トレイルランニング小辺路(70km)

 高野山から熊野本宮へと続く参詣道・小辺路を一気に走歩するもので、道中には千m
を越す山や峠が4つあり、その上りと下りの高低差はそれぞれ500m〜1000mもあっ
て実に上りがい下りがいのありすぎるおもしろいコース。それにこの大会ではコースの途
中には飲食物のエイドが全く無く、道順も地図を見ながら自分で勝手に進んで行くという
形になっており、だいぶ以前に参加していた素朴な大会を思い出してえらくなつかしい感
じだ。最近は便利な大会であふれ返っていてこういう形の大会は皆無に近い状態なので
さびしくなったもんだ。また今回は参加者が5人ということもあり、いつもの山の単独行の
つもりで参加。それだけに今回は満足感いっぱいの気分で完走歩することができた。


2006年11月4日(曇り時々晴れ)
 高野山金剛峯寺前〜ろくろ峠〜薄峠〜大滝〜水ヶ峰〜桧股辻〜北股辻〜今西辻
 〜平辻〜大股〜萱小屋跡〜桧峠〜伯母子岳〜伯母子峠〜上西家跡〜水ヶ元屋敷
 跡〜待平〜三田谷〜五百瀬〜三浦口〜三十丁の水〜三浦峠〜古矢倉跡〜出店跡
 〜五輪塔〜矢倉観音堂〜西中〜重里〜昴の郷〜果無集落〜果無観音堂〜果無峠
 〜七色〜八木尾〜平岩口〜三軒茶屋〜関所跡〜熊野本宮大社〜大斎原大鳥居

●上り累積高低差 約3400m    ●飲食物のエイドは全く無し
●タイム 12時間47分55秒     ●制限時間 14時間

 午前5時スタート。スタート地点は標高が880m程あり冷え込んでいてかなり寒い。
しかしそれも走り出すとほんの少しで上りになったのですぐに消えてしまった。最初から
急な上りなので体が慣れず息が苦しい。しばらくは5人で並走していたが、途中で道標
の写真を撮っていると瞬く間に真っ暗闇の中に一人置いて行かれてしまった。真っ暗な
山の中はさすがに不気味だがまあ先は長いし足元も危ないのでマイペースで進んで行
く。ろくろ峠から薄峠までは緩やかな上りが続きここから大滝までは下りになる。急な所
もあるが道が割りと広いので下まで走って下りることができた。この辺から明るくなりだ
し周りが見えるようになってきた。前を行く二人にも追いつくが、ここで少し食べ物を食べ
たのでまた離れてしまった。ここから水ヶ峰までは高低差が500mあり最初の大きな山
越えになるが道は広いし高野龍神スカイラインの舗装道路も通るのでスムーズに行くこ
とができる。ここでまた二人に追いつく。このうちの一人とは殆どペースが同じで先に行っ
たり後になったりを繰り返してゴールまで行くことになる。上りきると今度は舗装された林
道に出て大股までの高低差500mの下りになる。平辻までが林道で後は少し林道もある
が大体は山道で、ここも走って下って行くことができた。ここからは伯母子岳への上りで
高低差は約700m。途中の桧峠まで上ってから少し下りまた上ると頂上になる。この伯
母子岳はなぜか小辺路には含まれていないが自分では一番の目玉だと思っているので、
迷わず行くことにしていた。この上りの途中には数ヶ所の水場があると聞いていたが全く
出くわすことがなかった。このところの日照りで涸れてしまったのだろう。道のほうはわか
りやすく伯母子峠への分岐からの最後の坂を上って伯母子岳に到着。山頂からはほぼ
360度の景色が見えいい眺めだ。ただ遠くの方が霞んでいる為、大峰山脈のほうが見
えなかったのが少々残念。もう一人もすぐあとから着いたので写真を撮り合ってから下山
開始。少し下って伯母子峠に出ると巻道のほうからちょうど最後尾の一人がやってきた。
伯母子岳へは行かなかったようだ。久しぶりに3人一緒になるがここでまた少し食べたの
で先に行ってもらった。峠から五百瀬までの下りは高低差850mほど、頂上からを合わ
せると1000m近くになる。ここの下りにも数ヶ所の水場があると聞いていたがやはり無
かった。1ヶ所だけあるにはあったがほんのチョロチョロと落ちている程度でとてもすぐに
飲める状態ではなかった。途中で単独の登山者を追い越す。この時間帯(午前9時過ぎ)
に歩いているということは昨夜はどうやら先ほどの峠の山小屋で泊まっていたみたいだ。
しばらく下ると上西家跡に到着、また3人と一緒になる。ここからは旧道と新道に分かれ、
新道へは道に通行止めの印の木が置いてあり、旧道へと上っていく。この道の中間ぐら
いで今度は30人ぐらいの団体さんと出会う。こちらが何かやっているとわかったのか、せ
まい道にもかかわらず全員端に寄って道を開けてくれた。この後しばらくは上り下りを繰
り返し順調に最後の坂を下っていたのだが、この坂で左足をぐれてしまった。グキッとい
う音が聞こえ、それからはゴールまで足の甲が痛みどうしだった。(ゴールしてから足の
甲を見ると4cm角ほどの三角形に赤く腫れており、それが翌日になると長さ11cm、幅
6cmにまで拡大し紫色に変色していた。骨は折れていないみたいだが血管が切れたの
か少し触っただけでも痛い。20年程前に山で練習中に同じ左足を同じように痛めたこと
があり、この時は4年間全く走れなかった。今回はそれでなくても1年前から左足裏の骨
の痛みと間接が四十肩、五十肩のような痛みであぐらもかけない状態が続いているとい
うのに、えらいことになってしまったものだ。20年前と同じでなければいいのだが。左足
に何かの魔物が憑いていることはもう間違いのない事実だ?と勝手に思っている。)
ということで足をかばいながら中間点の五百瀬に到着。ここには道路脇に自動販売機が
置いてあったが故障の張り紙があり現在は使えない。しかし小辺路には要所要所に水場
があるおかげで自動販売機は全く利用することなくゴールできた。ここからはこれから向
かう三浦峠がきれいに見えている。700mの上りだ。急な傾斜が続き上りがいのある道
で途中に流れている三十丁の水は本当に助かる。この水場でデジタルカメラの調子がお
かしくなってしまった。シャッターを押してもおりない、電源も切れない、なぜか固まってし
まったのだ。電池を抜いて入れ直したが今度は電源が入らない。無駄な時間を食うだけ
なのであきらめて三浦峠に向かう。峠でもう一度電池を入れ直し電源を何回も押している
とやっと動き出してくれ、ホッとする。しかしこのあともゴールまでこの現象が数回起こり、
イライラのしどうしだった。この峠で、各所で車で先回りして応援してくれていた主催者の
方に写真を撮ってもらって出発。西中までの800mの下りは左足にこたえきつい。慎重
に下っていると下の方で話し声が聞こえる。三浦峠でトップとの差は10分ぐらいと聞いて
いたので追いついたのかと思ったが近付くと一般登山者3人組だった。その内の一人が
ほら貝を持っていてそれもかなり日本語の達者な外国人さんだったので、記念にポーズ
をとってもらって写真を一枚撮らせてもらった。またしばらく下っていると今度は単独の男
性がリュックを置いて立っていた。近付いて話を聞くとひっくり返って左前腕をぶつけて怪
我をしたらしく擦りむけて血だらけのひどい状態だった。これから上るのかと聞くと、なん
とこの人はこのトレイルランニングに参加している人だった。スタート地点が真っ暗だった
為、またトップと2番目の人とはそれ以降全く会わなかったので、顔がわからず今ようやく
わかった次第だ。先ほどのほら貝の外国人さんに挨拶代わりに手を振った途端にバラン
スを崩してひっくり返ったとのこと。リタイアはせず大丈夫だということでお先に行かせても
らい自分もなんとか西中まで下り立つ。ここからは川の横のほぼ平坦な舗装道路を昴の
郷まで8キロ程行くだけなのだが土の道と違って硬いので痛めた左足にはこたえる。この
昴の郷付近で先程の腕に怪我をした人が追いついてきてこの辺からは3人がゴールまで
前へ行ったり後ろへ下がったりを繰り返すことになった。少し先のつり橋を渡るといよいよ
一番でかい最後の上り果無峠だ。高低差は920mほど。いきなりの急登でしかも石畳が
続いているので足にズキンズキンとくる。3連休の人が多いとあって下りのグループとよく
すれ違うが、少し上の山口茶屋跡付近で上っている3人組の女性達を追い越す。大きな
リュックを背負っておりこの時間帯(午後3時頃)だと今日は果無峠に泊まるようだ。しば
らくで果無観音堂に到着。豊富な水がホースから溢れ出ており、飲みだめしてから写真を
撮ろうとしたら電池が切れてしまった。充分充電していたので大丈夫だろうと思い予備電
池は預けてきたのが失敗だった。こんなに早くなくなるとは思わなかった。デジカメはボカ
スカ撮れるのはいいがこういうことがあると不便だ。少し食べてから出発、しばらく急登を
上って果無峠に到着。ここは今年の5月末に果無山脈を縦走してきた時に通っているの
で、ややなつかしいという感じか。カメラの電池が少し復活しているかもしれないと思い電
源を入れると運良く作動したので撮っておく。このあとゴールまでこの調子で4枚撮ること
ができた。この場所の標識には高さが1114mとあるが実際の峠はもう少し西寄りの上
のほうにあり、ここは1060mぐらいらしい。ここから八木尾まではまたもや1000m余り
の下りでおまけに小辺路の中では最も急な下りだ。ただひたすら左足の痛みを我慢して
下るしかない。道がゴツゴツしていて足の裏も痛む。時々見える熊野川を眺めながら1時
間ばかりかけてようやく八木尾の国道に出る。ここまで来ると気分的に大分楽になった。
平岩口までは熊野川横を通る平坦な舗装道路でここからまた上りになり、関所跡からは
中辺路と合流し緩やかな上りが続く。この辺で真っ暗になってしまったのでヘッドランプを
点けて歩いていると、左側のヤブでガサガサッと音がしたので目をやると真っ黒い影が
後ろへ素早く動いていった。動きからしてシカのようだ。こんなところにもシカがいるのか。
しばらくして緩やかな下りに変わり、本宮は近いと思いながら進んで行くとついに大社の
中に入った。急な石段を下り道路を渡って河原に入り真っ黒な大鳥居をくぐってゴール。
 足がぐれた時にはどうなることかと思ったが、なんとかもってくれた。よくもってくれた。

トップへ
のんびりはしろへ
近況報告へ

5人でスタート

看板はゴールですがスタート地点です