銅山越〜ツナクリ山〜ちち山〜笹ヶ峰

(石槌山系其の一)

(赤石山系其の五)

(別子山域其の七)

笹ヶ峰(ちち山手前の尾根から)

地図
愛媛の大山脈を繋ぐ(7)
別子山域其の六から

 本日の歩きで、旧別子山村の周りを囲んでいる山々が繋がるんだワサ〜。

2010年5月30日(晴)
 筏津〜日浦登山口〜ダイヤモンド水〜銅山越〜銅山峰〜西山〜ツナクリ山
 〜土山越〜獅子舞の鼻〜ちち山の別れ〜ちち山〜もみじ谷分岐〜笹ヶ峰
 〜ちち山巻き道〜ちち山の別れ〜一の谷越〜ナスビ平〜中七番

 
ということで、午前3時20分頃筏津を出発。日浦登山口までは緩やかな上り
ばかりの舗装道路歩き。まんまるに近いおっ月さんが道を照らしてくれている
ので、付けているヘッドランプは点灯せずで大丈夫。約5Kの道を黙々と1時間
ばかしかけて登山口に到着。ここの前にある広場を見ると車が4台、テントが4
張り張ってあった。まだ暗いのでシーンとしており、皆さんまだ寝ているご様子。
自分はここで食事とし、宿で作って頂いた弁当をリュックからガサゴソ出してい
ると音が聞こえたのか、テントの中からあくびのような大きな声が聞こえてきた。
それを合図に他のテントからも声が聞こえ出し、どうやら皆さん起きられたよう
で、そのうちに一人、二人とテントから出て来られた。弁当を食べながら朝の挨
拶を交わしていると今度は新居浜方面から車が一台やって来て、この人もここ
から上るらしく、「今日はえらい賑やかやな〜」と言っておられた。食事が終わる
頃にはちょうど空も明るくなり、午前4時50分頃グッドタイミングでお先に出発。
少し上ってフッと振り向くと澄み切った青い空に真っ黒い東光森山が見えており
このコントラストがなんとも美しく、ず〜っと眺めていたい気分だった。が、今日
は長い歩きになるのでそれを振り払い前進再開。10分程上って煉瓦造りの塀
の一部が残る要人接待館跡を通り、さらにしばらく行くとダイヤモンド水が溢れ
出る広場に到着。ここで水を飲んだり補給しながら少し休憩してから出発。よく
整備された道を30分くらい上ると後方の見晴らしが良くなり出し、逆光に照ら
されてまぶしく光る三ツ森山方面が見えるようになってきた。その景色を眺め
ながら進んでいるとそのうちに銅山越に出る。ここは昨年、東赤石山から縦走
して土山越まで行く予定が、バスの時間が微妙になりここから下山した場所だ。
今回はその続きを行くことになる。ここから西山ははっきりとわかるが、銅山峰
は丘のような感じであるのかないのかよくわからない。なめらかな頂上らしき所
に山名板のようなものが小さく見えているので、たぶんあれだろうというぐらいだ。
ということで、そこまで行ってみると案の定、その通りでござりました。ここからは
東光森山〜三ツ森山方面が逆光気味ながらも綺麗に見えているが、赤石山方
面はまともに太陽の出ている方角で残念ながら正視できず。ここから10分くら
いで西山到着、頂上からは木々でなんにも見えず。が、ほんのちょっと進んだ
所から素晴らしい景色が見えた。まだ朝早いので冠山から黒森山にかけての
澄んだ稜線がくっきりと見えている。ここもすぐには去りがたいが先があるので
仕方なく進み、急な坂道を下りて行った。銅山越への鞍部まで行くとこの辺から
は笹の多い急登になった。道は平面的で引っ掛かりがなく、滑りやすいので上
りにくい。所々でツツジも咲いているが、すでにしぼみかけのものが多くなって
いる。ジワリジワリと20分程上ったところでツナクリ山に到着。山頂は5m程の
細長い所で、ここからの眺めもまた素晴らしい。西山で見た景色と殆ど変わら
ないが、さっきはツナクリ山で隠れていた平家平もはっきり見えていて、実に爽
快だ。ここも同じくのんびりしていたいところだが、なんとかサッとあきらめて体
を前に動かしにかかる。急な下りを10分程下ると十字路のようなややこしい分
岐点に出た。道標を見ると笹ヶ峰方面は真っ直ぐ前の方向に向いているように
みえる。道らしきものもあってそちらの方向へ行ってしまいそうになるが、ここは
右に曲がって緩やかに下っている道を行くのが正解だ。(事前に髭じじーさんの
HPでわかっていたのでおかげさまで迷わず行くことができた)一枚の板ででき
ている為、双方向をうまく示せずどっちつかずの方向になってしまったのだろう。
ここからは笹のある水平的ななだらかな道が30分程続いて大永山トンネルへ
の分岐点、土山越に出る。ここからいよいよ長い上りになるので少し休憩、息を
整えてから出発。馬道の別れ、舟窪と段々と傾斜が増していき、息もすぐに荒く
なったが、まだ午前8時頃で空気もひんやりしており、そんなに汗をかくこともな
く順調に上って行く。40分くらいかかって上りきった所に出ると右側に岩小屋の
ような割と広い空間があった。周りも少し開けていてテントも張れそうだ。ただし
水場はないが。さらに少し上ると獅子舞の鼻という四等三角点のあるピークに
出た。周りの木々で見晴らしは良くなく、ちち山方面の稜線がわずかに見える
だけ。平坦な尾根道を少し進むと、ちち山方面がよく見え出したので少し休憩。
稜線を見ると誰か一人歩いているようで、ごく小さな線が左から右にゆっくり動
いているのが見え、どうやら一ノ谷方面からやって来て笹ヶ峰方面に向かって
いるみたいだ。水を飲んだりして落ち着いてから出発、再び笹が多くなってきた
道を鞍部まで下ると、その辺りからはちち山方面の笹原のきつそうな急斜面が
大きく見え出した。笹は腰下までで道もしっかり付いているので歩くのには支障
がないがやはりきつい。ノッソリノソリと前に進み、稜線近くまで来て息抜きに
後ろを振り向くと、赤石山系の山々や今日歩いてきた尾根が見えていてなかな
かの眺めになっていた。そしてなんとかちち山の別れの分岐点に到着。ここか
らは笹ヶ峰もちち山も手前の尾根に隠れて見ることができなかった。少し休ん
でから出発、ちち山の巻き道へと進む。と、ここまではよかったのだが、肝心の
ちち山への上り道がなかなか現れない。おかしいなと思いさっき後ろの方で見
た尾根に上っている僅かに付いていた踏み跡まで戻ることにした。ここもおか
しいなとは思ったが、ちち山に行けずに全部巻いてしまうとアホらしいので、こ
こを上っていくことにした。するとすぐに踏み跡もなくなって笹で通せんぼ状態、
やっぱり違っていたかとガックラコン!、しかし尾根上をよく見ると、間違ってこ
こを通っている人もいるらしく、笹の上に僅かな人の通ったような筋のような跡
がついていた。また引き返すのもめんどくさく、ええ〜い、行ってしまえ!と強行
突破。幸い笹は腰の高さぐらいまでで、前の景色も見えているので忠実に尾根
上を行けば大丈夫だが、笹を踏み踏み、笹に乗っかりながら進むので足にこた
える。一本の小さな角棒が立つ無名ピークを越えると、笹ヶ峰が近くにはっきり
と見え出した。何回も巻き道に下りたほうがいいのではないかと思いながらも
下りられないので仕方なく前進していると、ちち山近くになって巻き道から上っ
てくる細い道とやっと出くわした。ものすごい急登だ。距離は短いが滑りやすそ
うで下る場合はかなり危なそうだ。ここからは上りに変わって10分程でちち山
に到着。少し雲が湧いてきてはいるが、実にいい眺めが拡がっている。という
ことで、ここで食事とした。笹ヶ峰を見ると頂上付近で人影が一人、ちらほら見
え隠れしており、多分さっきちち山の別れの取っ付きから見えていた人だろう。
30分近く休んだあと出発、いよいよ笹ヶ峰へ向かう。ここからの下りは道もな
だらかで笹ヶ峰も終始見えていて軽快な気分になれる。下り終えると巻き道と
合流し、さらに少し進んでもみじ谷分岐に出た。振り返るとちち山がどっしりと
大きく見えている。そしていよいよここからは最後の上り。そんなに急ではない
ので上りやすいが、ここまでの歩きで少々バテ気味で、帰りのこともあるので
ゆっくり上って行く。そしてそしてついにとうとうなんとか山頂までやってきた。
山頂は広々としていて開放感のある所だ。少し雲が出ていて石鎚山が見えな
かったが、まあまあの眺めだろう。人は誰もおらず静かで、ちち山から見えて
いた人はすでに反対側から下りたようだ。ところが、周りの景色や自分の写真
を撮り終わったら、途端に男性二人組と単独の男性が反対側から現れた。少
し遅れてまた単独の男性、続いてご夫婦連れと次々に現れ、一転して賑やか
になってしまった。景色を眺めていると単独の人から写真撮影を依頼されパチ
リ!。結局山頂には30分余りのんびりしてから出発、来た道を引き返して行っ
た。ちち山の巻き道まで戻って来るとそこから10分余りで頂上へ行く分岐に到
着。ここから見上げてもものすごい急登だ。よくこんな所に道を作ったな〜、と
感心しながら通過。巻き道の方も右下に斜めになっていて滑らないよう支えな
がら行くので歩きにくい。ところでこの巻き道分岐だが、分岐からちち山の別れ
までは20分少々かかる。笹ヶ峰から来た場合は、この分岐まで来なくとも手前
の分岐から上れるので問題ないのだが、反対側のちち山の別れから行く場合
はちゃんとした道がないのでなかなか分かりにくい。そのため、ちち山へ行きた
い人は自分のように引き返して踏み跡から間違って上っている人もいるようだ。
とういうことで、再びちち山の別れまで戻ってきた。ここから一ノ谷越まで行くと
旧別子山村の周りの山々が繋がることになる。初めは、一ノ谷越から下は前
回通っていたので、ここから大永山トンネルの方へ下山しようと思っていたが、
それだと一ノ谷越までの間が残ってしまい、歩いて僅か30分位の所だがすっ
きりしない為、一ノ谷越に向かう。ここからは笹が増えてきて道を覆うようにな
りわかりにくい所もあるが、木の赤テープを目印に進んで行けば大丈夫だろう。
しばらく下って一ノ谷に到着、これでめでたく旧別子山村の周囲の山を繋げる
ことができた。めでたいついでに少し休もうと腰をかけ、靴のゴミを取っていた
ら歩いてきた方向から単独の男性がやってきた。ここは十字路になっている
のでそれぞれの行先を聞いてから冠山の方へ上っていった。靴もさっぱりした
ところで下山開始、ここからはよく整備された道に変わり、一ヶ月前にも通った
ばかりなので、のんびり下っていく。前回、団体さんがいた為、気づかずに通り
過ぎたナスビ平に着くとさっそくカタクリの花を探したが今回は影も形もなくなっ
ていて見ることはできなかった。それからしばらく下って林道に出、またしばら
く歩いてから山道に入り、10分程で登山口に到着。笹ヶ峰まで行って戻って
来れるのか足がもつのか少し不安だったが、なんとか歩き通すことができた。
旧別子山村を囲む山々も繋げることができたし、万々歳で終わることができた。
 *帰りの地域バスが予約制で、事前に予約しようとしたら団体さんの予約で
満員だったため、諦めてタクシーで帰る予定だったのだが、この日下山してか
ら問い合わせると、ちょうど一人だけキャンセルして乗れるとのことで、バスの
時間までは3時間近くもあったが、待つことには慣れてはいないが、のんびり
待つことにした。おかげで全線均一の400円で帰れて、こちらもバンバンザイ!!。

山歩きへ
トップへ
山岳縦走へ
近況報告へ
石鎚山系其の二へ