた。昨日歩いてきた門内
岳や地神山もよく見えている。また、目を凝らしてよく見ると小屋で一緒だった4人グ
ループが北股岳を上っているのが小さく見えていた。これから向かう大日岳も真横に
並んで朝日を浴びて輝き、雲海も加わって実にいい眺めだワ。お花のほうもハクサン
シャジンがはつらつと咲いており朝から元気一杯という感じだノ。下から30分程上っ
て本日最初の山、梅花皮岳に到着、少し離れて山名柱が二つ立っていた。ここから
の景色も素晴らしく、靄でぼんやりとはしているが遠くに朳差岳も見えるようになって
きた。一通り眺めまわしてから出発、坂を下って行く。この辺にはヤマハハコやタカネ
マツムシソウ等のお花が咲いていて道端の景色のほうも楽しませてくれる。しばらく
上ってから、ポン、と飛び出したように見えていた烏帽子岳に到着。ここからの景色
もまたまた素晴らしい。さっきは朝日が眩しくて見えにくかった飯豊本山もはっきりと
見えるようになり、そこから延びる稜線も大日岳へ長く続いていた。頂上から立ち去
るのは惜しいのだが、梅花皮岳、烏帽子岳共、滞在時間が長目になっていた為、や
むなく前へ進んで行く。坂を下っていると道の傍に雪渓が現れ、そのすぐ近くでニッコ
ウキスゲがたくさん咲いていた。遠くを見るとそれらを従えたような格好で大日岳や
飯豊本山が大きく見えていた。ここの下りでは単独の男性と少し間をおいて三人の
男性グループとすれ違う。烏帽子岳を下りきって振り返ると歩いて来た三山(北股岳、
梅花皮岳、烏帽子岳)がきれいに並んで見えていた。しばらく行くと小さな水溜りがあ
り、これは亮平の池かどうかはよくわからなかった。しかしもう少し行くと今度ははっ
きりと区別できる池が現れた。木柱には御手洗ノ池と書いてある。よく見るとどこから
湧いてきたのか、なんとお魚さんが群れで泳いだおられた。あちらこちらに咲くニッコ
ウキスゲを見ながら進んでいると、前方のかなたに御西小屋が点のように小さく見え
出す。まだだいぶとありそうで、それに続く長い稜線の先にある大日岳を見るとさらに
気が遠くなりそうだワ。力の出ない重だるい体をなんとか前へ前へ、ノロリノロリと進
んでいると、大日岳が実に素晴らしい形で見える場所にやって来た。近くにあった木
柱を見ると天狗の庭とい書いてあった。道の反対側がちょっとした広場になっており
小さな池が二つあって開放感のある所。天狗様はいつもこの一等地から胡床でもか
いて大日岳を眺めておられるようだノ。ちょっとしたハイマツ帯を過ぎ、御西小屋がだ
いぶ大きくなってきた辺りでまた単独の男性とすれ違う。相変わらず前を見ても後ろ
を見ても自分と同じ方向の人はおらず、殆どの人が中間点の飯豊山荘に下山されて
いるようだ。景色に見とれていたせいか、山名柱を見なかったせいか、天狗岳には気
づかずに通過し、御西小屋に着いてしまった。やれやれと大息をついてしばらく休憩、
小屋の前では管理人さんと一人の女性が立ち話をされていた。その傍にはリュックが
三つ置いてあり大日岳を往復されているようだ。体が落ち着いてから自分も荷物を小
屋の前に置かせてもらい、水と1食分の食料を持って大日岳に向け出発。ここからの
大日岳は方向が変わって稜線を行くことになり、かなりの急登に見える。初めのうち
はお花畑もある緩やかな坂をのんびり下り、下り終えると今度は緩やかな上り下りに
変わって急登の下まで到着。見上げるとものすごい急登、おまけに激烈な暑さなので
バテないようにゆっくりゆっくり上って行く。上を見ると二人の男性が上っているのが
小さく見え、振り返って下を見ると単独の男性が上って来ていた。しばらくでこの単独
の人に追いつかれ追い越されていった。この人は飯豊本山小屋からやって来られた
ようで、やはり軽装で大日岳を往復して川入の方へ下山されるようだ。見ていると上
にいた二人の人も追い越して行った。またしばらく上っていると今度は三人の女性グ
ループが下りて来た。さっきの小屋前に荷物を置いていた人達のようで、挨拶を交わ
しながらすれ違う。暑さときつさに耐えながらもう少しで上に出ようというところでさっ
きの単独の人が早くも下りて来られ、急ぎ足で下山されて行った。また、この辺りから
無情にも急に霧が出始め出しやがった。なんちゅうこっちゃとバテバテで大日岳の頂
上に着いた時はなんにも見えず。頂上には既に二人の男性が着いて寛いでおられ、
この人達もあまり景色は見られなかったらしい。自分も飯豊連峰最高峰からの眺めを
楽しみにしてやって来たのだが、あっさりとオジャンになってしまい、大残念!!!!
しかし、よくぞここまでやって来れたもんだノォ~、と、これには一応大満足!!!!
時計を見るとまだ午前10時頃だったが朝食が早かったのでここで食事にした。晴れ
てくれんかノ~と空しく霧を見ながら食べていると二人組が下りて行かれた。結局霧
は晴れず、写真を撮ったりして30分余りのんびりしたあと下山開始。滑りやすい急坂
を慎重に下り、霧の中に僅かに見えるとんがった牛首山を見ながら下のほうまで下り
て来ると、5~6人の男女のグループがやって来た。梅花皮小屋の水のことを聞かれ、
豊富にあると言うと安心して上って行かれた。なだらかになった道を戻っていると、行
く時には気づかなかった池が下の方に見えていた。手前の山に隠されて全体は見え
なかったが、砂浜のようなものが見えていていい景観だ。この辺からはまた上りにな
り、近くにたくさん咲いているお花を見ながら小屋への最後の急坂を重い足を上げな
がらゆっくりと上って、なんとか御西小屋まで戻る。往復というのは同じ道を歩くので
めんどくさくてかなわんが、朳差岳と合わせてこれで二つ共終了し、だいぶ気分が軽
くなった。荷物の近くには管理人さんが座っていて下さり、お礼を言ってから少し休
憩。すぐ下の雪渓を見ると単独の男性がそこの水場で水を補給しておられた。しばら
くして体も少し回復してきたので、管理人さんに挨拶をして出発、いよいよ飯豊連峰
南側の主峰・飯豊本山に向かう。晴れていれば本山は見えていると思うのだが霧で
見えないまま進んでいると、大平原のような所に出てきた。木柱を見ると御西岳でど
こが山頂かわからないようなだだっ広い所。しかし、辺り一面にはいろんなお花が咲
いていてそれはそれは実に壮観だったナ。平坦な楽チンの道を20分余りのんびり
進んでいるとかなり大きな雪渓が見えてきた。地図を見るとそこには弘法清水という
水場があるようだ。この辺からは上りに変わり、前の方で男性の二人組の一人がそ
の雪渓の写真を撮りながらこちらに下りて来ていて、すれ違ったあと、自分も真横あ
たりから写真を撮っておく。すぐ近くに玄山道分岐と書かれた木柱があったが、分岐
の道はよくわからず上へと上って行く。霧で暑さは幾分和らいでいるのだが、急登で
フラフラ状態、15分ばかし上って駒形山に出た。ここを越えていよいよ飯豊本山へ、
ここの上りがまたきつい、ヨタヨタしながら頑張るがどうにも力が入らず、頂上まであ
と数十メートルというところで動けなくなりまた休憩。石の上に座って振り返り、来た
道を上から見下ろし気分転換。再びヨロヨロと上り始めて僅かで頂上に到達。ついに
やって来た飯豊本山、人は誰もいない、景色も霧で全く見えない、余裕もない、ない
ないづくしで申し訳ないが、とにかく満足感だけは十二分にあったノォ。この飯豊本
山には8年前に来ているが、この時は川入から往復しただけだった。あの時も天気
はあまり良くなく景色は見れずじまい、山名柱は昔の写真と比べると随分立派なもの
になっていた。オヤツを食べながらゆっくり休み、まだ先は長いので気分を新たにし
て出発。砂浜にあるようなサラサラの砂の上を通りながら10分余り行くと本山小屋
に到着。小屋の前では管理人さんを含めた三人がイスに座って団欒されていた。今
日はどこまでと聞かれ、できたら三国小屋までと言うと、雨が降るかもしれないと言
われたのでそうなったら手前の切合小屋に泊まることにし、先を急ぐことにした。途
中で大きなリュックを背負った単独の女性とすれ違って、5分程下ると水場の標識。
急な所を少し下った所に流れており、8年前はそこで補給したが今日は行かずに通
過。ザラザラの滑りやすい御前坂という急坂を下っていると道がそれてしまったらし
くハイマツ帯の行き止まりになってしまい、上り返す。雨のことが頭にあり、少し焦っ
ていて砂場のわかり難い道をあまり確認せずに下りていた。元のコースに戻って一
安心、坂が終わると前方に大きな山が現れ愕然とする。草履塚という所で、8年前
には通っているのだが完璧に忘れていて、本山小屋からは下りばっかりと思ってい
たのでショックったらありゃしない。体力に余裕はなく、この山を越せるのだろうかと
一時は本気で思ってしまった。と思いつつ進んでいると御秘所という鎖場が現われ
る。ちょうど単独の男性が越えて来るところで、通過するのを待ってから歩き出す。
少し危険な岩場で、体に力が入らない自分にとってはなお危険、ソロリソロリと慎重
に四つん這いになりながら進んでいると、下から男女のペアが上って来て道を譲っ
てなんとか無事通過。伝説の権現様がおられる姥権現を通って草履塚の上り口に
到着、見上げると今の自分にとってはとんでもない急坂にみえる。止まっているよう
な動きで上っていると三人の男性グループが下りて来た。動作が鈍くなっている為
端に寄って先に通ってもらい、フラフラになりながら20分近くかかってやっとのこと
で上まで出ることができた。たくさんのトンボさんが楽しそうに飛んでいらっしゃっる
中を進んで前方を見ると、またでっかい山が目に入ってきた。お次は種蒔山で、見
たところ今度はそんなにきつくはなさそうなので少しホッとする。よく見るとその手前
に切合小屋が小さく見えていて少し元気も出てきた。小屋まではなだらか道で20分
余りかかって到着、小屋前ではたくさんの人が賑やかにされていた。時刻は午後三
時前でここに泊まってもいい時間なのだが、天気はなんとか持ちそうなので三国小
屋まで行くことにした。三国小屋には水場がないのでここで補給、水はホースで引い
ていて大量に流れているので顔や腕を洗い、おまけにお腹に飲みだめしてから出発。
少し行くと小屋関係の人が散歩されており、小屋までの道のことを聞くと、あと数回の
上り下りがあるとのこと。10分余りかかってまず種蒔山に到着、といっても道は頂上
には行かず横を通っていた。振り向くと草履塚と飯豊本山が黒い雲の下になんとか
見え、前方には三国岳と三国小屋、それにその手前にはこれから通らなければなら
ない上り下りが見えていて少々げんなり。10分ぐらいの間隔で上り下りを繰り返して
いる途中で二組のご夫婦連れが少し間を置いてすれ違い、三国岳が大きく見える所
に出た。あとは上るだけと思っていたら崖に三段ハシゴがかかった急下りが現れた。
上るのは大したことはなさそうだが、弱った体には危なっかしくハシゴにしがみつきな
がら恐る恐るビクビクしながら下って行く。ハシゴの乗り移りが危なかったノォ。まあ
なんとか無事通過し、いよいよ本日最後の三国岳への上りが始まった。ここの上りも
きつく両手で草を掴みながらジワリジワリと這い上がり、午後4時ちょうど頃三国小屋
裏に上り着く。そして表に廻って三国岳に到着。ついにやって来ました、やって来れま
した。今日もとにかく暑かった、厳しかった、余裕は全くなくギリギリのいっぱいいっぱ
いだった。所要時間を比べてみても、標準時間で今日のほうが短い予定だったのが、
逆に今日のほうが長くかかっており、バテまくっていたことがよくわかる。ただ、そんな
中で足の引き攣りが全く起こらなかったことは運が良かったといえるノォ。小屋前の頂
上には管理人さんの他、4人の男性グループと男女の親子連れがおられた。ちょうど
よかったので早速宿泊をお願いし、手続きを済まして管理協力金2000円を払う。寝
る場所は1階が混んでいるので広い2階に案内され、一人だけの独占状態となった。
場所が自由に使えるので周りに荷物を広げて食事にし、終わってから景色を見に外
に出た。北方面は曇ってはいるが霧は無く、歩いて来た大日岳方面がよく見えていた。
南方面は晴れ間があり、ちょうど入道雲がモクモクと湧いて大きくなっているところで
時おりゴロゴロという雷の音も聞こえていたが、それ以上のことは起こらず雨は降らな
かった。そのうちに薄暗くなってきたので、そろそろ寝ようと小屋に戻る。1階は涼しい
のだが2階は日差しで温められていてものすごい暑さで、長袖のTシャツ一枚と横に
ウインドブレーカーを置いて寝ることにした。ということで今日も無事終わり、ご就寝。

8月23日
(晴れ)(写真)
 
三国小屋~疣岩山~獅子沼分岐~疣岩分岐~松平峠~水場~祓川山荘~
 林道分岐~林道~弥平四郎登山口~デマンドバス乗り場


 
ということで、やっぱり、ということで、三日目がやってきやした。朝はさすがにヒンヤ
リとはしていたが、昨晩も同じように熟睡はできず、寝たり起きたりトイレに行ったりし
て夜を明かす。今日は行程が短いのでゆっくりしようと思っていたのだが、目が覚めた
まま横になっているのも案外しんどいので午前5時過ぎ頃起き上がる。出していた荷
物をのんびりとまとめてリュックに入れたあと、外の空気を吸いに行くとちょうどお日さ
んが顔を出したところで、山々が朝日を浴びてまた一段と素晴らしく輝いていた。遠く
の方では吾妻連峰、安達太良山、磐梯山等が雲海を従えて並んでいて、実にいい眺
めだワ。周りの写真をたくさん撮りながら景色を堪能したあと小屋に戻り、食事にする。
これが今回の山での最後の食事になる予定なので、ゆっくり味わいながら食べ、少し
食後の休憩をしてから出発の準備をして1階に降りる。1階には登山靴が一つだけ置
いてあるだけで人の気配はなかった。外に出ると管理人さんがおられ、管理人さんに
よると皆さん上を目指して出発されたらしい。山を眺めながら話をしていると上の方か
ら二人組が下りて来るのが小さく見える。昨晩切合小屋に泊まった人が下山している
ようだった。10人のうち9人ぐらいまでが川入方面へ下山されるらしいが、自分は8年
前は川入からの往復だったので、同じ道を行くのもつまらんから予定通り弥平四郎へ。
ということで、自分もそろそろ出発することにして管理人さんとお別れし午前6時20分
頃に出発、まずは緩やかな坂を下って行く。ほんの僅かで右側に大日岳方面が再び
見え出し、正面にはこれから通る疣岩山が現れ、手前にはキツそうな上りが二つ見え
ていた。後ろに見えていた三国小屋は山影で徐々に見えなくなり完全に隠れてしまっ
た。今日も朝から焼け付くような暑さで(両腕は既に真っ黒こげ、荷物の肩に当たる部
分も汗で擦れ、ヒリヒリして痛え痛え)、倒れそうになりながら一つ目のピークに出、早
や休憩。ここからは南西方面の眺めが良く、磐梯山等が綺麗に見えていた。ノタリノタ
リと二つ目のピークへ着いてまた休憩、歩くより休む方が多いのでネエか?という感じ
で、少し先の疣岩山に倒れ込むような感じで到着。ここには三角点があるだけで山名
柱は無かった。ここからの景色も素晴らしく、三国岳では上だけがチョコンとしか見え
なかった飯豊本山も全体が顔を出し、三国岳自体もよく見えていた。休んでも回復しな
いまま山頂を出発、ここからはやっと本格的な下りになってくれた。しばらくで獅子沼
分岐に出、ここを左折、またしばらく行くと疣岩分岐に出、ここをまた左へ。ここからは
傾斜が増して道も砂浜にあるような滑りやすい砂道が続いており、ちょっとずつちょっ
とずつ下りて行く。少し下に清水と書かれた道標があった。矢印の方向を見ると近くに
小さな谷のような窪んだ所が草に隠されて見えていたが、水の音は聞こえてこず行か
ずに通過。正面に安達太良山、吾妻連峰、磐梯山が見える眺めのいい下山道だった
が、それも山の位置関係からついに見納めとなり、よ~~く目に覚えさせておいてから
下って行く。するとまた上り下りが二つ見え出し、またや~、と一人ごとを言いながらも
これを超えると松平峠に出た。ちょっとした広場になっており、ちょっと休憩。振り返っ
て上を見上げると、今下りてきた山が眼前に迫るように高く聳え立っていた。座ってい
るとどこからともなくアブが一匹現れた。なんとか追い払ったが余分な力を使う為、体
力が回復しないまま出発。20分程下ると水場に出てきた。水を飲もうと上に上がると
うまい具合に水が溜まっており、そこで顔や腕を洗ってさっぱり。してからまたしばらく
下っていると通り道に滑りやすそうな平面的な岩が現れた。注意して下っていたのだ
が、体が弱っていたのか滑って転んでしまった。幸い傷は無かったが、さっき洗った手
が湿った土でまた泥だらけ。なんちゅうこっちゃ!と手や衣服の土を掃っていると、す
ぐ下の方でドサッ!!と大きな音がした。何かと思い目を凝らすと誰かおり、その人も
転んだようで、腰を下ろして待っていると単独の女性が上って来た。昨晩はこの下に
ある祓川山荘に泊まってやって来たそうで、自分もこっちの岩で転んだのでお気をつ
けてと言って別れる。女性が転んだ所は岩がV字形になっており、やはり滑りやすそう
なので四つん這いになって通過。10分余り下ると周囲はなんとも言えない癒し感覚の
森林地帯に変わった。巨大なブナもたくさん並んでいて、それらをじっくり眺めながら
進んでいると道も平坦になり、樹々の向こうに小屋が見えてきた。祓川山荘で近づくと
ニ階建ての割と大きな小屋で、休みに中へ入る。人は誰もおらず、ドアで区切られた
部屋には流し台が置かれ、そこに引かれた水が音を立てながら勢いよく流れ出してい
たので、さっそくそこで顔や汚れていた手を洗い直し、すっきり。奥へ行くと蚊が多いの
か蚊取り線香が数個置いてあった。床にはゴザが敷いてあったのでゴロンと寝転がり
暫しの大休憩。あとでニ階へ行ってみると、かなり広い部屋で隅には工事用の用具が
置かれていた。だいぶ体も落ち着いたことだし、そろそろ出発することにして外へ出る。
ブナの森に囲まれた広い道を快適に進むと川に出た。近くに架かっていた橋を渡って
向こう側に行くと、ロープの張ってある急な崖気味の上りになり、手足を使って這いな
がらなんとか乗り越える。結局これが最後の上りとなり、少し進んでから林道に出た。
ちょうど単独の男性が林道から入るところで、挨拶を交わしながらすれ違う。ここから
はよくあるいつもの長い林道歩き、今日はバスの時間までにはかなりの余裕があるの
でのんびりと歩いて行く。途中でご夫婦連れの方とすれ違い、しばらく行くと今度は工
事関係の人が林道の整備をしておられる所を通り過ぎる。この炎天下で大変なことだ
ろう。黙々と歩いていると、予想通りアブが現れ出し、すぐに大群となって攻撃し始め
やがった。今回はアブよけのスプレーを持って来ていたので早速腕や衣服に噴霧し、
アブにも直接噴射したが全く効き目がない。顔を攻撃されるので網付き帽子で防御、
長袖の上着も着るつもりだったがこれは暑すぎて着れず、服で振り払いながら早足で
逃げ進む。50分程かかって民家が見え出した頃にようやく自然と消えてしまったが、
結局両腕を8ヶ所程刺されて痛え痛え、また1ヶ月以上は刺された痕が残るだろうナ。
ということで、ついにとうとう弥平四郎の登山口までやって来ることができた。長かった,
暑かった、厳しかった、バテてはいたが、満足のいく歩きができて実におもしろかった。
このあと、売店か食堂はないかと探しながら歩いていたら、民家から女性が出てきて
何か?と聞かれたので食べ物のことを聞くと全くないとのこと。するとその方が家に戻
り少ししてからクリームパンと栗カステラを二つ持ってきて下さった。自分の食料はあ
と少し残っているオヤツだけだったのでありがたく頂戴した。お礼を言って別れ、バス
停まで行ってこれで今回の歩きは全部終了。予約のデマンドバスが来るまでまだ2時
間半以上ある為、さっきの方に教えて頂いた小学校分校の軒先でバスを待つことにし
た。ここのバスは予約制で、事前に予約していないとここのバス停までやって来てくれ
ないことになっている。今回の場合は縦走の行程がきつそうなのでずれる恐れがある
為、予約してなかったのだが、なんとか予定通り三国小屋まで来れたので前日に三国
岳から予約の電話をした。電話が通ずるのか心配だったが声もよく聞こえうまくいった。
長過ぎる休憩のあと、予定時間を少し遅れて小型バスが到着。走行中に運転手さん
にメジロはいなかったかと聞かれ、いなかったと答えると、今頃はいつもたくさんいるの
だがおかしいなと言われ、どうも話が合わない。普通、メジロといえば鳥を想像するが
話をしているうちにアブということがわかった。ここではアブのことをメジロというらしい。
話が合わないはずだワサ。運転手さんも、場所がちょっと違うだけで言葉も違ってくる
ので理解するのに苦労しておられるらしい。で、その後無事に帰宅し、完全に終了。
これで、わが尾茂枝路歩樹にまた一つ花が咲いたと、一人で勝手にニヤニヤしている
ところでござりまする。しかし今回は、しつこいが、暑かった、きつかった、バテてしもた。