三原山と伊豆大島ウルトラランニング

トップへ
のんびりはしろへ

2005年3月27日(快晴)

 元町仲の原園地〜野田浜〜元町仲の原園地〜ごみ焼却場先〜地層切断面付近
 〜間伏団地先〜南部診療所前〜波浮港〜大島園芸前〜筆島〜裏砂漠先〜三原
 山分岐〜めがね橋停留所〜三原山温泉ホテル付近〜御神火茶屋〜三原山温泉
 ホテル付近〜休憩所入口〜三原山分岐〜大島公園〜泉津〜泉津橋・展望台〜
 岡田小学校前〜野田浜〜アクアデルディ前〜元町仲の原園地
 
●距離  61Kmコース(伊豆大島一周)  
       77Kmコース(伊豆大島一周と三原山往復[高低差約550m])

●走った距離 約25Km  ●走った時間 2時間少々

 
新たに生まれた面白そうなウルトラランニングで存分に楽しませてもらおうと
 はずんでいたのだが、不運なことに前夜不整脈が発生し、スタートぎりぎりまで
 待ったが結局直らず参加取り止めとなってしまった。かなり以前からある原因
 が尾を引いており、この原因さえなければ不整脈は起こらないので全く気分が
 悪い。横になっていても苦しい状態なのだが、せっかくはるばる海を越えてやっ
 てきたのだからと、息も絶え絶えバスで三原山の山頂口まで行くことにした。
 朝一番のバスで来たのでまだ殆ど人がいない。富士山が快晴の空の下、雪を
 かぶってきれいに見えている。三原山も素晴らしい。三原山への道は最初は
 緩やかに下っているので苦しいが少し行ってみることにした。ところがどっこい、
 歩き始めた途端に不整脈が直ってしまった。こうなったら元気なもので、さっそく
 三原山の頂上までランニングに切り替えてゆっくりと上がって行くことにした。
 距離は短いが、最後が急で汗をかいてしまい長袖のTシャツ1枚になる。人は
 自分以外誰もいない。上がりきった所からはまだ火口は見えないが富士山が
 きれいだ。左回りに写真を撮りながら小走りに火口を一周する。道は火山なの
 で富士山よりはましだがやはりザラザラザクザクで進みにくい。でかい口をパッ
 クリと開けており吸い込まれそうだ。一周20分くらいのところだった。
  ところで、不整脈が直ったのにこのまま帰るのでは全くもってもったいないので
 ここからゴールまで走りたくなり、ゼッケンなしでもいいからその旨を役員さんや
 警察警備の方にお願いすると、許可がおりる。本当にありがとうございました。
 ここは三原山の折り返し地点、52キロ地点であと残り25キロだ。コースは殆ど
 下りで心臓のほうはあまり負担がかからないが、いきなり最初から下って行った
 ので足に身が入ってしまった。それに最後の5キロほどの右前方からの風の強
 いこと、右の方に向かって進むとまっすぐ行けるという状態だ。約2時間ぐらいで
 ゴールに着き、ゴールはしていないがゴールを越えたというややこしい状態で終
 わる。   来年も今回のような快晴になってほしいものだ。
 

スタート前

山歩きへ
おまけ