葛城金剛・和泉山脈100Km連続縦走

トップへ

写真はありません

1979年11月10日〜11日(雨後曇り、後濃霧)
 二上山駅(午前7時発)〜二上山〜岩橋山〜大和葛城山〜水越峠〜金剛山〜伏見峠〜
 千早峠〜西ノ行者〜紀見峠〜南葛城山〜蔵王峠〜堀越〜七越峠〜鍋谷峠〜和泉葛城山
 〜五本松〜二本松〜神通畑〜三峰山〜ボンテン山〜葛畑〜葛畑橋〜楠畑〜槌の子峠〜
 四石山〜山中渓駅(午前9時20分着)

●全所要時間 26時間20分   ●制限時間 36時間
●コースにはチェックポイントがあるだけで、飲食物のエイドは全く無し、一切を自分の力で進む。

前半は北と南の二つの低気圧に挟まれて雨が続き、その後濃い霧が発生してヘッドランプの
灯りもその霧に反射して役に立たず、道がわかりにくい。後半のコースも藪のようなところが
多く、おまけに夜中なので何回も道を間違えてしまった。足の方も常にズブ濡れ状態で後で
見ると足の裏が真っ白にふやけてしまっていた。競走ではないが、一応一番乗りでゴールイン。
山岳団体が行う山岳縦走の中では、自分では後にも先にもこれが最高峰のように思う。
100Kmコースは翌々年から無くなり、和泉葛城山止まりの60Kmコースと30Kmコースの
二コースになった。

おもしろあるきへ