おととしは関門時間に引っかかり、去年は雨予報60%で中止の為、勝手にコースの
うしろ半分を単独縦走と、なんともはやもどかしい悶々とした2年間が過ぎ、やっとこさ
この日がやってきた。第1回目の制限時間が24時間以内、それよりも第2、第3の関
門時間の厳しさにかなりの圧迫感があったが、今回は32時間以内で関門時間も緩く
なっており、これなら自分なりのペースで充分いけると、圧迫感もいっぺんに消えてし
まった。ただ総距離が100Kコースは100Kmと思っていたのが、今回の説明書には
128Kmとあり、もともと同じ距離なのだが気分的にはえらい増えたなあという感じだ。
しかしまあ去年の縦走でペースも分かっているし距離は長ければ長いほど歩きがい走
りがいがあって益々おもしろくなるというもんだ。


2007年5月12日(快晴)〜13日(晴れ) 
 青梅市永山公園総合運動場〜三方山〜雷電山〜分岐〜高源寺〜高水山〜岩茸
 石山〜黒山〜棒ノ折山〜槇ノ尾山〜長尾ノ丸〜日向沢ノ峰〜桂谷ノ峰〜蕎麦粒山
 〜一杯水避難小屋〜大栗山〜七跳尾根分岐〜酉谷避難小屋〜滝谷ノ峰〜水松山
 〜長沢山〜芋の木ドッケ〜大ダワ〜雲取山荘〜雲取山〜雲取山頂避難小屋〜小
 雲取山〜七ッ石山〜七ッ石神社〜堂所〜鴨沢〜鴨沢グランド〜大寺山〜金風呂〜
 玉川キャンプ場〜入小沢ノ峰〜三頭山〜三頭山非難小屋〜大沢山〜槇寄山〜笛
 吹峠〜丸山〜土俵岳〜日原峠〜浅間峠〜熊倉山〜三国山〜生藤山巻道〜連行山
 〜醍醐丸巻道〜醍醐峠〜高岩山〜和田峠〜陣場山〜奈良子峠〜明王峠〜底沢峠
 〜景信山巻道〜小仏峠〜城山〜大垂水峠〜大洞山〜コンピラ山〜中沢山巻道〜
 西山峠〜三沢峠〜草戸山〜四辻〜淺川金比羅神社〜都立綾南公園グランド

●距離 128Km(100Kコース)   ●制限時間 32時間
●累積高低差 8400mぐらいらしい   ●所要時間 31時間55分6秒

 ということで、今日は朝から快晴、空が実にいい色をしている。1週間程前から天気の
ことばかり気にしていたがなんとかうまいこと晴れてくれた。明日の午後からは下り坂ら
しいが時間的にはもってくれるだろう、と思いながらスタート地点に行く。参加者が前回
と比べて少ないようだ。(後日送られてきた結果表を見ると100Kコースがちょうど50人、
50Kコースが44人)自分ではこのくらいが落ち着けてちょうどいいような気もするが。
受付を済まし準備をし安全祈願をしてから付近の写真を撮っていたらスタートの声が聞
こえ、あわててスタートラインに戻ってから出発。今回は2コースとも同時に同地点から
一斉にスタート。荷物はリュック合わせて約4Kg、昔のリュックなので背当てに弾力材
が入っておらず、走ると水2リットル入りのポリタンクが背中にゴツゴツして少し痛む。し
ばらくは幅の広いなだらかな林道をセッセセッセと進み、ようやく自分好みの土の山道
に到着、ここからがおもしろくなる。三方山がどこかわからぬまま通り過ぎ雷電山すぐ下
の分岐まで上って行く。この辺から第1回目のコースと違い踏跡程度のわかりにくい道
を下って行く。この道がまた急で滑りやすく全コース中で一番危なかったような気がする。
下りきると車道に出た。前回は榎峠に出たが、今回はもう少し下の高源寺への分岐道
路へ直接出た。しばらく舗装道路を行き予備関門の高源寺に到着、ここで休憩し少し食
べてから出発、少し先の急な石段を上り再び山道に入っていく。この辺からは徐々に山
の高さが増していく為、上りは走らず、というよりは走れない傾斜なので速歩きに徹して
進んで行く。しばらくは上り下りを繰り返しながら山を三つほど越え権次入峠付近にさし
かかったところ、前方に20人程がかたまっているのが見えた。棒ノ折山下の木でできた
段々のちょうど上り口の所だった。何かあったのかと近付くと、「心臓麻痺」という声が聞
こえてきた。参加者の誰かが倒れたらしい。大変な事故になってしまった。ヘリコプター
が去った後も頂上では救急隊員が残り、参加者に事故の状況を聞いていた。と同時に
レースがどうなるのかみんな静かに本部からの連絡を待っているという状態だ。間もなく
して係りの人が「集まってください」と言ってから「レースは続行します」そして「ここで下山
される人は下山してください」とのこと。続行には不満の人もいたが結局下山組と続行
組に分かれて続行される。(結果表を見ると100Kコースで下山した人は18人、続行し
た人は事故を知らずに先行していた人達を含めて合計31人。50Kコースは下山13人、
続行は同じく31人)この時点で自分はどうしようかと少し迷ったが、天気もいいし1時間
近く遅れはしたが制限時間にはまだ充分間に合いそうなのであせりは全くなく、とにかく
中間点の鴨沢まで行きそこで最終判断をすることにした。しばらくは気合の入らないまま
山を越えて行くが、この先の日向沢ノ峰への上りで一変、必然的に気分が引き締められ
る。上りがきつい、前回も通っていてわかっているだけになおさらきつい、コース中では
一番のきつさだろう。こういう上りは一気に行くしかない。前面に迫ってくるような急勾配
をガマンガマンで乗り切りホッと一安心。ここは時間がかかる為、バラけていた4〜5人
の参加者がかたまり出し平行移動しながら通過しその後またバラけていった。次の蕎麦
粒山までは開けた所で動きやすい反面、日陰がないので少々暑く最後の上りもきつい。
頂上では一般登山者が一人いて何かを食べていた。一息ついてから急な坂を下り、仙
元峠あたりにくると水平に近いなだらかな道に変わってくれたおかげで一杯水避難小屋
までは気持ち良く走ることができた。途中の一杯水に着くと参加者が一人、チョロチョロ
とホースから流れる水を補給していた。自分の水はまだ残っていたので3口ほど飲んで
からお先に失礼。この時の水は実にうまかった。避難小屋からもなだらかな道が続いて
いたので走れるところは走って順調に進み、次の酉谷避難小屋の近くまで行くとこっち
に逆に向かって歩いてくる参加者と出会う。小屋でチェックしてからリタイヤしたらしい。
昨年自分が時間切れの為下山した東日原へ向かって行った。それからすぐに小屋前の
分岐に到着、係りの人がコース案内をしていた。避難小屋は道からはずれて少し下に
あり、下りていったら二人の参加者が休んでいた。自分も少し休憩。係りの人が自然の
水をペットボトルに入れてくれていたので、まず残っていた水を全部飲み干してから自
分のポリタンクに1リットル程入れ直す。水量がそんなに多くはないので汲む手間が省
けて助かった。ついでに写真を撮ってもらってから出発、分岐に戻ると先ほど一杯水で
出会った参加者がちょうどやって来るところだった。左に曲がって長沢山へと向かう。こ
の山の前後は長沢背稜というらしく枯れ木が続いていたり岩場を越えたり変化があって
おもしろい所だ。途中、休憩しているとさっきの小屋で休憩していた二人が少し間を空
けて追い越していった。代わりに今度はこちらが岩場付近で迷っている別の参加者と
一言二言交わしてお先に行かせてもらった。芋木のドッケへの上りは少々きつく頂上で
また休憩。ここからの下りもかなり急で滑りやすく危ない所だ。慎重に下って大ダワに
到着、いよいよここからコースの最高峰・雲取山の上りだ。向かうとすぐに暗さで前が見
えなくなった為、ヘッドランプをつけて進み、15分ほどで雲取山荘に到着。小屋の中も
外も話し声ですごいにぎやかだ。ちょうど小屋のご主人が外に出てこられ、大会の事を
聞かれたのでコースや事故の事を話し写真も撮ってもらう。1リットルほど水を補給して
から出発しようとすると、「こんな時間に上ると寒いし、泊まっていったら」と冗談気味に
言われたが、最後は「がんばって〜」と応援して頂いて別れる。それから30分ほどして
雲取山に到着、風があって確かに寒いし、当然暗くて景色など何も見えない、山名板
の写真だけ撮ってすぐに下りようとすると何かが動いた。目をやるとシカが三頭いるで
はないか、すでに背を向けて逃げ出すところだったが頂上で見れるとは、たぶん見物
にでも来ていたのだろう?すぐ下のチェックポイント雲取山頂避難小屋に到着。今回の
チェックの方法はオリエンテーリングでやっているSIシステムというもので、常にSIカー
ドカードを持ってCPに着いたらSIステーションの穴にカードを入れ、ピッという音と光が
出たらOKとなる。忘れると失格になる為、終始場所とチェックを気にしながら進むこと
になる。チェックを済まして出発、この下りで50Kコースの人が追いついてきてしばらく
話をしながら一緒に下り、その後先に行ってもらう。暗い上に道の両横が開けているせ
いか奥多摩小屋がどこにあるかわからぬまま通過、途中一般登山者のテントが数張り
あり、外に出ていた人達の応援をもらいながら七ツ石山に喘ぎ喘ぎ到着。振り向くと少
し下のほうでヘッドランプの灯りが二つこっちに向かっているのが見えた。ここから中間
地点の鴨沢までは下るだけだが、奥秩父の縦走雲取山タイムトライアル等で2回も
通っていたというのに、暗さで全くわからず、えらく長く感じられた。(あとでわかったが
七ツ石小屋に出くわさなかったことから、この手前で道を間違えて遠回りしたようだ。)
鴨沢グランドに着いたのは午後10時40分過ぎ、制限時間までにはかなりの余裕がで
きた。大会にはレースという言葉が付いているが、自分の場合レースをするという頭は
全くなく時間内に入れればいいという考えなのでゆっくりすることにした。前回ここで豚
汁が出たということで少し期待していたがグランドの奥に置いてある大きな円筒形の鍋
を開けると食べ尽くされてすっからかんになっていた。まあ1時間ごとぐらいにこまめに
食べ物を食べていたのでお腹は空いておらずあまり影響はなかった。(気分的には少
しがっかり)ボランティアの方がバナナを勧めるので1切れだけ戴く。ここで、スタート地
点でのSIチェックを忘れてしまい高源寺の予備関門でそのことを告げておいた人を見
つけたので聞くと、「スタート地点は試験的なもので義務ではないから大丈夫」というこ
とでこれでやっと一安心。時間の経つにつれ汗が乾き寒くなってきたので置いていた
後半用の荷物を取りに行く。近くで焚き火をしてくれていたおかげでそれに暖まりなが
ら食料などをリュックに入れ防寒着を付けたり自分の食べ物を食べたりしていた。その
うちにポツリポツリと到着して来た3人のうち2人はここでやめるらしい。もう一人は三
頭山さえ越えればなんとかなるだろうと言って続行の様子。自分は体のダメージが殆
どなく時間にも余裕があったのでこのまま進むことにした。(結果表によると後続はここ
ですべてリタイヤしておりここを出発したのは計19人で自分はここからは続行組の最
後から2番目になっていたようだ)結局40分ほどの大休憩の後(のんびりし過ぎたか
な?)お先に行かせてもらう。この最後の人とはゴールまでほとんど同じようなペース
だった。樹林で真っ暗な中、厳しい上りの大寺山を越え金風呂に到着。自動販売器が
あったのでお茶を飲み、ポリタンクにも給水していると、後ろの人が追いついてきた。
自分と同じようなことをしながらこの先のコースのことを聞かれ、今度は逆にこの人が
先に出発して行った。舗装道路を少し先の玉川橋まで行くと大きな音楽が聞こえてき
た。橋の近くには車が列を成して停まり、人もたくさんいる。橋を渡った先のキャンプ場
にも大勢集まってにぎやかにしている。何かの催しをやっているようだ。これを横目に
緩やかな広い林道を進み、ちょうど急な山道になるところで前の人に追いついた。今
度は替わって自分が先に行き、もう一人も後に続いた。ところが10分くらい上った所
で小さな小屋が現れた。去年縦走した時はこんな小屋はなく、間違いだと気づく。ここ
はわかりやすい道だと思っていたのだが暗いと油断できないもんだ。同行の人に謝り
先ほどの分岐まで戻って今度は逆にまたまた先に行ってもらう。ここから三頭山まで
は千m近い上り。自分は真っ暗な山を一人で黙々とドンドコドンドコ歩くのがおもしろく
てしかたがないというヘンなヤツだが、今回のこの上りはそれどころではなく、ヨレヨレ
ノロノロヨロヨロ状態になってしまった。力の入らぬままフラフラで入小沢ノ峰尾根上に
到着、ホッと一息二息休憩し少し食べてから出発、前の人は全く見えなくなっていた。
まだ三頭山までは230mほどの高低差があるのでゆっくりと進み、途中でまたもや休
憩、ここで
まことに妙なものを目撃する。座って今来た方向を見ていると、下の方から
ヘッドランプらしき灯りが2〜3個動きながらこちらの方に向かってくるのが見えた。そ
のうちの一人は手にライトを持っているらしく右に左に動いていた。距離はそんなに離
れていない様な感じだった。「オオーッ、来たか!」自分よりもまだうしろにいたのかと
思わず声をだしてしまった。いずれそのうちに追いつかれるだろうと思いながら出発し
たのだが、これ以後ゴールまで全く見ることがなかった。自分が最後のゴールだった
のでどこかでリタイヤしたのかと後で結果表を見ると、ギョギョッという感じで一瞬体が
固まってしまった。中間点の鴨沢から出発したのは自分ともう一人が最後であとは誰
もいなかったのだ。とするとあの灯りは一体なんだったのか、確かに人が動いている
ように見えた。間違いネェ!。いまだに首をかしげ続けている。(
ゾゾゾゾぞぉ〜〜〜!!)。
暗い道をしばらく行くと「三頭山東峰」と書いた標識を見つける。この標識の記憶はな
かったがそのまままっすぐ進むと「三頭山」と書かれた頂上に到着、しかし去年の頂上
とは様子が違う、チェックポイントもない、向こう側にはなんと真新しい立派なトイレも
あった。この横からググッと下っており、少し下りかけたがおかしいなと引き返し、この
辺を行ったり来たりしているうちに明るくなり出した。無駄な時間がどんどん過ぎていく
ので思い切って来た道を戻り下って行くと、今度は「三頭山中央峰」という標識があっ
た。「これや!、これや!」とようやく見つけて一安心。標識の所で折り返すように上っ
ていくことはわかっていたのだが、暗くて気づかず前方に標識が見えたので、それにつ
られてついつい真っ直ぐに行ってしまった。ここで30分近く遅れ、下で間違った時間を
合わせると約50分、これで余裕のあった時間がほぼなくなってしまった。しかし気分は
滅入ったもののまだあせりの気持ちは殆ど出てこなかった。ヤレヤレと本物の三頭山
に到着、すぐに無人のCPでチェックをする。(CPにスタッフがいたのは全コースで棒ノ
折山と鴨沢の2ヶ所だけ)(又、結果表によると事故を知らずに先行していたトップクラ
スの男女が2人、ここでチェックをしてからなぜか相次いでリタイヤしている。こんな中
途半端な場所でやめるとは何があったのだろう)少し長めの休憩をしているとすっかり
明るくなってしまい必要のなくなったヘッドランプと防寒着をはずして出発。段々を下っ
ていると前から手ぶらの一般登山者が一人上ってきた。ご来光でも見に来たのだろう、
挨拶を交わしてすれ違う。しばらくで三頭山避難小屋に到着、さっきの人はこの小屋に
泊まっていたようだ。戸を開けて中に入ろうとするともうひとつ扉があり、誰かが寝てい
るような気配がしたのでそのまま外に出て出発。大沢山まで行くとここから西原峠まで
は割と急な下りが続き、1年半ほど前から左足裏の骨の痛みと五十肩のような関節の
痛みがまだひつこく続いている為、負担をかけないように小走りでゆっくりと下りていっ
た。途中の槇寄山では雪を冠った明け方のきれいな富士山に気づき写真を撮ってお
いたのだが、帰ってから見ると残念ながらピンボケになっていた。(それに、今回山で
撮ったはずの写真もなぜか数枚写っておらずこれにもがっくり)下りきるとなだらかな
笹尾根の道が続きゆっくりと走っていく。いくつかの峠や山を越え急登の三国山に着く
と、子供連れのご夫婦の方がエイドを作ってくれていて缶詰の桃を戴く。冷たく冷えて
おいしかった、こういう予期せぬエイドは気分的にもすごく元気づく。この方に自分の前
の人との時間差を聞くと1時間ぐらいと言われ、愕然としてしまった。今朝の道間違い
のおかげだろうとは思うがそれにしてもえらい離れたもんだ、足を速めたのだろうか?。
エイドのご夫婦にお礼を言い出発。生藤山は巻き道への誘導矢印があったので巻い
て通り、次の醍醐丸も巻いて和田峠に近付いた所で「八峰登山大会」という旗を目に
する。他でも同じようなことをやっているようだ。そのうちに二箇所目で最後の給水地
点でもある和田峠に着いた。ここで少々へんてこりんなことが起こる。座って休んでい
ると先に行っているものとばかり思っていた人が遅れてやってきたのだ。事情を聞くと
三国山の上り口で矢印を見間違え、下のほうを巻いて遠回りしてしまったとのこと。そ
うことで1時間程先行してしていた人は別人だったということもわかりこちらのほうも納
得。再会ついでに茶店で一緒にカップラーメンを食べながらゆっくりする。20分余り休
んだあと水を1リットル補給し、ボランティアエイドの人にバナナを1本戴いてお先に出
発。ここから陣馬山への木の段々の上りがかなりこたえ頂上でまたもや休憩、荷物を
少しでも減らそうと戴いたバナナを食べていたら、後ろの人が追いついてきた。CPの
場所を聞かれ、一緒にチェックをしにいき、しばらくは少しだけ間隔を開けながら進ん
でいく。この下りあたりから八峰登山大会の参加者が後ろから急に現れ出し、人数も
増え出した。道も広いしなだらかで走りやすい所が続くので軽快に追い越していく。奈
良子峠付近では前からやって来た一般の人二人が自分のゼッケンを見てTTRの参加
者だと気づき応援される、大会のことはよく知っているような感じだった。景信山を巻
いて城山の手前までいくと道が二つに分かれ、去年自分は右側の急坂を上ったが、も
う一人の人が左のなだらかなほうへ向かったので、つられてついていった。山の真下
までいくと分岐があり自分は頂上の茶店でお茶を補給する予定だったのでここで別れ
る。このあとゴールまでこの人とは全く会わずじまいだった。また頂上からは八峰登山
の参加者もコースが違うらしく見なくなってしまい、にぎやかさが一転、一人静かな山
行となった。大垂水峠への急坂を下っていると、下から3〜4人のグループと出会い、
先頭の人が「選手通過」と言って道を開けてくれた。即、TTRの参加者とわかったよう
だ、知り合いの逆行応援でもやっていたのだろう、お礼を言って下っていく。大垂水峠
の道路を渡り大洞山の上りをノロノロと上っていく。この辺まで来たらさすがに足がだ
るく上りになると力が入らなくなる。しかしここを越えると草戸山まではなだらかな道に
変わり元気を取り戻して走り出し、時間と距離をかせいでいった。草戸山でチェックを
し段差の大きい長い段々にてこずりながら下りていき、何回かの上り下りを繰り返して
から去年暗くて道を間違え高尾山口駅方面へと下っていった四辻に到着。時間を見る
と殆ど余裕はなかったが距離からしてなんとか大丈夫そうに思えた。ところがここから
の道がまたこれでもかこれでもかという上り下りの連続で、下のほうで電車や車の音
が聞こえているというのになかなか下ろしてはくれず、気分的に最もきつい所だった。
最終CPに着き、山から下りて道路に出たのは制限時間の40分前。あとは2Kmほど
の舗装道路なのでかなりの余裕ができた。と思ったらここからの道がまた大変だった。
矢印がなく地図をみても大まか過ぎてどっちへ行っていいのかわからず入ったり来た
り、人に聞くとこれまたわからず、2番目の人に教えて頂いてやっと方向がわかる。急
いで走っていくと大会用の矢印を見つけホッとし、少し先の広い道路を渡った所でまた
矢印を見つけたが、ここからまたわからなくなってしまった。またも行ったり来たりして
いると残り15分、この時点で間にあわないとあきらめかけたが、人がやってきたので
もう一度聞くと詳しく教えて頂き、「ついさっきも同じような人が通っていった」と言われ
た。TTRの参加者かも知れないと思い、お礼をいってから全力疾走、歩道橋を渡って
少し行くと見覚えのある道路に出た。「ついに来たか!」とさらに全力疾走、ポツポツと
立っているスタッフの人に迎えられながらゴールイン。制限時間5分前の久々の神業
的なゴールだった。コース中でただひとつものすごくあせった所だったが、よく間にあっ
たものだと実にすっきりした気分で終わることができた。ゴールには後半しばらく一緒
だった人がすでに到着しており、話を聞くとこの人も城山の先で道を間違え遠回りして
遅れていたようだ。また結果表を見ると最終CPでは自分が10分程早く通過していた
のだが、道がわからずウロウロしているうちに抜かされたらしい。結局最後の17人目
のゴールだった。今回は、以前から痛みの続いている足を除いては、少し足のだるさ
があるくらいで痛みは全く出なかった。制限時間が延びたおかげで思う存分自分なり
の走歩ができたからだろう。  みっちり詰まった山のコースを満喫することができた。

トップへ
かけのぼりへ

チャレンジャーズ・レース2007

Japan Cup Tokyo Trail Run 100

コース図

7:59

スタート直前