その他の連続歩行

おもしろあるきへ
トップへ

●大峯奥駈道
  1985年5月15日(晴後曇り)
   熊野本宮大社(午前2時30分発)〜吹越山〜大黒天神岳〜五大尊岳〜大森山
   〜旧篠尾辻〜玉置山〜花折塚〜横峰金剛〜如意宝珠岳〜貝吹野〜香精山〜
   地蔵岳〜槍ヶ岳〜笠捨山〜佐田辻〜浦向(午後9時30分着)


   大峯奥駈道の全縦めざして出発したが、花折塚付近で林道の地図と現況の違い
   からコースを間違えて大きく時間をロス。これが大きく影響して翌日のゴール地点
   六田駅の終電車への到着は無理となったため、佐田辻まで行って浦向へ下りた。
   (半月後に再度全縦めざし、連続歩行はできなかったが、無事完歩。)

●台高山脈@
  1986年5月4日(曇り、霧、強風)〜5日(晴)
   桃俣〜桃俣橋〜高角神社〜天狗山〜カヤノ山〜高見山〜雲ヶ瀬山〜ハンシ山〜
   伊勢辻山〜赤ゾレ山〜馬カケ場辻〜国見山〜水無山〜明神平〜大又

   
午後3時から出発、連続歩行めざしたが、霧と強風と暗闇で明神平から先は道が
   わからなくなって進めず、明神平で夜を明かそうとしたが(午前0時頃)、寒くて我慢
   できない為2時間程たってから大又へ下る。(午前4時半頃到着)

●台高山脈A

  1986年(曇り後晴)5月22日〜23日(晴)
   桃俣(正午発)〜桃俣橋〜高角神社〜天狗山〜カヤノ山〜高見山〜雲ヶ瀬山〜
   ハンシ山〜伊勢辻山〜赤ゾレ山〜馬カケ場辻〜国見山〜水無山〜明神平〜明神岳
   〜笹ヶ峰〜千石山(午前0時24分)〜笹ヶ峰〜明神岳〜明神平〜大又  時間不明

   
再び連続歩行をめざしたが、今度は千石山付近で暗闇とヤブで進めなくなり、戻る道
   もわからなくなったので、その場で野宿し夜を明かしてから引き返す。風もなく落ち葉
   の上で横になるといいクッションになり、そんなに寒くなく割と寝心地がいいもんだ。
   夜、無数のシカが近くまでよってきて、いたるところで目が光っていた。

●富士山周回A
  1986年7月31日(晴)
   精進湖民宿村(午前4時発)〜風穴〜氷穴〜河口湖I・C〜吉田浅間神社〜山中湖
   〜籠坂峠〜須走浅間神社〜自衛隊演習場〜赤坂〜自衛隊演習場〜忠ちゃん牧場
   〜十里木〜勢子辻〜大坂〜村山浅間神社〜上井出I・C  約90Km 時間不明


   再び富士山一周横断連続歩行をめざす。ところが今回は、自衛隊演習場まで行くと
   丁度演習中とぶつかり、入り口で終わるまでかなり待たされ予定が大幅に狂ってしまっ
   た。このため歩く意欲が薄れ体に力が入らず、迷って歩いているとますます遅れだし、
   このままだとダメなので上井出I・Cでやめる。(富士山一周連続歩行は2年前に完歩)

●富士山周回B
  
1992年8月10日(晴後曇り)
   精進湖民宿村(午前2時発)〜富岳風穴前〜氷穴〜鳴沢〜吉田浅間神社〜忍野〜
   山中湖〜籠坂峠〜須走浅間神社〜自衛隊正門前〜赤坂〜自衛隊演習場トーチカ
   〜十里木〜大坂〜村山浅間神社〜篠坂〜富士宮駅(午後10時30分着) 約84Km


   右足膝裏を痛めていたが強行で6年ぶりに富士山一周横断連続歩行をめざす。
   しかし、やはり早くも籠坂峠あたりから足を引きずりだすようになり、だんだんと足が動
   かなくなってきたため、篠坂まで行って富士宮駅まで下る。
   (連続歩行ではないが、富士山一周横断歩行は翌年に完歩。)
 
●台高山脈B
  
1993年6月5日(曇り)
   桃俣(正午発)〜高角神社〜天狗山〜カヤノ山〜高見山〜高見登山口


   こちらの方は7年ぶり3回目。ところがこちらの方はなんと高見山の下りで道を間違え
   てしまい、気づくのが遅すぎて上り返す気になれず、天気も下り坂のような感じなので
   そのまま登山口まで下る。  時間不明

●台高山脈C
  
1994年5月28日(晴)
   桃俣(正午発)〜高角神社〜天狗山〜カヤノ山〜高見山〜雲ヶ瀬山〜ハンシ山〜
   伊勢辻山〜国見山〜明神平〜明神岳〜笹ヶ峰〜明神岳〜明神平〜大又(23時着)
  
   
4回目の台高山脈。快晴で満月という絶好の条件だったが、今回も夜のヤブ道歩きの
   壁は厚く、道がわからず引き返す。次の機会では明神平から先を昼間の明るいうちに
   通るようにしたほうがよさそうだ。
    

平面図
標高図
山歩きへ