山田昇記念杯登山競争大会(武尊山)

2006年9月24日(大快晴)
 武尊自然休養林駐車場〜前武尊山〜川場剣ヶ峰(巻く)〜家の串山〜中ノ岳(巻く)〜
 武尊山(沖武尊)〜剣ヶ峰山〜西峰〜高手山〜武尊高原川場キャンプ場

●上り累積高低差 1330m   ●距離 14,8km    ●武尊山 2158,3m
●条件 規定重量を背負う(男子10kg以上、女子5kg以上)
●飲食物のエイドは全く無し
●タイム 4時間00分17秒   ●制限時間 5時間

 群馬の世界的登山家・山田昇氏の業績を後世まで伝え、登山の基本である体力を競い
合い、登山の啓蒙、普及、発展の一助とするのが大会の目的。武尊山を上って下る大会
で、規定として男子は10kg以上、女子は5kg以上の荷物を背負わなければならない。
この大会も10年以上も前から知ってはいたがなかなか行くタイミングが合わず延び延び
になっていた。人物のほうも山の雑誌で名前を知っているぐらいで、自分としてはむつかし
いことはおいといてとにかくただ単純に山のかけのぼりがおもしろいということで参加する。
10kg以上の重量を背負っての登山大会は他に丹沢登山競走があり、ここへは10年程
前に参加したことがあるが、この時は上りだけの大会で、飲食物のエイドは同じく無し。
 さて今回はまれに見る大快晴で、こんなにいいお天気は初めてのことらしい。そのおか
げからか山のコンディションも良く、結果から先に言うと富士登山競走常勝組でもあるこの
大会常連常勝組が国体で不参加にもかかわらず、新たに別の人が大会新記録をつくり出
してしまった。タイムは自分のちょうど半分で、ものごっつい速いタイムだ。とにかく素晴ら
しい記録だが、まあ競争のほうは速い人らにまかせといて、自分のほうはせっかく遠い所
までやってきたので、制限時間が少し厳しい為のんびりとはいかないが、写真を撮りなが
ら景色を見ながらも時間内に入れるようなペースで走歩することにしていた。ということで
午前6時半頃開会式場に到着。ここでまず重量の計量をし、パスしてから開会式を終えて
スタート地点まで送ってくれるバスに乗り、25分ほどかけて移動する。ここまでが少しめん
どくさいがまずは一段落。それから20分ほどしてスタート。みんな一斉に走り出す。シード
で前列に並ぶことのできる昨年上位の数十名は猛スピードで飛び出していった。10Kgの
荷物を背負ってしかも傾斜のある道をよくもまああんなに速く走れるものだ、と関心しなが
ら自分はマイペースで進む。初め1キロ程はそれほど広くないガタガタの林道を上って行
きそれから急登に変わる。前を行っていた人たちのスピードが落ち出し、道が狭く抜くこと
ができないので列が詰まり出した。しかたなくこのまま平行移動。300m余り上って傾斜
がましになったところで少し抜くことができたが、前武尊への上りでまた同じ状態が続く。
この辺からは、名前が全くわからないが(後で日光連山とわかる)南側方面の山々がよく
見え出し開放的な気分にしてくれる。前武尊には、列がつまり気味で少しあせっていたが
なんとか制限時間15分前に着くことができ、後はゴールまでに時間内に入ればいいので
ホッとする。しかしここからは道の様相が一変してヤセ尾根の岩場が続き今度は緊張の
連続となってしまった。おかげで川場剣ヶ峰がどこにあるかも気づかず通過してしまった
が、この途中で前を行く人が「富士山が見える」と指差しその方向を見ると小さいが割りと
はっきり見えているではないか。富士山が見えることはあまりないそうなので写真を撮り
しばし眺めていた。運が良かったものだ。そうこうしているうちに岩場も通過、家の串山を
越えて最高峰・武尊山すぐ手前に到着。すぐ手前というのは武尊山の頂上が大会のコー
ス上に入っておらず手前で曲がって下るようになっているからだ。なんでこうなったのか
わからないがこっちとしては武尊山のてっぺんに行くことが一番の目的だったので一人で
向かう。頂上からは富士山以外これまた名前がわからないが、360度たくさんの山々を
見ることができ1時間ぐらいゆっくりしたい気分だった。一般登山者が6〜7人おり写真を
撮ってもらってから出発、結局頂上にいる間は他の参加者は誰も上ってこなかったので
かなり抜かされているだろう。急で滑りやすいガレ場を下って前方に見えている見事に突
き出た剣ヶ峰山に向かう。あまりに鋭角なので頂上を通るのだろうかと思っていたが、近
くまで行くと越えている人の姿が見えたので通りそうだ、と思いながら急坂を上って到着。
畳一畳もない狭い所だ。頂上で写真を撮っているとここの上りで抜いた一般登山者の男
女二人組が追いついてきたのでついでに写真を撮ってもらう。天気がいいので暑くて喉
も渇き規定重量を気にしながらここが最後の水と思いながらゴクゴクゴクと三回飲んでか
ら出発。ここの下りからは丸木でできた段々が増え出し、しかも急で滑りやすく足の裏の
骨の痛みもまだ続いているので、慎重に適当に走ったり歩いたりを繰り返して下って行く。
この後、頂上がわからぬまま西峰と高手山を越えて最後の坂だけを全力疾走でゴール。
全力疾走したのは自分の時計でわずかに4時間を切れそうだったので切りがいいと思い
走ったわけで実際に20秒ほど下回っていたが大会のほうの時計がずれていたみたいで
逆に4時間を20秒ほどオーバーという結果になってしまった。ゴール後はすぐに荷物の
検量を行い難なくパスして正式ゴール。重さは10,5Kgあり、これならもう少し水を飲んど
けばよかったと終わってから残った水をガブガブ飲み干す。ゴール地点ではリンゴ、ぜん
ざい、やきそば、煮物、揚げ物、焼き物、スポーツ栄養食品、りんごジュース、スポーツ
飲料等々食べ切れないほどの様々で大盛りだくさんの飲食物をならべて迎えて下さり、
腹いっぱいの充足感で大会を終わる。

かけのぼりへ
トップへ

スタート地点