大峯奥駈 端から端まで全縦走

1985年6月2日(曇り時々晴)
 熊野本宮大社旧社地跡(午前2時10分発)〜熊野本宮大社〜吹越山頂付近〜大黒天神岳〜
 五大尊岳〜大森山〜玉置神社〜玉置山〜横峰金剛〜如意宝珠岳〜貝吹金剛〜香精山〜地
 蔵岳〜笠捨山〜行仙岳〜転法輪岳〜平治の宿〜持経の宿(午後9時30分着)
  
(連続歩行の予定を変更し、ここで泊まる。) [所要時間 17時間20分]
6月3日〜4日(曇り時々晴)
 持経の宿(午前3時35分発)〜阿須迦利岳〜証誠無漏岳〜涅槃岳〜子守岳〜奥守岳〜天狗
 岳〜石楠花岳〜蘇莫岳〜太古の辻〜大日岳釈迦ヶ岳〜孔雀岳〜仏生ヶ岳〜八経ヶ岳
 弥山〜一のタワ〜行者還岳〜国見岳〜大普賢岳〜阿弥陀ヶ森〜竜ヶ岳〜山上が岳〜洞辻茶
 屋〜五番関〜新茶屋跡〜五十丁茶屋跡〜林道出合い〜青根ヶ峰下〜金峰神社〜吉野大橋
 〜柳の渡し跡〜六田駅(午前4時50分着)
[所要時間 25時間15分]

●累積高低差 6500m以上  ●平面距離 約93Km

詳細は月刊誌「山と渓谷」1985年8月号と9月号に掲載されています。

歩行標高図

釈迦ヶ岳 頂上は360度の大展望

おもしろあるきへ
トップへ
コース図