「東温アルプス全山縦走」 この文字の響きの良さにつられて全山縦走をめざす。

2012年
 黒森峠登山口〜割石峠〜石墨の分かれ〜石墨山〜石墨の分かれ〜法師山〜
 白猪山〜白猪峠〜根無山〜樽谷山〜梅ケ谷山〜井内峠〜うなめご(奥善神山)
 〜1,253mピーク〜陣ケ森〜上林峠〜竜神平〜皿ヶ嶺〜十字峠〜引地山〜
 引地山峠登山口〜林道〜久万スキーランド〜六部堂バス停の少し手前まで〜
 あとは途中でお会いした方がわざわざ松山駅までの長い距離を車で送って下さる。

 
ということで、今回も先月と同じく予約しておいたタクシーに乗って午前5時45分頃
宿を出発、まず西側の黒森峠に6時20分くらいに到着。車の中からは登山口らしき
所が見当たらないので運転手さんも降りて一緒に探して下さる。この方は観光協会
が発行している東温アルプスガイドを持って来ておられ、その地図を見ながら探して
下さり、自分も事前に送ってもらって持ってはいたが、あとでこの地図を下さった。登
山口のほうは、ここからは逆の方向に広い林道が延びているだけでわからず、峠の
反対側の駐車スペースのある方へ行ったがなかなか見つからない。そのうちに僅か
に踏跡のある所を見つけたので、ここを入ってみるということで運転手さんとはここ
で別れる。しかし、一人になってからそこを入って行くとすぐに藪で行けなくなり、また
戻ってきてしまった。道の反対側を見ると祠があり、その横から上がる道が続いてい
る様なので進行方向とは逆向きだが、様子を見に入って行く。道はすぐに広くなって
林道のような感じで、ずっと続いているようだったが5分程進んでから引き返す。こ
の道は青滝山へと続いているのか?。道路に戻ってから気分一新、も一度峠の周り
をゆっくり見直していると、少し離れた道路の脇に草に隠れかけた小さな文字板のよ
うな物が見えた。近づくとかなり小さな字で「登山道」と書かれた道標だった。横を見
ると細い道も続いている。ということで、やっとのことで登山口を見つけホッと大安心。
ここに着いてから40分近くもウロチョロもたついた。ここからは遅くとも午前7時まで
には出発しなければと思っていたが、丁度ギリギリで出発することになってしまった。
ということで、少々あせり気味で出発。道にかかっている草が濡れており、すぐに靴
とズボンがビショビショに。少し上ってひと山越えて、も一度上ると見晴らしのいい所
に出た。左側に石鎚方面が見えているが石鎚山は見えていない。正面にはこれから
向かう石墨山方面が間近に見えいい眺めだワ。それから5分程で割石峠に到着、こ
こから道が急になり出した。あとで気がついたのだが、峠には東温高校の山小屋が
あるみたいだが、そこからは見えなかったので気がつかずに通過してしまっていた。
ここの上りはきつい、超一級品の急坂だワ、最初からこんな急坂だと最初でバテて
しまうではござりませんか。などとブツブツ言いながらヘロヘロになりながら40分くら
いかかってなんとか乗り越え、石墨の分かれに到着。すると一変して目の前の視界
が開け、周りには気分爽快な素晴らしい景色が拡がっていた。と、ここまではいいの
だが、蒸し暑いので虫がたくさん飛んでいて落ち着いて景色を眺められず、早々に
出発、右は縦走コースで、まず左の石墨山をめざす。ここからは近くに石墨山のよう
な山が見えていたが進んで行くと違っていた。途中、ロープのある展望岩や小ピー
ク等を何度か越えて行き30分程で石墨山に到着。山頂からは東から南方面がよく
見えていたが、石鎚山は手前の山で一部隠されており全体は見えなかった。ここで
もたくさんの虫が飛んでいて、中でも一匹だけ大きな羽音をブンブン鳴らしながら山
頂の主のような感じででっかいクマバチ殿が飛び回っておりゃれたノ。周辺の写真を
撮ってから虫に追い払われるようにして来た道を戻る。帰りの展望岩ではまぶしくて
見えにくかった石鎚方面がくっきりと見えるようになっていた。また、この少し先で行
く時には気づかなかった動物の糞のようなものが枯れ葉の上に乗っていて、足で踏
と柔らかくペッシャンコになってしまった。ということで、帰りは下り基調なので20分
程で石墨の分かれまで戻り、縦走コースへと向かう。と、笹道を下り出すと,さっきま
でいっぱい飛んでいた虫が突然いなくなってしまった。気温も少し低く風もわずかに
ヒンヤリしているような感じだ。どうやら石墨の分かれを境に空気が入れ替わってい
るようで、こっちとしては歩きやすくなったと軽やか気分で下って行く。そこから10分
程で法師山への分岐に出、すごい笹の急坂を少し上るとあっけなく山頂に到着。向
こう側は下りられる所が見えなかったので同じ道を引き返し分岐に戻る。ここから左
側を巻いて行き法師山の反対側に出ると崖のような危なっかしそうな道らしき跡が
あったが、ここは下りの場合は通らない方が良さそうだノ。少し進むと左側に林道が
現れ並走していたが5分程で山道の方が右に曲がり離れて下り出し、しばらくすると
白猪峠に出た。近くには頭の小さなお地蔵さんがひっそりと座っておられた。ところ
で、ここに着くまでに白猪山があるはずなのだが、また、気をつけて歩いていたつも
りなのだが、山名板に気づかぬままいつの間にか通り過ぎてしまっていた。ピークの
ような山はなかったような気がするのだが、少々がっくり。ここからはまた急登となり
ノロリノロリと上って、もう一回上り下りを繰り返してから根無山に到着、展望は無し。
さらに20分程で樽谷山にも到着、ここも展望無しで先へ先へと進んで行く。ここの縦
走路を歩いていると道端に頻繁に石杭が現れるが、整備するのは大変な作業だろう。
道標や赤リボンに従って10分余り行くとまた林道が現れたが、今度はすぐに見えな
くなってしまった。途中で少し開けた所から覗く樽谷山らしき山を見遣りながら急坂を
ヒ〜ハ〜と上っていると展望のいい所に出た。視野は限られてはいるが、今歩いて
来た石墨山から法師山までがきれいに見えている。ただ、雲が増えてきていることで
山の向こう側に見えるらしい石鎚山が見れなかったことが少し残念。また、ふと空を
見上げるとちょうど真上になんと日暈が現れているではござりませんか。実際に見た
のは初めてで、太陽の周りをまあるい虹が囲み、テレビや写真で見るよりもはるかに
壮大な感じがした。しかし、これが見られたのは運がいいのだが、日暈は天気が崩
れる前ぶれらしいので、この点では運が悪いともいえるノォ。ということで急に天気の
ことが気になりだした。今朝の天気予報では今日は一日晴天と言っていたが、まだ
昼前やのに早くも雲が分厚くなりだした。なんとかもってくれよと思いながら出発、深
い笹の急登を行くとすぐに目の前に大きな反射板が出現、どうやら梅ケ谷山に着い
たようだ。さっき休憩したばかりだがここでまた休憩。山頂からは周囲の山は見えず
でっかい反射板だけが目だっていた。付近の写真を撮ったあと出発、また深い笹の
中を下って行き、道標を確認しながら順調に進んで20分ばかしでこの縦走路の中
間点、井内峠に下り立った。ちょっとした空間が拡がり、4方向の交差点になってい
る。時刻は正午ちょっと前、ちょうどよかったのでここで昼食にする。食事中に雲の
中から雷か飛行機かどっちともとれるゴロゴロという不気味な音が鳴っていた。空は
少し暗くなりかけていたが雨はまだ降っていない。25分くらいの休憩のあと雨を気に
しながら後半の縦走路へと出発。この道は新しい石杭の他、昔の古めかしい石杭も
時々目にし、時代を感じる道だ。途中で「遅越三角点」という道標があり、どこの山の
ことかわからぬまま歩いていたが、帰ってから調べるとこの先にある「うなめご(奥善
神山)」のことらしい。また、この近くに顔の無いお地蔵さんがおられ、あまり気持ち
のいいものではないのでそこら辺を探したが見つからなかった。道のほうはまた急登
になり、この道は「元気坂」というらしいが、上りの場合はきつくて元気がなくなってし
まう坂だワ。ゆっくりゆっくり上って古い道標と新しい道標が混ざったピークのような分
岐点に辿り着いた。錆た鉄板の消えかけた文字を見ると「奥善神山」と書かれていた。
ここが頂上かと思ったが、新しい道標を見ると「うなめご」と書かれて矢印があったの
でそちらの方へ向かうと、1分程で山頂に到着。周囲は木で囲まれていて景色は見え
ず写真だけ撮ってまた分岐点に引き返し、上林峠と書かれた道標の方向へ下って行
く。たまにポッカリ空いた木の空間からの景色を眺めたりしながらなだらかな道を20
分程進むと、上林峠と陣ケ森の分岐に出た。陣ケ森はここから5分程上がった所に
あり、何か落ち着くような雰囲気のある所だ。展望はなかったので分岐に戻りかける
と左側のすぐそばに巨大アンテナ見える。ドコモのアンテナらしく、にぶい唸り音が継
続的に聞こえていた。分岐をあとに上林峠方面に向い、途中、白糸滝とか久万林道
への分岐を過ぎて15分くらいで上林峠に出た。少し拓けた所で幾つかのベンチが置
いてあって、ゆったりとくつろげるような感じのする場所だ。自分は2〜3分くつろいで
から竜神平に向け向け出発、取っ付きは丸木の段々の上りで少し行くと整備された
板の段々に変わった。400段ぐらいあるらしいが、一つ一つにそれなりの高さがあり
また、これまでの7時間くらいの歩行である程度足がだるくなっている為、これ以上バ
テないように一歩一歩じっくり上って行く。途中で横を向くと、さっき通った陣ケ森がア
ンテナと一緒に見えており、そこから林道が下の方へと続いていた。10分程で再び
丸木の段々に変わってようやく終了、上に出た。目の前にはまたベンチが置いてあり
休めるようになっていた。ここからは樹林の平坦な台地が続いており、初めは竜神平
かと思ったがそのうちに竜神平への道標が現れたので違ったようだ。10分余りで視
界が開け、今度はすぐに竜神平とわかる広い笹の大平原が現れた。開放的な気分で
辺りを見回しながら進んで行くと竜神平小屋が目に入り、その横のベンチで二人連れ
の女性が座っておられた。いつもの挨拶をしてから小屋を見に行くと二部屋あって左
側は二段ベッドの寝る所、右側には机とベンチが置いてあってくつろげるようになって
いた。外に出て自分もベンチで竜神平をゆっくり眺めながら少し休憩。二人組の女性
は風穴からやってきて皿ケ嶺を往復してきたとのこと。二人に皿ケ嶺への道を確認し
てから出発。道は山の左側を右周りに巻き気味に上って行き、あとは少し急になって
20分程かかって皿ケ嶺頂上に到着。山頂は丸い広場で、山名柱を囲むようにベンチ
や机が並んでいて、まるで主役を見つめる円形劇場のような感じだ。展望のほうは空
にベッタリと分厚い雲が張り付いていて全くダメだった。適当に写真を撮ったあと、い
よいよ東温アルプス最後の山、引地山へ向かう。あとで気がついたのだが、少し進ん
だ所に皿ケ嶺の三角点があるらしいのだが、忘れていておまけに薄暗かったので気
づかず通り過ぎていた。この辺は空が曇っているうえに樹林が深く空を被っている為、
光が入り込みにくく薄暗い道が続いている。10分程で十字峠に到着、道標には四方
向にそれぞれの行き先が書いてあり、親切で詳しく分かりやすい分岐点だ。この辺か
ら雨が時折顔にポツポツ当たり出しゃあがった。が、今のところは樹林の傘のおかげ
で雨を防御してくれているのでそのままの格好で歩く。しばらく道標に従って進んでい
るとややこしい道標が現れた。「引地山・赤柴峠迂回路」と書いてあり、別の道標には
迂回路の方角が安全コースとなっていた。引地山を通らずに迂回してしまうようにも
とれ、通っても途中は道が崩れて危険だともとれる。どっちにするか二つの道を行っ
たり来たり、しばらく迷った末にもしも迂回してしまったらなんにもならないので、また,
迂回しない道のほうがよく踏まれているように見えるので迂回せずに直進した。いい
道が続いているじゃあないかと5分程行くと、道が急下りになり出した。崖気味で湿っ
ていて滑りやすく、ここのことだったんだワと、薄暗くて足元も見えにくい道を恐る恐る
下って行く。確かにここは下る場合は迂回したほうが安全のようだ。ロープの張って
ある所も慎重に下り切ってから迂回路との合流点に出た。ここからは歩きやすくなっ
た緩やかな道をどんどん進み、20分くらいで赤柴峠に出、さらにそこから3分程歩い
た所で引地山に到着。ということで、これで一応なんとか東温アルプス上の山は全部
踏むことができた。このコースは上り下りがたくさんあり、そんなに長くはないのだが
急坂が多く、きついコースだった。少し休んでから出発、10分程下っていくと林道が
現れ、峠登山口と書かれた所に着いた。ここからは、バスの最終時刻に間に合えば
この先の三坂峠まで行って、そこから皿ケ嶺連峰の黒森山を往復するつもりだった
のだが、どうもギリギリで間に合いそうになく、また、少し雨が強くなってきた為、やめ
とくことにした。ということで、林道を六部堂バス停まで歩き始める。しばらく行くと建
物が見え出し近づくと久万スキーランドという所で、車が数台止まっていたがもちろん
営業はしていなかった。ここの傍らに小さなお花がたくさん咲いており、この縦走中で
(山道部分の縦走はすでに終ってはいるが)お花の類は今日初めて見たような気が
し、気分的にも和らぐことができたノ。雨が強くなったり弱くなったりしている中をどん
どん下っていると、国道まであと500mと書かれた看板辺りで車が一台止まっていた。
一人の女性がおられ、この辺に植樹されている花を見に来られたらしいのだが、全く
咲いておらず見ることができなかったとのこと。この方もよく山を歩いておられるそう
で、例の東温アルプスガイドも持っておられるとのこと。色々山の話をしているうちに
車で送ると言われたがバス停が近いので断り別れて歩いていると、しばらくしてまた
後ろから車で追いついて来られまた勧められたので、ちょうど雨が強くなってきたこと
もあって乗せて頂いた。バス停までのつもりだったのだが、そのまま乗せて下さり、つ
いには松山駅まで送って下さった。砥部の方だと言われていたが、用事のついでだと
言われていたが、わざわざ遠いところを送って下さり、本当にありがとうございました。

東温アルプス全山縦走

(皿ケ嶺連峰)

愛媛の大山脈を繋ぐ(12)
6月11日(晴後曇り後小雨)(写真)

石墨山山頂から石鎚山方面とクマバチさん

青滝山へ
法皇・赤石山系から
地図
山歩きへ
トップへ
近況報告へ
山岳縦走へ