OSJおんたけスカイレース

2006年6月25日(曇り時おり小雨)
 大又山荘〜おんたけスキー場八海山〜田の原〜御嶽頂上山荘〜剣ヶ峰〜二の池
 新館小屋〜飛騨頂上五の池小屋〜二の池新館小屋〜覚明堂〜御嶽頂上剣ヶ峰〜
 頂上山荘〜田の原〜おんたけスキー場八海山〜銀河村キャンプ場

●距離 約23Kmぐらい   ●累積高低差 たぶん2400m以上
●タイム 6時間52分25秒   ●制限時間 10時間

 
スカイレースというのは世界各地の山々で年数回(今年は全8回)開催され、今年は
第4回目に初めて日本で開催されるということで、昨年のスカイランナー世界ランキング
ベスト4全員と富士登山競走連続優勝者も招待されていた。このレースを一言で、いや
二言三言で言ってみれば、きつい、危険、それにきれいな景色が見える3Kレース、と
でもいうような感じで、とにかくみんなひっくるめておもしろいレースだった。と、話は少し
それるが、今回もえらくびっくりするような事が起こってしまった。前夜の11時過ぎごろ
宿で横になっていると突然、ドドドンガガガガッと床から突きあげられるような強い衝撃
が発生、でかい地震だ。ほんの数秒だったが10年ほど前の関西大震災の大阪での揺
れと同じような揺れ方だった。他の部屋の泊り客も何かわめいており、こっちもテレビを
つけて速報を待っているとテロップに「長野県南部でかなり強い地震、震度4」と出た。
10年前の大阪での時と同じ震度だ。後で家に帰ってから新聞を見ると、震源地が木曽
群王滝村となっているではないか、まさに寝ている真下だった。すぐさま心配になったの
は明日のコースのことで、どこか崩れて中止になりはしないか、ということが頭をよぎる。
しかしおかしなもので、当日は大会のほうでも地震のことには全く触れなかったので、自
分もすっかり忘れてしまい何事も無く開催された。しかしよくおかしなことが起こるものだ。
 はてさて本日は梅雨前線もうまい具合に南のほうへ逃げてくれて曇ってはいるがなん
とか天気はもちそうだ。必携装備のチェックを受けスタート地点に並ぶ。ここで気がつい
たのだがみんなのリュックを見ると全部が全部最新型のかっこいいリュックを背負い、靴
はというとこれまたみんなトレイル用のシューズを履いているではないか。自分はというと
リュックは30年程前に千円で買った特価品を今だに担ぎ、靴も普通の運動靴だ。なかな
かボロボロにならないのでどうも捨てられないのだが、えらい時代遅れの格差にみっとも
ないったらありゃしない、その反面、最先端技術でできた用具に守られて走らせてもらっ
ているようでもあり、これで完走歩してももひとつ喜べないというのもあるが、そろそろ自
分も買い替えようか、などといらんことを考えているうちにスタートになってしまった。
 初め4Kmほどは緩やかな林道を行くがどうも体が重い。昨日の宿の夕食の量があま
りにも多く、出された食事は全部いただかないと失礼にあたると思い込んでいるのです
べて平らげその苦しさでまたもや一睡もできずじまい。朝になってもお腹が減らずつくっ
って頂いたオニギリも一個だけを食べてあとは昼食にまわすことにした。てないきさつで
重くなった体でだらだら坂をだらだら上って行く。林道を過ぎると田の原までは少し傾斜
がきつくなったスキー場の草原をこれまただらだらと上り、ここを越えるといよいよ御岳
頂上までの高低差約870mの急登の山道になってここからがおもしろくなる。ここまで
千メートル近く上っているのだが道の表面がなめらかな坂はどうも自分には合わないの
でホッとする。見上げると剣ヶ峰ひとつ手前の王滝頂上山荘が大きく見えすぐにでも着き
そうな感じで間近に迫っている。しかしそこはやはり感じだけで上りに取り付くと木や石、
岩などでできた階段状の急登が延々と続き上部近くではロープの張った雪渓も現れ、そ
う簡単には上らせてくれない。ここのもうすぐ頂上というあたりで、はやトップランナーが
舞い降りてきた。外国の招待選手でこの危なっかしい岩場を物ともせずスッ飛んで行った。
こっちはあえぎながら王滝を越え剣ヶ峰に到着、実に31年ぶりの頂上だ。(ゴールは反
対側の御岳中腹の濁河温泉になるが御岳マラソンというのにも13年程前に参加したこ
とはある)頂上からは青のきれいな二ノ池が見え、周りでは中央アルプスや南アルプス
も見え出し、山肌と雪のコントラストのきれいな乗鞍岳が特に目を引く。ゆっくり眺めてい
たいところだがそうもいかずお鉢巡りを開始、三ノ池まで行ってその周囲を廻りまた戻っ
てくるというコースで、当初はこの先の継子岳まで行き百間滝まで下ってまた剣ヶ峰まで
上り返してくる総高低差3200m以上のまさにスカイレースという名にふさわしいきつい
コースだったが、残雪が多くて危険な為短縮された。今回でのお鉢コースの圧巻はなん
といっても三ノ池付近からの雪渓の段々上りだろう。縦横30cm角ぐらいの大きな段々
をスタッフの方々が掘ってくれていてそれが延々と続いておりこれがまたなかなか上が
れない。テレビで八千メートル級の山の頂上付近を2、3歩歩いては止まり、また歩いて
は止まりという光景をよく見るがまさにあれと同じ状態だ。高低差で軽く100mは越えて
いただろう。しかしよくこんな危険な場所でこんな大掛かりなものを作ったものだと、その
労力にただ頭が下がる思いだ。ゼーゼー言いながらやっとのことで雪渓を越え、再び岩
やガレ場の上り下りを繰り返し剣ヶ峰に到着。ここからは下る一方だがやはり岩や石が
ゴツゴツしており危険な下りだ。それに8ヶ月程前からの足の裏の骨の痛みが全く引か
ず、固い物に当たると鋭い痛みが奔る為、ここは大事をとってゆっくりと歩いて下りるこ
とにした。冷や汗をかきながらもなんとか田の原に到着、ここからゴールまではほぼ草
原状の走りやすい坂で快適に進み、最後は木で出来た長い段々をヒィーヒィー言いなが
ら上ってゴールイン。持っていた必携装備品のひとつ水1リットルは、リュックから出すの
がめんどくさくて、また山頂付近でほんの少し雨にあい風もあって寒かったので結局は
一滴も飲まずじまい、数ヶ所あった給水エリアで充分間に合い、ゴール後にガブガブ飲
んであとは捨ててしまった。残しておいた弁当もおかずをたくさんつくってくれていたので
ちょうどいい昼食になり、後から帰りのバス停でバスを待ちながらおいしくいただく。
  このレースはこれまで日本ではほとんど例のない爽快で豪快なレースだった。  

トップへ
かけのぼりへ
近況報告へ

ゴール

御嶽山(3067m)とゴール地点

(スカイランナーワールドシリーズ第4戦)