チャレンジャーズ・レース2005

Japan Cup Tokyo Trail Run 100

2005年4月30日〜5月1日(晴れ)

 青梅市永山公園総合運動場〜三方山〜雷電山〜榎峠〜高源寺〜高水山〜岩茸
 石山〜黒山〜棒の嶺〜槙の尾山〜長尾ノ丸〜日向沢の峰〜柱谷ノ峰〜蕎麦粒山
 〜一杯水非難小屋〜大栗山〜七跳山〜酉谷非難小屋〜滝谷ノ峰〜水松山〜長沢
 山〜芋の木ドッケ〜大ダワ〜雲取山〜小雲取山〜奥多摩小屋〜七ッ石山〜七ッ石
 小屋〜堂所〜鴨沢〜鴨沢グランド〜大寺山〜三頭橋〜ムロクボ尾根〜入小沢ノ峰
 〜三頭山〜三頭非難小屋〜大沢山〜槙寄山〜笛吹峠〜丸山〜日原峠〜浅間峠〜
 熊倉山〜三国峠〜生藤山〜醍醐丸山〜和田峠〜陣場山〜堂所山〜景信山〜小仏
 峠〜城山〜大垂水峠〜大洞山〜金毘羅山〜中沢山〜泰光寺山〜三沢峠〜草戸山
 〜高尾〜都立綾南公園グランド

●距離 100Kコース(128Km)   ●制限時間 24時間

●結果 第2関門(酉谷非難小屋)手前で制限時間切れ、一杯水から東日原へ下山
      所要時間 一杯水非難小屋まで約6時間45分

 
土の山道を行く100キロの山岳連続縦走は、自分の理想とする山行きの形のひとつ
 でもあるので、自分向きでおもしろそうだということで参加する。と、ここまでは良かっ
 たのだが、事前にある程度は予想していたものの実際に参加してみてこのレースは
 かなりきびしいレースだということを実感する。何がきびしいかというと前半に設定され
 ている制限時間だ。第1関門はなんとか10分くらい前にクリアできたが第2関門には
 全く間に合わず惜しい気持ちも湧き起こらない。この第2関門で参加者が1/3に、第3
 関門では25人にまで減ってしまい、時間内に最終ゴールまで辿りつけたのはわずか
 全体の7%11人(参加154人)という前代未聞?、前人未踏?、奇々怪々?な結果に
 終わってしまった。第3関門までが厳しくこれ以後の時間設定は割とゆるくしてあり、も
 う少し平均的に出来ないものかと思ってしまう。これに対応できるのは山岳耐久レース
 で9時間以内、富士登山競走で3時間前後で入れるくらいの人ぐらいなものだろう。 

TTR・2007へ
かけのぼりへ
山岳縦走へ
おもしろあるきへ
トップへ
コース図