トップへ

日本山岳耐久レース

かけのぼりへ

A1999年10月23日〜24日(晴)
 五日市会館〜今熊神社〜市道山分岐〜醍醐丸〜生藤山〜土俵岳〜笹尾根
 〜三頭山〜大岳山〜御岳神社〜金比羅尾根〜五日市会館

●距離  71.5Km
●タイム 15時間7分52秒(制限時間 24時間)

 こういう長距離の山岳縦走は面白くてしかたがないという感じで、気分爽快だ。
 昨年は20Km地点で持病の不整脈が出てすぐに中止、といっても第一関門の
 22.66Km地点まで行かなければいけないので、これがまた地獄の苦しみだった。
 不整脈が出ると、横になっていてもしんどいのに浅間峠まで2〜3の小さい山が
 あり、おまけに下まで下るのに1時間近くもあったのでどうなることかと思った。
 今回は不整脈は出なかったものの、コース中間あたりで道の窪みに気が付かず
 足を突っ込んでころんでしまい両足共負傷、そこから先は痛みで思うように足が
 動かず、血だらけ、傷だらけのゴールとなってしまった。


@1998年10月10日(晴)
 五日市会館〜今熊神社〜市道山分岐〜醍醐丸〜生藤山〜浅間峠〜上川乗

●タイム 4時間30分
(20Km地点で持病の不整脈が出て中止)

三頭山で