南ア南部主脈 半夜行性準連続通り抜け41時間

おもしろあるきへ
トップへ

1983年6月24日(雨)
 鹿塩〜奥沢井〜塩川〜三伏峠〜三伏小屋
 25日〜27日(25日〜26日:晴・霧、27日:雨)
 三伏峠(
三伏小屋から出発地点の三伏峠小屋に戻る、午後1時発)〜烏帽子岳〜小河内岳〜
大日影山〜板屋岳〜高山裏避難小屋〜中岳〜悪沢岳〜中岳〜荒川前岳〜コル〜荒川小屋〜
大聖寺平〜赤石岳〜百間平〜百間洞山ノ家〜大沢岳コル〜大沢岳〜中盛丸山〜兎岳〜兎岳
避難小屋
(百間洞あたりから気分が悪くなり出し、ゲーゲーいいながら這いながら小屋に到着。
ここで三時間半程眠る。死ぬかと思った。)
聖岳〜聖平小屋〜上河内岳〜茶臼岳〜希望峰〜
易老岳〜三吉平〜静高平
(地図に書いてなかった水が、前日の大雨で流れており補給する。水
が切れかかっていたので、まさに命の水だった。)
〜センジガ原〜光岳〜百俣沢ノ頭〜信濃俣〜
寸又川左岸林道〜寸又峡大間橋(27日午前6時着)
 
(三伏峠〜寸又峡、全所要時間 約41時間、 距離 約100Km)

詳細は月刊誌「山と渓谷」1984年1月号と「岳人」9月号に掲載されています。

歩行標高図
コース図

荒川岳からの悪沢岳