千日回峰行
二度満行 酒井雄哉師 青空講話

(2013年9月23日逝去)

トップへ

重要文化財 旧帝国京都博物館本館(京都国立博物館 2005年11月8日)

二千日回峰行者 大阿闍梨 酒井雄哉師が山から降りられ講話をされるということで
めったにない事なので、万障繰り合わせて聴講に行く。演題「回峰行と天台のこころ」
自分の場合、宗教の面ではさほど関心は無く、歩きの面では講話でも「生きるか死ぬ
かの瀬戸際だった」と話されていたように、これぞまさしく窮極の歩きだろう。(*)