雁坂峠越え秩父往還141Km走

のんびりはしろへ
トップへ

2005年9月18日〜19日(快晴まぶし過ぎるくらいの満月あっぱれにっぽん晴れ)
 甲府駅北口〜道の駅まきおか〜雁坂峠登山口〜雁坂峠〜雁坂小屋〜扇屋山荘
 〜増田屋〜熊木商店〜ロックガーデンカフェ〜久保交差点手前〜健寿村

●タイム 23時間11分33秒  ●制限時間 24時間

 富士山を見ながら、奥秩父の山々を見ながら、満月を見ながら、にっぽん晴れの下で
 制限時間を有効に使いながらの走歩を満喫することができた久しぶりの完走歩だった。
  4週間程前に山を走って下山中に突然右足首付近に痛みが走った。過去に何度かあ
 るハチに刺されたような痛みだったが確認はできなかった。そのまま下山して足を見る
 と靴下の上から血が出ているではないか。過去にハチに刺されても血などは出たことが
 ないのでおかしいなとは思ったが薬を塗ってそのままにしておいたら数時間ぐらいして
 から膝から下がみるみる腫れ出してきて足の甲などはぷっくりと餅を焼いたような感じ
 にまで膨れあがってしまった。歩くとブヨンブヨンとゆれている。次の日にお医者さんに
 診てもらったが何に刺されたのかが分からない為、消毒するだけで終わった。その晩
 今度は傷口付近に小さな水ぶくれがたくさんできそれが勝手につぶれて赤くただれだし
 た。もしハチだとすると何回も刺されていると体が毒を覚えているので、ショック死する人
 もいるそうだ。三日間ほどほうっておいたが腫れがまったくひかないので別のお医者さ
 んに診てもらい、血液検査と毒予防の注射を受ける。結局血液も異常なく、足の腫れの
 ほうも十日ほどでようやくひいたが、この間、フロに全く入れず、くそ暑い時期にえらい目
 にあってしまったものだ。傷口は今でも消えず、ただれた所の腫れは少し残り、ほんのり
 と赤いままだが痛みは全くなくなったので山も普通に走れるようになり、めでたしめでたし。
  こんなことがあったので今回もどうなることかと思ったが影響は全く出ず、昨年の甲州
 夢街道で起こった尿の異常もなくゴールすることができた。ただあまりにも晴れすぎたの
 で飲み物を飲みすぎて腹のほうがおかしくなってしまった。
  コース中にある雁坂峠に行くのは22年前に奥秩父を縦走して以来2度目だが、こんな
 形で再び峠を越えるとは思わなかった。これで縦走と横断でクロスしたことになる。
 

完走後に一休み

表彰式

ゴール

スタート前