2008年       (晴れ)
 戸隠小舎~奥社~五十間長屋~百間長屋~天狗の露地~蟻の門渡り~
 剣の刃渡り~八方睨~戸隠山~九頭龍山~一不動避難小屋~五地蔵山
 ~高妻山~乙妻山~高妻山~五地蔵山~一不動避難小屋~氷清水~
 不動滝~滑滝~戸隠牧場~戸隠キャンプ場

 
 今日の歩きはかなり時間がかかりそうなので朝3時半に出発。ところが
 途中、奥社入口に行くまでの近道で迷ってウロウロ、なぜか元の宿に戻っ 
 きてしまい結局40分遅れで再出発。2度目はなぜかすんなり行けたがこ
 の遅れで余裕気分がいっぺんに消えてしまった。登山口にすら着いていな
 いというのに早や遭難するとは、一体わたくしめは何をやっているんヤとガ
 ク~ンと落ち込んでしまったが何かに化かされたような気分でもありやした。
 ヘッドランプを照らしながら樹で覆われた真っ暗な近道を抜け出してからは
 なんとか気分も落ち着き、それから40分程で奥社に到着、空はすっかり明
 るくなり戸隠の山のギザギザがわずかに見えている。ここで宿でつくって頂
 いた弁当を食べていると単独の人が上に向かっていったがしばらくして下り 
 てきた。上は行き止まりのようで登山口は少し下にあるようだ。もうしばらく
 して宮司さんがこられたので道を聞くとやはりこのすぐ下から上っていくとの
 こと。ゆっくり休んだあと出発、少し下の「夏山相談所」と書かれた旗とテント 
 が張ってある横をすり抜けて行くとここからはいきなりの急登となった。暑い
 うえにきつい上りが続きまたそのうえにリュックの重みが肩にくい込んでくる
 ためノッソリノソリと進んでいく。30分ほどして鎖場が現れ、慎重に通過する
 と急峻な山が目の前に立ちはだかり、戸隠のギザギザもすぐ近くに見えるよ
 うになった。さらに五十間長屋、飯縄山の見える百間長屋の岩屋を過ぎて行
 くと何回目かの鎖場が現れる。ここからは一変してひと目で危なそうだなとわ
 かる鎖場が続き出した。見返りの岩、胸突きの岩といわれる垂直に近いよう
 に見える滑りやすい岩場を鎖と岩にしがみつきながら恐る恐るよじ登り、やっ
 とのことで通過することができ、ホッとした途端、さらに恐ろしい光景が目の
 前に現れた。蟻の門渡り、剣の刃渡りという両側がスパッと削げ落ちて幅は
 かなり狭く屏風が立っているような感じの所で、立っては渡れないとすぐに
 判断できる。はたして渡れるのかと目の前で尻込みし少し考えたが、引き返
 すとなると鎖場の下りが余計に危険なので前に進むことにした。進み方はま
 ことにカッコウの悪いことだが、這いつくばりながら、岩にペッタリ張り付きな
 がらの匍匐前進となってしまった。ということでなんとか危機を脱出、すぐ上
 の八方睨の頂上に着くことができた。この時の安堵感はなんと言ったらいい
 のか、とにかくこれが安堵感だという感じだった。頂上からはアメリカにある
 デビルスタワーのような特異な形をした高妻山がきれいに見えている。反対
 側には西岳を挟んで槍・穂高らしき山(モヤッとしているのでわかりにくい)や
 後立山連峰が見えている。太陽の位置関係で東側がまぶしくて見えないの
 が少し残念。一通り景色を眺めた後、先ほどから人の声がしていた戸隠山
 へと向かい、10分ほどで到着。男女三人のグループがおり、今日は一不動
 避難小屋からやって来てまた引き返すとのこと。そのうちの男女二人が八方
 睨へ向かったので残った人に写真を撮って貰ってから出発、高妻山へと向
 かう。稜線上は樹で囲まれている所が多い為景色を眺められる所はあまり
 く、下から見えていた危なっかしそうなギザギザも、そんなに危険な箇所のな
 い上り下りの道で、途中にある九頭龍山にも気づかぬまま一不動避難小屋
 に到着。小屋の前では女性三人のグループが団欒していて、これから高妻
 山へ向かい今日はここで泊まるとのこと。戸隠山のことも聞かれたので「もの
 すご~く危なかった」と言っておいた。後でわかったのだが、明日、戸隠から 
 奥社へ下りる予定だったのをやめにして戸隠まで行って引き返すことにした
 らしい。逆コースはさらに危険なのでそれが正解だろう。さて自分は高妻山
 のもひとつ先の今回の一番の目的地、乙妻山まで行く予定なのでお先に出
 発する。ここから高妻山までは、一不動から順に十阿弥陀まで続く「お裏巡
 り」というものがある。それぞれ大体山の上のほうに位置している為、それぐ
 らいの数のピークを上り下りすることになる。道のほうはわかりやすく危険な
 ところもないが、なんせ上り下りが多く、今朝の戸隠への上りで予想外にふく
 らはぎにダメージを受けていたので、足がだるくてなかなか進まない。チョビ
 チョビ休みながらヨタヨタしながらノロノロと進み、ついに高妻山の最後の急
 登の前で大休止。暑いので木陰を探し、ここで昼食にした。先程からつかず
 離れずして避難小屋で会った三人組の話し声が聞こえており、追いつかれ
 るとカッコ悪いのでそそくさと出発。荷物は食料と水が少し減ったが肩にくい
 込む痛みで重さは殆ど変らない感覚で相変わらずノロノロと進む。このあた
 りから高妻山に行って戻って来た人たちとよく出会うようになってきた。もの
 すごい急登を何回も止まりながらフハフハ言いながら頂上近くに来た所で今
 朝奥社で会った単独の人とすれ違う。頂上はこの上かと聞くと、上ってから
 まだ少し先とのこと。ガッカリして上り着くと十阿弥陀が現れた。頂上も案外
 すぐ先に見えていたのでホッと一安心。ゴツゴツした大きな岩がゴロゴロする
 不安定な所を越えてやっとこさで高妻山に到着、実にどぎつい上りだった。
 頂上には誰もいない。楽しみにしていた頂上からの眺めも雲と霧に邪魔され
 て殆ど見ることができず気分はもうひとつ。それから、着くと同時ぐらいに乙
 妻山から帰ってきた人が裏から現れた。今日は戸隠キャンプ場からやって
 来てまたキャンプ場まで帰るとのこと。乙妻山までの時間を聞くと行きも帰り
 も1時間15分くらいで最初の下りが危ないらしい。戸隠からの縦走のダメー
 ジで体全体に余り力が入らず、往復してまた一不動までバテないで戻れる
 かどうかが少し不安で行こうか行くまいかかなり迷ったが、一番の目標だっ
 た乙妻山に行かずして帰ってしまったのではあとあとくいが残るだろうと思い
 とにかく時間を見ながら行ってみることにした。そうと決まればさっそく写真
 を撮って貰ってから出発、しばらくして急な下りが現れた。滑りやすそうなの
 で慎重に恐る恐る下って行く。下り着いて、また上ろうとする所で荷物の重さ
 が体にブレーキをかけてくる為、ここの鞍部で荷物を置いて行くことにした。
 自分の場合、どの山へいく場合でもリュックは必ず背負って行くようにしてい
 るが、今回ばかりは時間と体の消耗具合が気になり、止むを得ず空身で行
 くことにした。喉が渇かないように十分水を飲んでから、といきたかったがこ
 こまでの縦走路には水が全くなく、先のこともあり残りの量も少なくなってき
 ているのでガブ飲みはできず、半渇きのまま出発。身のほうは随分と軽くな
 り軽快に歩けるようになった。途中、数人数グループの人達とすれ違い、一
 山越えて下りていくと広々とした原っぱに出、真ん中のほうに十二大日と書
 かれた板が立ててあるのが見えた。その先の緩やかな坂を上っていくとつ
 いにめざす乙妻山に到着、時間がやや遅いせいかここにも誰もいなかった。
 山名板を捜したが見つからず代わりに十三虚空蔵と書かれた板があり、ど
 うやらここが乙妻山の頂上らしい。三角点はそこから少し離れた所にあった。
 景色のほうは少し雲がかかってはいるが山々はよく見えているほうだろう。
 ここからの高妻山はなだらかに見えていて、戸隠から見るのとでは全く違っ
 た山に見える。まさにこういうのが見たかったんヤ~、と、ひととおり感動し
 たあと再び高妻山に向けて出発。日差しが強い中、先ほど置いてきた荷物
 の所まで戻り、水を一口二口飲んで乾いた喉を潤す。これだけでも気分的
 にも体力的にもだいぶ違うもんで元気になったような気になる。再び荷物で
 重くなった体を足で押し上げながら高妻山への最後の急登を上り、誰もいな
 い頂上に出る。他の人たちはすでに引き返しているようで、自分も早々に立
 ち去り、一不動へと歩を進める。途中誰ともすれ違わなかったことから自分
 が最終だったみたいだ。何度も現れる上り下りにヘイコラしながら三文殊を
 越えた辺りまで戻って来ると少し前を歩いていたらしい人に呼び止められた。
 指を指す方向を見るとブロッケン現象が見えていた。実に久しぶりのブロッ
 ケンだと思ったが、よく見るとおかしなことにこのブロッケンには影が映って
 いない。普通、自分の影が映るものだが中は空っぽだ。しかし隣の人には
 影が見えているらしく、その人の立っている場所に移動すると、なんと影の
 動くのが見え、自分の影と入れ替わってしまったではないか。ブロッケンの
 虹はいつもと同じで最初から一つしか見えず、この中でのこういった変則的
 な現象は見たことも聞いたこともなく、まことに貴重で珍しい現象に出くわし
 たことになる。興奮覚めやらぬまま頭もひねりながら進んでいるとしばらくし
 て一不動避難小屋に戻って来た。小屋前にはすでに三人グループの大きな
 テントが張ってある。小屋に入るとさっきのブロッケンの人が座っており、少
 し休憩してから下山して行った。自分はここで泊まるつもりだったが、明るい
 うちに下山できそうなので、今日は下の戸隠キャンプ場で泊まることにした。
 これだと明日の飯縄山も楽になるし、大阪直行の電車にも間に合うだろう。
 と考えていたら二人の男性グループが小屋に入ってきた。今日は自分と同
 じ奥社から来てここで泊まり、明日高妻山まで行くとのこと。本来はこれで
 普通の行動だろう。自分の歩いたコースのことを聞いてえらく驚かれていた
 が、自分でもよくぞこれだけ歩けたもんだとホッと胸をなでおろしている。そ
 ろそろ下りないと日が暮れるので二人組とテントの三人組に挨拶してから下
 山開始、15分くらい下って水場に出た。氷清水(地図では一杯清水)と書か
 れていてそんなに多くは流れていない。避難小屋で下山と決めた時にわず
 かに残して水を多めに飲んでいたが、それだけでは喉の渇きは殆ど治まっ
 ていなかったのでペットボトルに汲み直してから一気に500mℓを飲み干す。
 これでなんとか喉の渇きはなくなり、ついでに水だけで満腹感もできてしま
 い一石二鳥。あとでわかったが、この道は沢と交差しながら下のほうまで続
 いているので水の心配なく通れる。途中、二ヶ所の少し危ない鎖場を越え、
 なだらかになってきた道をしばらく下って行くと拓けた草原に出た。少し先に
 は牛、ヤギ、馬さんのおられる戸隠牧場もあって、今までの緊張感から一気
 に開放されてのびのび気分に。周囲を見物しながらのんびりと歩き、ようや
 くのことで今日泊まることにしたキャンプ場に到着。長く厳しい歩きじゃった。

8月10日
トップへ
山岳縦走へ
山歩きへ
近況報告へ

戸隠山・高妻山・乙妻山・飯縄山

8月11日 飯縄山へ続く
八方睨(左)と戸隠山(右)  蟻の門渡りから(左手前)