大座礼山近くにある巨大ブナ

地図

大座礼山〜三ツ森山〜平家平〜冠山

(別子山域其の六)

愛媛の大山脈を繋ぐ(6)
別子山域其の五から
赤石山系其の五へ
山岳縦走へ
トップへ
山歩きへ
近況報告へ

      最終日の三日目は、大座礼山〜冠山までの長い縦走路を行く。

2010年5月4日(快晴)
 筏津〜大田尾越〜大座礼山登山口〜巨大ブナ〜大座礼山〜三ツ森山〜三ツ森峠
 〜平家平〜冠山〜一ノ谷越〜ナスビ平〜フォレスターハウス〜中七番

 
午前4時半に筏津を出発。今日もまた長い舗装道路歩きで始まる。きのう、おととい
と続けて歩いているので足が少々だるい。はたして冠山まで行ってバスの時間までに
下山できるのかちょっと不安で、間に合わなければ途中から下山することにしている。
今日はエビラ山方面も夜明け前のシルエット状態で、くっきりはっきり見えている。今
日もきれいなおっ月さんを見上げながら黙々と進んでいると、半分くらい上ったあたり
で車2台が通り過ぎていった。大田尾越まで来ると車は止まっていなかったので、大
座礼山のほうらしい。少し下って大座礼山への分岐点まで来ると、ちょうど東光森山
の近くからお日さんが顔を出しそうなので、終わるまで見物。おかげで少し休めたので
気分新たに出発、林道へ入って行った。登山口へは5分程で到着、車が3台止まって
いた。今朝追い越していった2台の車もあるようで、人は誰もおらず、すでに出発して
いるようだ。ここから5分程上ると沢に出た。水を補給するのにいい場所だが、自分は
道路の途中にあった水場で昨日の内に補給しておいたので、一口二口飲んで通過。
またしばらく行くと今度は大北川源流と書かれた水場に出た。縦走中は水場は全く無
くここが最後になる(量はかなり少ない)。急な坂を少し上ると平坦な歩きやすい道に
変わり、しばらく進んでまた上りになるとブナの木が現れ出した。超でっかいブナも何
本かあって、それはそれは見応えのある巨木だ。先のほうで声がするので行って見
ると、巨大ブナの下で4〜5人が座っていた。家族連れらしく、大座礼山へはもう行っ
てこられたようだ。写真を撮りましょうかと聞かれたので撮って頂く。頂上はこのすぐ
上だということで早速向かい、最後の急登を上って頂上に到着。上では7〜8人の団
体さんがワイワイ賑やかにされていた。一人から今朝道路を歩いていた人ですかと
聞かれ、どうやらこの人達が車で追い抜いていった人達のようだ。えらい早く追いつ
いてきたので驚かれ、冠山まで行くと言うとまたびっくりされていた。写真を撮って下
さるというので撮って頂く。この人達も関西から来たそうで、少し話をしてから元来た
道を引き返していかれた。急に静かになって一瞬寂しくなったが、気を取り直して景
色を眺める。が、ここからは北東方面だけが見えるだけで、あとは木で囲まれていて
眺望はあまり良くない。それにモヤッとしていて遠くがぼんやりしている。一応その方
面だけ写真を撮ってから出発。ここからは道標では4.4Kmあるらしい。最初の少し
急な坂は幅が広くて歩きやすいが、たくさんの枯れた落ち葉で滑りやすいのでゆっく
り下りていく。鞍部付近まで行くと前方に山が見え出し、はや三ツ森山かと思ったが
当然違っていた。こういう山が何回も現れ騙されながら上り下りを繰り返す。途中の
ピークで少し視野が開けた所があったので覗くと平家平方面が小さく見えていて、ま
だまだ遠いなぁ〜とあきらめ気分。後ろを見ると大座礼山も少し遠ざかっていた。送
電線の鉄塔横を通ったりしながらあと1Kmの道標を越えたあたりでようやく三ツ森山
らしき山が見えてきた。まだ確かではないが距離と時間からしてほぼ間違いないだろ
う。ここから下りきった所で食事にする。暑くなってきたので座っていると虫が集まっ
てきて落ちついて食べられず、早々に出発。急坂を上って三ツ森山がはっきり見える
所に出ると平家平も大分と大きくなっていた。早やる気分で坂を下り、最後の坂をヒィ
コラヒィコラ上って三ツ森山に到着、誰もいない。頂上はなだらかで広い居心地のいい
所だが木々で囲まれていて展望が全くないのが少し残念。例によって自動シャッター
で自分を写してから出発。と、ほんの少し下った所で平家平が見えた。遠景が見える
場所はここだけで、ここから先は滑りやすい急坂になった。ロープも張ってありそれを
伝ったりしながら20分ばかし下ると三ツ森峠に到着。十字路になっていて小麦畝と中
七番へ下れるようだ。平家平へ3.1Kmと書かれた道標の方へ向かい上って行くが
ここからは暑くて長い長い上りになった。三日目なので足もだるくなっており超スロー
ペースで進んで行く。喉も渇く。40分余り上った所に鉄塔があり、広々としていたので
ここでしばらく休憩。この少し手前からもフォレスターハウス(中七番)に行けるらしく
道標が置いてあった。喉を潤したあと出発、少し行くと今朝小さく見えていた平家平が
目の前に大きく現れ、笹ヶ峰もはっきり見えるようになってきた。頂上近くまで行くと
単独の女性が下りてきた。中七番から上って来られたとのことで、川沿いの道が荒れ
ていて迂回し上のほうは笹が多く時間がかかったとのこと。自分がバテ気味でダラン
として歩いていたので、大丈夫ですか?と聞かれてしまった。頂上すぐ下まで行くと今
度は人が二人見えたがすぐ隠れて見えなくなった。そしてついに平家平に到着。ここ
の上りは実に長かった。あとは近くに見える冠山だけなので、ここで縦走が終わった
ような気分になってしまった。頂上はその名のとおりまっ平らで広々としており、一面
が笹原でものすごい開放感のある所だ。この山域では一番の場所だろう。ただ、暑
さのせいか山々がモヤッとしていてはっきりせず、石鎚山が確認できず少々残念。自
動シャッターで写真を撮ろうとしていたら、傍にいた人が撮って下さる。この二人連れ
の人は自分とは逆方向で中七番に下りられるとのこと。山の話をしているともう一組
の方達が冠山方面へ向かい出した。自分もそろそろ出発することにし、御礼を言って
別れる。ここからの道はまさに笹だらけ、手漕ぎ足漕ぎ進んで行く。まあ、すぐ前には
冠山は見えているし、道は見えないがしっかりついているので足で辿っていけばスイ
スイ行ける。しばらく行った所の岩場で先行した二人連れの人が休んでいたのでお先
に行かせてもらう。すると前から単独の男性がやってきた。今度は自分が岩場によけ
てすれ違う。また、冠山の近くまで来ると二人組が杖で道をさぐりながらゆっりゆっくり
下りてきた。急な下りは道が見えないと危ないのでこれも効果的だろう。それからしば
らくで冠山に到着。ついに長い縦走が終わりあとは下山するだけ。バスの時間にも間
に合いそうで一安心。頂上には誰もおらず、景色のほうは平家平方面と笹ヶ峰方面
が部分的に見えているだけで見晴らしはもひとつだった。写真を撮っているとものす
ごい虫の大群が群がってきて目にも飛び込んでくるので、ゆっくりとできず早々と退散。
ここからの下りも笹だらけ、滑りやすいので慎重に下っていると、下の方から複数の
声が聞こえてきた。姿は見えないが近づいてこないので下っているようだ。と、下から
ご夫婦連れが上って来た。この方達も下からは長い時間がかかってしまったと言って
おられた。30分程下って一の谷越に到着し、少し休憩。ここからは笹はなくなり歩き
やすくなった。さらに20分ばかし下った所で、先程から声がしていたグループの姿が
見えるようになった。6人ぐらいいるようだ。距離をおいて歩いているとカタクリの花が
目に付き、周りを見回すとちらほら咲いており、さっそく写真を撮っておく(ピンボケ)。
前のグループも止まっているので花を見ているのか。挨拶を交わしながら先に進む。
あとで気づいたのだが、ここがナスビ平だったようだ。標識が人で隠れていたのか見
なかったのでそのまま気づかず下りてしまった。このナスビ平から下には沢や滝がた
くさん現れる。中にはソーメンを一本一本流しているような涼しげな滝もある。それら
に目をやりながら下っていると広い林道に出た。すぐ近くには通行止、川沿い危険の
看板があった。ここが、上で会った人が言っていた迂回路のようだ。林道の少し先で
二人連れが休憩していたので、追い越して先に行く。この林道がまた長く続くのでは
ないかとうんざりしていたが、20分程歩くと途中で山道へ入る道標が現れて一安心。
ここを下ると約10分で最終地フォレスターハウスのある中七番に着くことができた。
気になっていたバスの時間まではまだ1時間以上もあるので、汗でニチャニチャして
いるシャツを着替え、ついでに残っていた食料を食べながらのんびりバスを待って完。