続・頚城三山〜金山〜雨飾山

(妙高山・火打山・焼山)

焼山からの火打山(左)と妙高山(右)

ということで、どうにもおさまりがつかない為、今回のやり直し山行きとなったノヨ。

2009年9月6日(晴時々霧)
 燕温泉〜黄金の湯〜光明滝〜称名滝〜天狗平〜妙高山南峰〜妙高山北峰
 〜長助池分岐〜長助池〜長助池分岐〜大倉乗越〜黒沢池ヒュッテ〜黒沢池
 〜茶臼山〜高谷池〜高谷池ヒュッテ

 
午前5時30分、今回は快晴の中、燕温泉を出発。10分程行くと真正面に朝日
を浴びた先の尖った妙高山が綺麗に見え出した。道は舗装されていて途中で細
くなり、称名滝まで続いている。この間に野天風呂が3ヶ所あるが、中でも最後の
称名滝の真下にあるものは今年の春先にできたばかりらしく、しぶきを浴びて入
る豪快で激烈、迫力満点の野天風呂だ。さて、ここからは土の道に変わり傾斜も
増して山道らしくなってきた。所々に沢があるが、そこには白く濁った温泉が流れ
ており、下の岩が染まって白い沢となっていた。しばらく上って振り向くと太陽に
照らされてまぶしく光っている雲海が素晴らしい。木々の間からは時おり覗く妙高
山も形を変えながらだんだんと大きくなり、近づいてくるのがよくわかる。足元の
ほうではいろんな高山植物が花を咲かせ賑やかな道にしてくれている。滝から1
時間くらい上ると胸突き八丁と書かれた所に出た。ここからはさらに傾斜が増す
ので、息を整えるために少し休むことにした。木の上に腰掛けて休んでいると途
端に顔の周りに小さな虫が飛んできた。手で振り払っていると腕がだるくなって
逆に休憩どころではなくなってしまい早々に出発。石がゴロゴロする急坂をあえ
ぎながら上っていると、身軽な格好をした人が一人、挨拶をしながら追い越して
行った。30分程して坂を抜けると天狗堂のある天狗平に到着、開放感のあるか
なり大きな広場だ。そのまま10分程上ると今度は光善寺池という池に出た。小さ
な水溜りのような池だが何か落ち着くような雰囲気のある池だ。このもう少し上に
は風穴という小さな穴が二つ開いている場所があり、一応手を当ててみたが残念
ながら風は感じられなかった。さらに30分位上ると鎖場が現れた。垂直のように
も見える岩場で少し緊張したが、段々状に足場を掘ってくれていたので滑ること
なく通過することができた。また、ここから頂上までにも岩場がたくさんあるが、目
印通り慎重に辿って行けば問題なく通過できる。そして最後に大きな岩を廻り込
んで妙高山南峰に到着、午前8時59分。頂上からは、火打、焼山が並んで見え、
すぐ隣の妙高山北峰も見えており、良い眺めだ。10分位休んでから北峰に向か
い5分足らずで到着、こちらは高さが8m程低いみたいだが、山名板にはなぜか
南峰の標高が記されている。広い山頂では大勢の人達が思い思いに寛いでおり
自分も写真を撮ったり景色を眺めたりしながらのんびりする。北アルプス方面が、
少し粘ったのだが雲に隠れて見えずじまいで少し残念。ここで、15Kgもある無線
機を担いで上ってきたという78歳の人に会う。各地の山々から全国の無線グル
ープと交信しているそうだが、あいにく今日は機器の調子が悪くて交信できないら
しく、がっかりしながら山を下りて行かれた。さて、自分の方もたっぷり休んで心臓
も落ち着いたので、そろそろ出発することにした。ここからは急な下りで、道も石
や木でゴタゴタしており踏み外さないように一歩一歩慎重に下りて行く。しばらくし
て先程の無線の人に追いつき、お先に行かせてもらう。山頂から1時間ばかり下
ると長助池の分岐に着いた。長いベンチが置いてあって時間的にも丁度良かった
のでここで食事にした。宿で造って貰ったおにぎりを食べていると一人が下りてき
て、その人も別のベンチで休んでいた。少しして食べ終わって出発しようとしてい
たら無線の人も下りて来た。二人は笹ヶ峰へ、自分は長助池へちょっと寄り道し
て行くのでここで別れる。緩やかになった道をしばらく下ると水平になり、もう少し
下ると長助池に出た。山に囲まれた広い場所で、ここにもベンチがあり、一人が
座って景色を眺めていた。自分も周りの写真を撮ったり眺めたりしたあと、再び分
岐へ戻って行く。分岐から5分位の所に、前回行った時には長雨で溢れるように
流れていた水場があったが、今日は完全に枯れていた。この水場はあてにしない
ほうがいいようだ。ここの大倉乗越への上りで、また無線の人を追い越し、乗越か
ら妙高山を眺めているとまた追いついて来られた。結局、この下にある黒沢ヒュッ
テでまた一緒になり、ここでそれぞれの方向へ別れることになった。話をしながら
のんびりしたあと、別れて茶臼山に向かう。途中で振り返ると、下からは見えなか
った黒沢湿原が大きく見えている。上のほうまで上ってくると妙高山が手前の山
からてっぺんだけをちょこっと覗かせていた。やがて木で囲まれた狭い山頂の茶
臼山に到着、ここからは木道の多い水平の歩きやすい道になった。しばらく行くと
拓けた所に出て、前の方に小屋の屋根が見えてきた。今日泊まる高谷池ヒュッテ
のようだ。着いたのは午後の2時前で、まだ早いので受付を済ませてから高谷池
付近を散策し、今日の予定を終わった。妙高山も見えて素晴らしい眺めだった。


9月7日(晴時々霧)
 高谷池ヒュッテ〜天狗の池〜雷鳥広場〜火打山〜影火打〜胴抜桐戸〜焼山
 〜泊岩〜富士見峠〜金山〜茂倉尾根〜茂倉峰〜白倉峰〜黒沢峰〜大曲り
 〜笹平〜雨飾山〜笹平〜荒菅沢出合〜雨飾山登山口〜小谷温泉

 
午前4時半、今日も快晴の中、ヒュッテを出発。ヘッドランプを付けて出たが、満
月に近い月に照らされて空は明るく、道も木道が多く、よく見えて歩きやすいので
灯りは点けずに進むことができた。30分程で空が白み始め明るくなってきたので
ヘッドランプをはずす。東の地平線が赤く染まり素晴らしい眺めになってきた。雲
ひとつない透き通った空で、周りの山もすべて見えている。ご来光を浴び出した
火打山も、おっ月さんを従えてなんとも言えない美しい色を出している。これだけ
の景色を見るのは本当に久しぶり、いや、初めてかも知れない。動くのがもった
いなかったが、先に進まなければいけないので記憶に残しながら上へと向かい、
すっかり明るくなった頃に火打山山頂に到着、午前5時57分。ここからの眺めも
素晴らしく、今度は明るいので後立山連峰の山々が一つ一つ確認でき、遠く槍・
穂高方面や、近くの方では朝見えなかった天狗の庭、高谷池も朝日に輝いてい
た。おかげで山頂には30分近くも長居をしてしまい、先のことが気になってきた
ので焼山へと向かう。焼山は噴煙こそ見えていなかったが、上高地にある焼岳と
そっくりだ。下りの道ははっきりしており、迷うことはないのだが、両側から被さっ
ている草が朝露に濡れていて靴の中がびしょ濡れになってしまった。影火打を越
えて急坂を慎重に下り、胴抜切戸と思われる所まで下り切り、ようやく焼山を見上
げるようになった。ここからしばらくは緩やかな坂を左に廻るようにして上り、その
先からはものすごい急登に変わった。普通、急坂の場合ジグザグが多いが、この
道はほぼ真っ直ぐについており、かなり体力を消耗するきつい上りだ。ゼーゼー
言いながら森林限界を越えた辺りまで来ると、硫黄の匂いが僅かに漂ってきた。
上までもう近いようだ。ザラザラの急斜面をなんとか上りきり、午前8時34分、ぐ
たぐたになりながら頂上に到着。驚いたことに頂上にはすでに一人上っていて近
くで景色を眺めていた。あまりにも早すぎるので聞くと、今朝、金山からやってきた
とのことで納得。ちょうどよかったのでついでに金山までの道の状態を教えて頂き
笹藪の道は刈り払われていて問題ないことがわかり一安心。周りの景色は、少し
雲が湧いてきて今朝程ではないが、シルエット状の火打山、これから向かう金山、
雨飾山も、後立山連峰と一緒に見えていてまだまだ素晴らしい。ということで、バ
テ気味でもあったのでこの景色を眺めながら食事の大休止とした。40分以上も
たっぷりと休んでから、体も落ち着いたので出発。ここからの下りは、ざらざらの
急斜面に踏跡程度の道が付いているが、注意深く辿っていけば大丈夫だろう。少
し下ると連続した鎖とロープ場が現れた。垂直に近くちょっと緊張するが、距離も
短く慎重に下るとなんとか通過できる。ここを下っていると下から二人上って来た。
ご夫婦のようで、どこからか忘れたしまったが、下から上って来たとのことで、焼
山まで往復するらしい。鎖場の途中ですれ違い、平坦な所まで下りて来ると右側
に火口底が見え、水が溜まっていた。上を見ると向こうから誰か上って来たらしく
2〜3人の小さな人影が見え、手を振るのでこちらもそれに応えて手を振る。これ
に気を取られて道を間違えかけたが、上で会った単独の人に教えて頂き、正規の
ルートに戻ることができた。石のゴロゴロした急坂をしばらく下ると草木が増え始
め、坂もなだらかになってきた。覆いかぶさった木の道を進んでいると、道から少
しはずれた所に「泊岩」というのがあった。岩の空間をトタンで囲んで作った非難
小屋で、窓から中を覗くと床板が朽ちて骨組みだけになっており、寝るにはかなり
難しそうだ。この先の富士見峠付近からは笹が増え出したが、きれいに刈り払わ
れていて進みやすくなっている。ただ、下の方が少し残っており、それが足をつっ
ついてくるので歩きやすそうで歩きにくいややこしい道だ。強い日差しの中、見え
隠れする金山を眺めながら上り下りを繰り返し、午前11時36分、ついに焼山〜
金山間を通過することができた。笹が刈り払われていたおかげで余分な体力を
使わなくて済み、ずいぶんと時間も短縮できて本当に助かった。山頂からは残念
ながら雲に隠されて、焼山がなんとか見えるぐらいだったが、ここまで来れた嬉し
さのほうが大きくて余り気にはならなかった。少したって、焼山で会った単独の人
が追いついて来た。会った時は空身だったが、リュックを担いでおり、金山のすぐ
下に荷物を置いて往復したとのこと。今日はここから下山するとのことで、少し話
をしてから、自分はまだ先があるのでお先に行かせてもらう。下山開始直後に、
雲で隠れていたのか山頂では見えなかった雨飾山が見える。しかしこの先から
は木や雲に邪魔されて殆ど見ることができなくなってしまった。そんな中、茂山尾
根をどんどん下って行くが、案外急な下りが長く続くので足にこたえてくる。また、
下りばかりでなく、上り返しもたくさんあり、余計に体にこたえて段々力が入らなく
なってきた。地図に記されてある三つの峰も山名板がなかったので、どこがピー
クかも気づかぬまま通り過ぎており、いつの間にか水の流れる大曲りまで下りて
来てしまっていた。水量はそんなに多くはないが、喉を潤すには十分だ。暑さも
加わって体がフラフラだったのでここで休憩することにし、荷物減らしのため自分
の持ち水を飲み、甘い物を少し食べる。先の時間が気になるので、余り体力の
回復しないまま出発。いよいよここからは急登になり、足がズシ〜ンと重い。茂山
尾根は道がはっきりしていたが、ここからは草の生えた踏跡のような細い道が多
くなってきた。途中一ヶ所、ガレ場のはっきりしない所に出るが、ここ以外は迷わ
ず行ける。30分程上ると急に視界が開けた。どうやら上の方まで出てきたようだ。
さらに緩やかになった道を少し進むと開放感のある拡がった場所、笹平に出、そ
の向こう側についに雨飾山が大きな姿を現した。やっと来たか、と大息をつき、気
分的に大分元気になる。そのまま頂上めざして進み、最後の急坂を上ってやっと
こさ到着、午後2時35分。頂上にはすでに誰もいなかった。周囲の景色は、太陽
の照り返しや雲が湧き上がって、もひとつだったが、妙高山〜雨飾山を繋ぐこと
ができた満足感でいっぱいだった。ということで、しばらく余韻に浸ったあと、隣の
南峰にも寄ってから下山開始。笹平から岩のゴツゴツする急坂をしばらく下って
から荒菅沢に出た。ここから上を見上げると布団菱方面の岩峰群と思われる景
色が、太陽の逆光で真っ黒い影となって見えていた。(この沢の直前で白色の携
帯電話を拾ったが、翌朝になって持ち主がわかり、無事本人に渡すことができた)
沢を渉ると、下までは下りばかりだろうと思っていた道が、ここからまた急な上り
返しとなり、そんなに長くはなかったのだが、思わぬ出現の反動で、気分的にも
体力的にも全コース中、ここが一番こたえた。あきらめ気分で汗びっしょりになり
ながら、グラグラしながらも何とか頑張って乗り越えたが、体に力が入らなくなっ
たので、しばらく休憩。それからは順調に下り続けて、午後4時50分、ヘトヘトに
なりながらようやく登山口まで到着、一気に緊張感が取れ、変わって今度はドッ
と安堵感が沸いた。ここから今日泊まる小谷温泉までは、まだ舗装道路歩きで1
時間近くもあるが、のんびり歩いていたら途中で先程登山口で会った雨飾山帰り
のご夫婦の車に乗せて頂き、おかげさまで少し早めに宿に着くことができた。
 今日のコースは、所用時間が把握できていなかったので、明るい内に通過でき
るかどうか不安だったが、笹刈りのおかげもあってなんとか運良く予定時間内に
下りて来ることができた。また、暑い上に、大きな山を四つも越えて行く為、予想
以上のきつい山行きになった。しかしそれだけに自分なりには面白い歩きだったゾナ。

火打山・焼山からの展望
頚城三山から続く
山歩きへ
近況報告へ
トップへ
山岳縦走へ
頚城三山へ