御岳マラソン

かけのぼりへ
トップへ

1993年10月10日(晴)
 小坂町役場前〜落合〜湯屋温泉〜落合〜小黒川〜鈴蘭濁河三叉路〜追分〜濁河温泉

●高低差 1200m   ●距離 42.195Km(陸連公認コース)
●タイム 4時間46分34秒(制限時間 5時間)

以前からの左膝裏の痛みで後半は走歩を繰返し、なんとか制限時間内には入ることができた。
ゴール後、濁河温泉で身体を癒すつもりが逆に酔って気分が悪くなり、1時間程横になっていた。
 この大会に参加するきっかけになったのはヒョンなところからで、最初はウルトラマラソンに参
加しようとしてさがしていたところ、、熊野黒潮130Kmウルトラマラソンを見つけ、やる気になっ
ていたのだが、参加資格を見ると100Km以上のウルトラマラソンを完走した人となっており、自
分は今まで100Km以上を連続歩行したことは多くあるが、走ったことはないのでガクンとなって
しまった。そこで今度は100Km以上のマラソンをさがしたところ、自分の好きな山がらみの和歌
山城〜高野山大門往復110Kmウルトラマラソンを見つけ、これだと思ったがそれもつかの間、
参加資格を見ると今度はフルマラソン以上を走ったことのある人と書いてあり、再びガクンガクン
となってしまった。フルマラソンどころか、マラソンレースというものは富士登山競走しか出ていな
いので、仕方なくそちらのほうをさがしたところ、自分好みの山岳マラ ソンでフルマラソンという
理想的な御岳マラソンがあったので、この大会に参加とあいなったワケだ。
 ちなみに、熊野黒潮はこの段階を踏んで翌年なんとか完走。

ゴール近くで

ゴール地点