伊豆大島ウルトラランニング(100Km)

トップへ
のんびりはしろへ

2006年3月25日(晴時々曇り)

つばき小学校〜健康センター〜野田浜園下〜火山博物館前〜野増〜みやのさわ橋
〜差木地〜波浮港見晴台〜筆島展望台〜裏砂漠南〜裏砂漠北〜シイノ木群叢〜
三原山山頂口〜つばき小学校〜ヨウゴシ岬展望台〜大島公園〜裏砂漠北〜裏砂漠
南〜筆島展望台〜波浮港見晴台〜差木地〜みやのさわ橋〜野増〜つばき小学校

●タイム 12時間45分52秒   ●制限時間 14時間

佐渡島、隠岐の島、そして今回の伊豆大島と偶然にも三回続けての島めぐり。
昨年の第1回目は前夜に不整脈が発生しスタート時まで治らず止む無く取りやめの為
今回もいちどやり直し。おかげで昨年はゆっくり三原山火口の見物ができ、距離のほう
も少し物足りないと思っていた前回の77Kmから100Kmになり新たな気持ちで参加
することができた。それからなんといっても、完走メダルが珍しい希少なものだというこ
とを説明で知り、これは是が非でも持って帰らなくてはと、がぜん元気100倍ワクワク
気分、1年間待ったかいがあったというもんだ。ただこの興奮が尾を引いたのかどうか
はわからないが、またもや一睡もできずじまい。まあ度々あることで慣れっこになって
しまっているので今回も心配せずにスタート。コースのほうは、初めは少し北上して折
り返し、一周道路を左回りに三原山山頂口まで向かい、島を横断するような形で反対
側に下りて行き、再び一周道路を今度は右回りでスタート地点に戻るという設定。
三原山への上り下りを含めてアップダウンがたくさんあり、自分ではこの中でも最後の
ほうの下りが一番辛抱を要するところだった。今回は前回と違い強風もなく走りやすい
状態で景色の方も充分楽しむことができ、ことし初めての桜の花も見ることができた。
と、これで終わってくれたらいいものを、今回もやはりアクシデントが起こってしまった。
70Km付近を進んでいると突然口の中に虫が飛び込んできた。咳をして吐き出そうと
したがどっこい逆に喉の奥に入りこんで止まってしまい、それだけならいいのだがその
虫が喉をギリギリと噛みだしたではないか、するどい痛みがはしりなんとか虫をつぶそ
うと喉を強く押したが効き目がない。これはえらいことになったと思ったがどうしようもな
いので我慢しながら進み、次のエイドでちょうどケーキがあったのでそれを飲み込み水
も飲んで窒息死させる作戦に出た。これが効いたのか、痛みは続いたが暴れなくなった
ようだ。家に帰った今現在も喉に違和感があり少々の痛みはあるが、喉を切るわけにも
いかず虫が腐って融けていくのを待つしかないだろう。しかしなんでまたこんなマンガの
世界のようなことばかり起こるのかホトホトうんざりする。
 まあとにかくお目当ての素晴らしい完走メダルを手に入れることができたのでバンバ
ンザイというところか。  このメダルはまちがいなく自分のお宝のひとつになった。

完走メダル(特殊ガラスの手づくりで、同じ形のものはないとのこと)

おまけ