剣岳近辺 台風付二泊三日(実質)のジグザグ歩き

おもしろあるきへ
トップへ

1983年8月15日(晴後風雨)
 馬場島荘(午前2時30分発)〜水力取入口〜高巻道〜小窓尾根分岐〜小窓尾根乗越〜
 池ノ谷出合〜池ノ谷左俣〜三ノ窓〜三ノ窓雪渓 〜二俣〜真砂沢山荘(午後1時10分着)
8月16日(風雨)
 真砂沢山荘(午前4時35分発)〜長次郎谷出合〜長次郎谷〜八つ峰分岐〜八ツ峰(T・U
のコル〜T峰〜U峰〜V峰〜W峰〜X・Yのコル〜Y峰)〜三ノ窓雪渓
(風雨で視界もなく
上部は危険と判断し下るが、どういうわけか三ノ窓雪渓に出てしまった。)
〜三ノ窓〜池ノ谷
乗越〜長次郎谷・剣沢出合〜剣沢小屋(午後3時30分着)
8月17日〜19日
 剣沢小屋(台風5号の為、停滞)
8月20日(晴後曇り時々雨)
 剣沢小屋(午前3時発)〜源次郎尾根末端〜源次郎尾根〜剣岳〜平蔵谷〜別山平〜別山
 〜真砂岳〜富士ノ折立〜大汝山〜雄山〜一の越〜室堂(午後2時30分着)

詳細は月刊誌「山と渓谷」1983年12月号に掲載されています。

源次郎尾根の頭からの剣岳

歩行標高図
コース図