霧島登山マラソン(高千穂峰)

 前日、駅から宿までのバスが無い為、6キロの道を準備運動がてら歩いている
と観光協会と書かれた車が近付いてきた。行き先を聞かれると同じような所に向
かうということで乗せていただく。明日の登山マラソンのことを知っておられるよう
で、この人も別の団体で高千穂峰まで上るそうでその役員をやっておられ今日は
前日受付にやってきたとのこと。送っていただいたおかげで予定より早く着いたの
で、すぐ近くで明日の準備をしているスタート地点を見に行ったり、ちょっぴりラン
ニングをしてから宿に入っていった。蛇足だが富士登山競走10回優勝の芹澤さん
も泊まっておられこの大会は3回目とのこと、より蛇足だが部屋が隣どうしだった。


2007年11月4日(晴後曇り)
 皇子原公園〜第5砂防ダム〜馬の背〜高千穂峰頂上

●高低差 1200m  ●距離 9Km  ●制限時間 3時間程度
●タイム 1時間38分49秒08

 スタート会場に行くと大会に協力されている自衛隊の車がたくさん止まっていた。
またこの大会には毎回自衛隊員がたくさん参加していて今回も132名が参加。
昨日車で送って頂いた方が言っておられたが毎年8月に行われる富士登山駅伝
に向けて参加しているそうで、毎回上位にはたくさんの隊員が顔をならべている。
今回は東国原宮崎県知事がゲスト参加の予定だったが、急きょ公務の為参加で
きなくなったということで、代わりにお弟子さんが聖火を点火されて開会式が進め
られ、ちびっ子たちの太鼓なども披露された。開会式が終わったあとはスタートま
でまだ時間があり皆さんグランドをゆっくり回っているので自分もマネをして5〜6
周回りながら時間まで待っていた。そしていよいよスタート。初めはグランドを一周
してから外に出て行く。それから5、5キロ先の給水地点までは曲がりくねった舗
装道路を高低差で350mほど上っていく。こういう道はあまり走りたくないので長
く感じられ終わるとホッとする。給水地点にはバナナと黒砂糖が置いてあり、どち
らもいただいてから出発、ほんの少し下って土の山道に入った。ここから山頂まで
は距離3、5キロ、高低差850m余りの上りばかり、こういう道が現れるとホントに
嬉しくなってくる。山頂近くまでは急な所ばかりで上りがいのある山だ。ただ道が狭
いうえに参加者が連なっており追い抜くのが難しい為、そのまま平行移動するしか
ないのが少しもどかしい気分だ。山頂近くの傾斜が緩くなったあたりで早やゴール
して下ってきた参加者とすれ違う。この辺からは丸太でできた段々が多く、歩き安
いといえば歩きやすいが、歩幅の合わない段々も多いので逆に歩きにくいといえば
歩きにくい所だ。ここを越えると大きな岩が現れ、避難小屋を過ぎてすぐにゴール。
山頂は気持ちよく晴れているが、景色のほうは下界がモヤッとしていたり、遠くの山
は雲で隠れていたりで少し残念。写真を撮ったり少しゆっくりしてから下山開始。ま
だまだ上ってくる参加者がいるので道をあけながら慎重に下りて行った。給水地点
までは自力下山だがそこからスタート地点までは自衛隊の車で送って頂く。戻って
くると早速タイムの入った絵馬様の完走証を戴く。またこの大会は参加賞や特別賞
等があり賞品もたくさん戴いた。参加賞は宮崎紅さつまいも1,5K、石川里芋1,5K、
お米ヒノヒカリ、霧島焼酎、それに特別賞(遠来賞)はお米5Kを含む5種類の中か
ら選んで下さいということで比較的軽い東国原知事のマークが入った鶏炭火焼と
マンゴートリュフというチョコレートがセットになった物を戴いた。思ってもみなかった
たくさんのおみやげでパンパンにふくれあがってずっしりと重くなったリュックを担ぎ
駅までの6キロをゆっくりと歩いていった。またもや蛇足になるが、特別賞のほうが
閉会式の時に渡されるということで、それを待っていたら帰りの電車に間に合わな
くなる為どうしようかと迷っていたら、同じような人が早く帰りたいので先に特別賞
を貰いたいと申し出、さっさと貰って帰ってしまった。それを見て、特別賞は20人い
ることだし、自分もマネをしてチャッカリとお先に戴いてしまった。おかげで駅までは
のんびりと歩いて帰ることができた。

トップへ
かけのぼりへ

天孫降臨 高千穂峰 聖火が点火され右山のてっぺんめざしてトットコトットコ