石鎚山脈の黒森山から堂ヶ森までの長い長い縦走路を三日かけて歩く。

《一日目》
2010年10月10日(曇り後霧)
 笹ヶ峰林道登山口〜宿〜丸山荘〜西山越〜沓掛山〜黒森山〜沓掛山〜
 西山越〜丸山荘

 ということで、早朝、2番電車で出発し、超特急と特急、それにタクシーを乗り
継いで登山口に着いたのは午前11時過ぎ。なのでここで弁当を食べてから出
発。そろそろ日暮れも早くなっていることから今日行くのは沓掛山と黒森山だけ。
少し上ると水場があった。例によって一口飲んで通り過ぎる。またしばらく上る
とロープが張ってあった。上る時は必要ないが、滑りやすいので下り用だろう。
またまたしばらく上ると平らな広い場所に出た。親子連れ三人と単独の男性が
休んでいた。実は、この人達に気を取られて、ここが宿という所だとは気づかず
そのまま真っ直ぐに進んでしまった。この場所から沓掛山へ向かう道があるの
だが、人に隠れていたのか分岐点を見ないまま進んでしまったのら。緩やかな
坂道を20分程歩いて、目の前に丸山荘が現れた時に初めて道を間違えた事
に気づいた。ガガ〜〜ン、という感じだったが、仕方がないのでここから沓掛山
に向かうことにした。と、その前に気分的にも体的にもかなりガク〜ンとなってし
まったので、ここで少し休憩。山荘前広場にはこれから下る人が一人、笹ヶ峰
へ行く人が二人と山荘のご主人の計四人がいた。少し話をしてから体も落ち着
いたので沓掛山へ出発。整備された緩やかな下りの道を10分ばかり行くと宿
と沓掛山の分岐点、西山越に到着。ここから道は笹が被さるようになってきた。
そのまま進んだが笹が濡れており靴が濡れ出したので一旦西山越まで戻り、
靴に防御をし、雨着のズボンをはいて出発し直す。緩い坂をしばらく進むと前
が拓けそこから先は急登に変わる。沓掛山の上の方は霧で隠され何も見えず。
笹はあまり濡れていなかったが、ここからの上りはかなりきつい。時々笹を掴
んで体を引き上げながら上って行く。途中で紅葉がかった木があり、まだ少し
早い感じだったがここの一塊だけだったので、割と鮮やかに見ることができた。
20分余りの急登をジワジワと上って行き、本日最初の山、沓掛山になんとか
到着。霧で周りはなんにも見えず、人も誰もいない。早速写真を撮ろうとしたが
山名板が見当たらず、その辺をキョロキョロ探していると笹に隠れるようにして
倒れていたので立て直してから写す。この山名板が少し重さがあってまた倒れ
ると危ないので、また倒しておく。少し休んでから次の山、黒森山へと向かう。
さっき、山荘のご主人が、沓掛山からの下りはものすごい急で行く人も少ない
と言われていたが、確かに崖のような下りで笹も被さっており昨日降った大雨
でまだ乾いておらず滑りそうで、かなり危なそうで一瞬躊躇したが、とりあえず
近くの木や笹に掴まりながらソロソロと下りて行った。道のほうもあまりはっき
りせずわかりにくいが、時々木に巻いてある赤テープを頼りに進んで行く。雨着
のズボンをビショビショにしながらようやくなだらかな所まで下りつき、といって
も時間にしてほんの10分ぐらいのことだったが、それでもとにかくホッとしたワ。
ここからはしばらくなだらかな上り下りが続き、大きな岩を巻いたり、赤テープ
を確認しながら霧のかかった薄暗いジメジメした道を進んで行く。まだかまだか
と何回目かの上りを行くとその先にようやく黒森山の山頂が現れた。今回歩く
最初の端の山で、ここから長い縦走が始まることになる。景色はやはり霧でな
んにも見えず。山頂は片側の半分が滑りやすい急傾斜になっていて危なっか
しいが、晴れていれば眺めは良さそうだ。誰もいない山頂で写真を撮ってから
出発、来た道を引き返していく。同じ道だが行きと帰りとでは景色が違って見
える為、時々迷いそうになるのでやはり頼りの赤テープを探しながら戻って行
く。しばらくで、またあの沓掛山の下までやって来た。ここから見上げると今度
は崖のような上りに見える。口をあんぐり眺めていたが、とにかく上らなければ
戻れないので、ノソリジワリと一歩一歩慎重に笹や木を掴みながら上って行く。
雨着がまたビショビショになった頃にようやく山頂に到着、やっと気分が落ち着
いた。あとは下るだけ。山頂からの景色は相変わらず霧で隠されたままで、天
気予報とは逆方向に。まあ、黒森山まで行けたので、それで良しとしまひょか、
と、今日泊まる丸山荘までトボトボ戻って行ったノヨ。
 西山越まで戻ると、ちょうど宿のほうから単独の男性が上って来た。これから
沓掛山まで行って下山するらしい。ここから1時間ぐらいと言っておいたが、午
後の4時前だったので暗くなるまでに下山できるのか少し気になるところだ。
 また、山荘には、来る途中の宿で会った親子連れの三人が来ていた。泊り客
は自分と四人だけ。子供さんが小さいので宿で引き返すだろうと思っていたら、
やって来たのでビックリ。おんぶしながらやって来たということで納得。おんぶも
しんどいが。話を聞くと、この人達も石鎚山系をよく歩いておられるようだった。

石鎚山脈縦走(黒森山〜堂ヶ森)

(石槌山系其の二)

愛媛の大山脈を繋ぐ(8‐1)

@沓掛山・黒森山

(一日目)

黒森山山頂

地図
石鎚山系其の三へ
石鎚山系其の一から
トップへ
山岳縦走へ
山歩きへ
近況報告へ